1Passwordとリマインダーを連携!便利な使い方

パスワード管理アプリ 1Password には、対象パスワードのみへ安全にショートカットアクセスできる「プライベートリンク(非公開リンク)" という機能が備わっています。

左図:1Password 8|右図:従来の1Password

今回、この「プライベートリンク」とスケジュール管理ツールを連携させる、家計改善に役立つ "ITのかけ算技" ご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1Passwordとは?

世界で最も使われているパスワード管理アプリで、あのApple社内でも「1Passwordを使うように!」従業員へ推奨しているそうです。

詳しくはコチラで解説
1Passwordの使い方・評価や口コミ・メリット6つとデメリット3つをIT管理プロが解説

続きを見る

1Passwordのリンクをリマインダーに登録する手順

iOS版 1Password 7 を用いた、スマホのリマインダーアプリと連携する例です。

手順

  • 1Passwordから対象パスワードを開く
  • 「非公開リンク」をタップ
  • 「リマインダー」アプリを選択
  • 通知させる日時・場所を選択し設定

※「プライベートリンク」取得の方法は、1PasswordアプリのバージョンやOSによりかなり手順が異なります。

1Passwordの「プライベートリンク」は、スケジュール管理ツールに登録できる

このように覚えておくと、固定費の見直しに活用できます。

では実際、どのようなシーンで役立つのか?以下説明していきます。

1Password「プライベートリンク」役立つシーン

契約サービス "自動更新の前に知らせ・見直す"

インターネットやスマホといった通信費また、電気やガスといった「固定費の契約」を例にあげてみます。

また2年しばられる…

他社へ乗り換えたいけど、

他社に乗り換えたいけど、

ログイン情報わすれた…

契約の見直し月すぎて、

また契約2年しばり

パスワード管理しているんだけどね

このような「契約情報」と「パスワード」がバラバラな管理の場合、まるっと情報をまとめる

”情報ハブ”となるツールが必要

ということですね。

関連記事
no image
【スマホのみ】家庭の紙類デジタル整理!IT管理プロが解説

続きを見る

蛇足ですが、固定費の契約は長期契約者には何ら恩恵がありません。

「釣った魚にはえさを与えない」契約タイプです。

そのため当サイトでは、キャンペーン適用ごとに他社へ乗り換えていく「固定費の見直しライフサイクル」を推進しています。

そして、固定費の見直しライフサイクル化を実現する手段こそ、「1Passwordを "情報ハブ" とする便利な使い方」です。

「リンクを共有」って、

なんか怖いよね…

他人にリンクがバレたら

どうなるんだろう?

「プライベートリンク」先のパスワードアクセスには、1Passwordのマスターパスワードが必要です。

そのため、1Passwordのマスターパスワードは "2要素認証を設定して" ガッチり守るようにしましょう。

関連記事
1Passwordマスターパスワードに2段階認証(2要素、2FA)設定する方法

続きを見る

注意

第三者にリンクを教えてはいけない

リンクに第三者がアクセスできない確認したとはいえ、不正にアクセスされパスワードを盗み取られることが「絶対にない」とは言い切れません。

「ハッカーの技術スキルが飛躍的にアップし、リンクURLからハッキングされるかも…」

リスクをあげだすと枚挙にいとまがありませんが、ご自身が使う範囲のみで活用するようにしましょう。

1Password共有設定ミスに注意!

1Passwordはリンクを作成する方法が2種類あります。

  • プライベートリンク
  • 共有

「共有」リンクを作成すると、共有する相手が1Passwordを使っている場合、パスワード情報まるごと相手の保管庫に複製されてしまいます。

「共有」と間違えないよう注意!

意図せずパスワードを公開してしまうリスクがとても高い機能ですので、間違えて「共有」しないよう注意が必要ですね。

関連記事
1Passwordでパスワードを安全に共有する方法

続きを見る

パスワード移動によるリンク切れに注意

パスワードを新しい保管庫へ移動すると、リンク切れが発生します。

ソースネクスト」などで、1Passwordを公式よりもを安く "買い切り" で購入している方は注意が必要です。

3年版の買いなおし、パスワードを新しい保管庫へ移動するとプライベートリンクも変わるということだけは、覚えておきましょう。

まとめ

1Passwordの便利な使い方「プライベートリンク」編でした。

「プライベートリンク(非公開リンク)」は、対象パスワードのみにショートカットアクセスできる安全なリンク機能です。

ちなみに、登録パスワードへショートカットアクセスできるパスワード管理アプリを調べてみましたが、2022年8月をもってしても1Paswordしか存在しません。

今回、リマインダーアプリと連携するITかけ算技のご紹介でしたが、他にも応用できそうですね。

\2022年12月最新/

クーポンコード価格
3年版ダウンロード版1PASS-22120110,978円9,978円
ファミリー3年版ダウンロード版1PASS-22120218,480円16,480円

ソースネクスト 公式

1Passwordのはじめ方

⇒セール&無料テンプレート配布会場

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。
ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。
デジタルの安全性&便利に使うノウハウをお届けします。

-1Password