セキュリティ

【2021年4月】Facebook情報漏洩ニュースは日本ユーザー1.6人に1人が被害

2021年4月4日

Facebookユーザー5億人以上の個人情報が、誰でもアクセスできるサイバー犯罪フォーラムで公開されていると、複数のメディアが報じました。

このサイバー犯罪フォーラムですが、ある程度のスキルがあれば誰でも閲覧可能であるとのことです。

Facebookで”非公開”に設定していた名前、電話番号、経歴などが情報流出

データは「国別でダウンロードできる状態」であり、「日本人は43万人近くが公開」されていました。

日本のFacebookユーザー数は2,600万人(2019年調べ)と言われていますので、1.6人に1人の方の情報が漏れた計算になります。

公開されていた情報

  • 電話番号
  • フルネーム
  • 場所情報
  • 誕生日
  • 経歴
  • 一部ユーザーはメールアドレスも

Facebookの見解「古いデータが流出した脆弱性は修正済み」

Facebookの見解です。

これは2019年に報告された古いデータで、このデータが流出した原因の脆弱性は修正済み

2つの意味で明後日の方向にいっています。

 

一つは、「過去、既に流出した情報だから」という言い分です。

Facebookプラットフォームの脆弱性は修正済みであり、既にダークウェブに晒されているのだから、今さら騒ぐことではないでしょ?開き直りと捉えられても仕方ない発言ですね。

ダークウェブに関して、こちらをCHECK

Outlook複数メールアドレスを使い分ける|IT管理プロのノウハウ公開

続きを見る

二つ目は、2019年時点の個人情報を”古い”と整理した理由が理解できない点です。

個人情報は数年でそうそう変わるものではありません。

今回の事案であれば、2019年被害の再来、犯罪リスク活性化の様相を呈しています。

Facebook情報流出による「なりすまし」犯罪リスクが高い

サイバー犯罪インテリジェンス企業Hudson Rockの最高技術責任者(CTO)であるアーロン・ガル氏のツイートです。

なりすましによるログイン情報盗難などの犯罪につながる可能性があるとして、注意喚起しています。

Facebookの大規模な情報流出は4度目

周知の事実で、Facebookの大規模な情報流出事件はこれで4度目です。

2016年8,700万人の個人情報をデータ分析会社へ横流しさせていた
2018年2,900万人の情報流出
2019年4億2,000万人の電話番号が流出
2021年5億人以上の個人情報が流出

舌の根も乾かぬうちに、被害件数がうなぎのぼり、どんどんスケールアウトしていってますね。

Facebookのプライバシーポリシーに関する2つの疑問

Facebookのプライバシーポリシーに関して、2つの疑問が浮かびます。

  1. ユーザー個々に非公開を設定させている理由が理解不能
  2. Facebookはユーザー非公開情報すら細工的にコントロールできる事実

もはや、上記だけでもFacebookを退会する確固たる理由に相当しませんか?

まとめ|Facebook、まだ使い続けるのですか?

ビジネスでも使われるほど、社会インフラとなっているFacebookの大規模な情報流出のニュースでした。

今回の一件だけでも、Facebook側の手前都合で公開範囲をコントロールしており、あまつさえは情報流出させてしまう企業だとご認識頂けたのではないでしょうか。

 

情報軽視の体制はこれまでも、今後も変わることはないでしょう。

家族を持つ方であれば、個人情報の漏えいが「自身以外もリスクである」ことは釈迦に説法ですね。

  • この記事を書いた人

どうなの

ITとITをつなぐ【ICTライフサイクル管理】15年のプロ。 企業5社を渡り歩いた知見からの『ICTでお悩み解決、生活品質&生産性アップ』なノウハウを情報発信しています。

-セキュリティ