【悲報】おうちでんき電気代無料0円キャンペーン終了【まだ間に合う】知っておくべき3つのこと

ソフトバンクの電力供給サービス「おうちでんき」ですが、初月無料0円キャンペーン終了のお知らせです。

キャンペーン終了日:2022年5月31日まで

まだ一度もおうちでんきに契約したことがない方、

電気代”1か月だけ無料0円にする”

ラストチャンスですよ!

\「おうちでんき」電気代が初月無料!/

公式サイトはこちら

そこで本記事では、スムーズにおうちでんきへ切り替えるため、

「知っておくべき3つのこと」

について、解説していきます。

おうちでんき知っておくべきこと3つ

  • 申し込みできる電力会社が決まっている
  • 1年未満の解約で「違約金」が発生する
  • 電気代が他社より「やや高い」設定

おうちでんきへ切り替えできる電力会社が決まっている

契約電力会社、料金プランによっては申し込みできない場合があります。

おうちでんきキャンペーンサイト「お申し込み可能な電力会社・プラン」から、確認してみてください。

1年未満の解約で「違約金」が発生する

※初月無料0円キャンペーン適用された方を対象に、1年未満の解約で「違約金」が発生します。

またキャンペーン適用にかかわらず、「解約事務手数料」が必ず発生します。

【1年未満の解約で発生する金額】

違約金3,000円(不課税)+解約事務手数料550円(税込)=3,550円

つまり、「1か月の電気代が3,550円以下の方は損をする」という理解でOKでしょう。

他の電力会社よりも電気代が「やや高い」

他の電力会社より、電気代の単価がやや高いという評価です。

もっと詳しくは、別記事「10社比較」ご参考にしてみてください。

2022年6月の電気代一覧【400kWh、500kWh、600kWh】10社比較

続きを見る

電気の安定供給は?廃業、撤退しない?

電力自由化に参入した企業の廃業、撤退が相次いでいます。

no image
電力会社が倒産!廃業・撤退を回避【安全な電力会社のさがし方】

続きを見る

そのため、ソフトバンクの電力供給サービスも心配ですよね?

ですが、突然の廃業・撤退などのリスクは他社よりも低いでしょう。

なぜなら、この電気会社不況さなか、

「消費者向けのキャンペーンを施策できること」

「廃業、撤退からの切り替え受け入れしていること」

このような理由が挙げられます。

まとめ

おうちでんき初月無料0円キャンペーンに滑り込み契約するための、知っておくべき3つのことです。

  • 申し込みできる電力会社が決まっている
  • 1年未満の解約で「違約金」が発生する
  • 電気代が他社より「やや高い」設定

\「おうちでんき」電気代が初月無料!/

公式サイトはこちら

おうちでんきの電気代は「やや高め」ですが、1か月分電気代”無料0円”にできるため、「採算性は高い」と評価できます。

以上、電気代の値上げラッシュ相次ぐ中、数少ない電気代削減キャンペーンのご紹介でした。

--- PR ---

おすすめ電気切り替え

  • この記事を書いた人

どうなの

デジタルの「わかりにくい・ズバり知りたい」をわかりやすく。 システム管理のプロが「安全・便利に使う」ICTノウハウ発信中

-家計改善
-,