1Password「Private Link」を使ったリマインダー連携なスケジュール管理術

パスワード管理アプリ「1Passord」のプライベートリンクを発行する機能を使った、スマホのリマインダーと連携させるIT管理プロのノウハウです。

家計改善に使える技ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1Passwordとは?

世界で最も使われているパスワード管理アプリで、あのApple社内でも「1Passwordを使うように」推奨しているそうです。

詳しくはコチラで解説
1Password【iPhoneでの使い方】IT管理プロがわかりやすく解説

続きを見る

1Passwordとスケジュールを連携とは?

インターネット、スマートフォンの契約を例にあげてみます。

契約更新月すぎて、また2年縛り

キャリア変更したいけど、ログイン情報わすれた…

このような苦い思いをしていますよね?

固定費は基本、長い契約は損をしますので、当サイトは「キャンペーン適用のタイミングで他社に切り替える」家計改善の戦略を推進しています

それを実現する方法こそが、1Passwordの「Copy Private Link」機能の活用なんですね。

実際の使い方手順、以下解説していきます。

1Passwordとスケジュールをリンクさせる方法

スマホ契約を例として、1Passwordに登録したキャリアログインのパスワードを開き、

  • 「Copy Private Link」をタップ
  • iPhone「リマインダー」アプリを選択
  • iPhoneで通知したい日付(時間・場所も可)選択

以上です。簡単ですね。

このように、契約更新月の適当な日で通知設定すれば、

  • スマホが契約更新月を通知してくれる
  • 通知タップから1Passwordを使ったログイン

つまりは、スケジュールとパスワードを一元管理が実現できることになります。

「リンクを共有」って、

なんか怖いよね…

他人にリンクがバレたら

どうなるんだろう?

1Passwordのマスターアカウントでログインできない限り、リンク先にはアクセスできないのでご安心ください。

注意

第三者にリンクを教えてはいけない

リンクに第三者がアクセスできない確認したとはいえ、不正にアクセスされパスワードを盗み取られることが「絶対にない」とは言い切れません。

「ハッカーの技術スキルが飛躍的にアップし、リンクURLからハッキングされるかも…」

リスクをあげだすと枚挙にいとまがありませんが、ご自身が使う範囲のみで活用するようにしましょう。

SNSでリンクを送信しないこと

LINEやメールでリンクを送るなどの行為は、やめておきましょう。

なぜなら、いったんオンラインへ旅立った情報は、「履歴として消えることなく、永続的に残ってしまう」からですね。

1Password共有設定ミスに注意!

1Passwordは、2種類の共有機能があります。

  • Copy Private Link
  • 共有

主に、iPhoneで1Password保管庫をiCloud、または Dropboxと同期して使っている方が対象です。

「Copy Private Link」ではなく「共有」を使った場合に、相手が「共有」リンクを開くとパスワード情報まるごと相手の保管庫に複製されてしまいます。

個人情報がもろバレするリスクがとても高い機能なので、間違えて使ってしまわないよう注意が必要ですよ。

まとめ

固定費切り替えをサポートする、1Password「Copy Private Link」と iPhone「リマインダー」アプリのかけ算な活用術でした。

このパスワード管理アプリに登録しているアイテムへ、「安全にショートカットアクセスができる」機能ですが、2022年5月をもってしても「1Passwordしか存在しません。

1Passwordの共有機能は2種類ありますので、間違えないように気をつけましょう。

\さらに6月30日(木)まで割引中/

ソースネクストを見てみる

  • この記事を書いた人

どうなの

デジタルの「わかりにくい・ズバり知りたい」をわかりやすく。 システム管理のプロが「安全・便利に使う」ICTノウハウ発信中

-家計改善, 管理ノウハウ
-,