1Passwordで固定費の見直し【仕組み化!】事前準備

「電気、ガス、通信費」など固定費の見直しを、パスワード管理アプリ「1Password」を使って、

【くりかえし・仕組み化する】

IT管理プロの実践ノウハウをシリーズ化してご紹介しています。

こんな方におすすめ

  • 固定費を「定期的に見直す」方法を知りたい
  • 「情報の整理がニガテ…」管理方法を知りたい
  • 契約の控えなど、捨てるに困る紙の管理方法を知りたい
  • 契約の自動更新から脱却する管理方法を知りたい

まだ1Passwordを使っていない方へ

1Passwordのメリットやデメリット、使い方などIT管理プロの観点から【詳しく・正直に】解説しているので、先にそちらをどうぞ。

1Password【iPhoneでの使い方】IT管理プロがわかりやすく解説

続きを見る

1Passwordを【安全に・無料でお試し利用】する方法はこちらです。

パスワード管理1Password【無料お試し】個人情報を登録しない方法3ステップ解説

続きを見る

この記事を書いた人

  • 企業5社を渡り歩くIT管理プロ
  • 情報セキュリティ資格の実践者
  • ITで改善!ITIL資格の実践歴15年

固定費の見直し【仕組み化】全体イメージ

管理ノウハウの全体図です。

1Passwordを ”情報ハブ” として、無料で使えるオンライン型のメール、ストレージサービスを ”つなげて管理します”

この記事で説明すること

固定費の見直し【仕組み化】は以下で構成されています。

【事前準備】環境や設定、管理用テンプレートのつくり方など
【管理】編契約情報を管理するフェーズ
①Webマイページ
②紙、電子データ
【運用】編固定費の見直し・切り替えフェーズ
③スケジュール
④メール
【実践】編固定費切り替え実践例(デモ動画あり)

今回、管理ノウハウを実践するための「アプリ、アカウント、設定」といった、事前準備について解説していきます。

固定費の見直し仕組み化|実践環境

管理ノウハウを実践できたOS別アプリ例です。

管理ポイントiPhoneAndroid
Webマイページ
(ブラウザ)
・Safari
・ブラウザアプリ全般
・Google Chrome
・ブラウザアプリ全般
電子データ
(アプリ、ブラウザ)
【 クラウドストレージ】
・Googleドライブ
・OneDrive
・Dropbox
【ブラウザ】
・Safari
・ブラウザアプリ全般
・Googleドライブ
・OneDrive
・Dropbox
・ブラウザアプリ全般
リマインダー・リマインダー
・タスク管理アプリ
・カレンダーアプリ
・Google ToDo リスト
・タスク管理アプリ
・カレンダーアプリ
メール
※ブラウザアプリ全般
・Gmail
・Outlook
・Yahooメール
・Gmail
・Outlook
・Yahooメール

以降の解説・図解は、上表「iPhone列、赤字のアプリ」で進めていきます。

Android端末の方は、「Androidアプリ」記載アプリを参考にしてみてください。

因みに、iPhone標準アプリであるiCloudメール、iCloudドライブでは当サイトの管理ノウハウは実践できませんでした。

管理ノウハウを実践するアカウント、アプリ準備

  • スマートフォン※iPhone推奨
  • 1Password(有料)
  • Googleアカウント
    • または無料のMicrosoftアカウント
  • 1PasswordにGoogleアカウント登録済み

iPhone推奨の理由としては、

解説している環境がiPhoneだからです。

「Androidだと実践できないの?」

といえばそうではなく、

ご利用中のアカウント、アプリに置きかえ実践できるスキルがあれば大丈夫でしょう。

1Passwordの設定と使い方

管理ノウハウの実践で用いた、1Password設定および使い方例です。

1Password設定&使い方説明
ブラウザ「機能拡張」 1Password有効化管理テンプレー受け取りに必要な設定(詳しくは別記事で)
→ iPhoneのSafari、Windows OS各種ブラウザで確認済み
「1Passwordブラウザ」 機能の使い方管理ノウハウ全般「1Passwordブラウザ」機能を用いて解説
→ iPhoneの1Passwordアプリでのみ利用できることを確認済み
ユーザエージェント Safari(iPhone)1Passwordブラウザ「Googleでログイン」エラー対策の設定
→ 「1Passwordブラウザ」機能を使わないようであれば不要

なお、上記1Password設定は必須ではありませんが、1Passwordの使い勝手がよくなるのでおすすめです。

それでは次に、管理ノウハウを実践するためのテンプレートの作成方法について解説します。

固定費の見直し仕組み化|管理テンプレート説明

固定費の見直し管理するテンプレートは「1Password」で作成します。

以下、1Passwordアプリを起動した状態からの説明です。

管理テンプレート作成

新規作成をタップ→「ログイン」選択し、下図参考に新規作成。

  • ユーザー名:メールアドレス
    • パスワードは適当でOK
  • ウェブサイト
    • Webサイトアドレスは適当でOK
  • 新規セクションを追加タップ
    • 「管理セクション」
  • 新規フィールドを追加 >以下フィールド追加
    • Webサイト
    • 電子データ
    • メール

完了!

固定費の見直し【仕組み化】実践をスタートダッシュしたい方向け、解説で用いた1Password管理テンプレートをワンコイン「500円」で販売しています。

固定費の見直し【仕組み化】実践用テンプレート

続きを見る

作った管理テンプレートを運用するポイントです。

POINT

管理テンプレートは、「電気、ガス、スマホ、インターネット」といった固定費の費目”ごとに「複製」して使いまわすようにしましょう。※ログインの「ユーザー名、パスワード」が異なる場合に限る

例)登録名”電気サービス名”へ編集
例)登録名”電気サービス名”へ編集

理由はひとつ、「お得なキャンペーンなのに、抱き合わせ契約だから見直しができない」といった”ベンダーロックイン対策”ですね。

FAQ

「なぜ、わざわざ「管理セクション」を作るの?」

「「ウェブサイト」フィールドを追加するじゃダメなの?」

という質問を受けます。

これは、Webログインページで”意図しないパスワード検出をふせぐためです。

詳しくは割愛しますが、管理テンプレートの使い勝手を悪くしないための"工夫"をしている という理解でOKですね。

事前準備編|まとめ

管理ノウハウの解説で用いた環境です。

  • スマートフォン※iPhone推奨
  • 1Password(有料)
  • Googleアカウント
    • または無料のMicrosoftアカウント
  • 1PasswordにGoogleアカウント登録済み

お金が掛かるのは「1Password」だけで、1か月300円、1年だと3,600円くらいですね。

\さらに6月30日(木)まで割引中/

ソースネクストを見てみる

固定費の見直し一回で、採算がとれるレベルです。

格安スマホおすすめ

おすすめ電気切り替え

事前準備ができましたら、契約情報を管理する【管理】編がおすすめです。

1Passwordで実践!固定費の見直し【仕組み化】まとめ

固定費の見直し【仕組み化】全体図
  • この記事を書いた人

どうなの

デジタルの「わかりにくい・ズバり知りたい」をわかりやすく。 システム管理のプロが「安全・便利に使う」ICTノウハウ発信中

-家計改善, 管理ノウハウ
-,