ITガジェット

【2021年】次にくる「ゴン攻め」なIT系スケボー|おすすめ2選

2021年8月11日

2021年東京オリンピック、スケボーが大躍進でした。

昔とった杵柄(きねづか)で、「久しぶりに無理なくスケボーやってみたいな…」と思われる方。

また、お子さんに「スケボーやってみたい!」とお願いされている親御さんもいらしゃることでしょう。

そこで本記事では、久しぶり&はじめてでも、

ITのちからで走行できる『ITコラボなスケボー

ご紹介していきますね。

BMOVE|電動アシストスケートボード

ボードの裏にバッテリー備えつけられた、スイッチ&リモコン操作なし電動アシスト式のスケボーです。

商品の特徴

  • 電動アシスト式スケボー
  • 一度の充電で10km走行
  • 最高スピード:15km
  • 重さ:わずか3.8kg
  • バッテリー充電1.5時間で完了
  • 耐荷重80kg

スケボーを押した速度を自然にアシストしてくれます。

実際には、ボード上のロゴ箇所にある2つのセンサーに両足をおくことで、パワーアシストが働きます。

片足をセンサーから離すことで電動アシストは解除されますが、ブレーキの動作はありませんので、スピードの出しすぎに注意しましょう。

また、パイプの上を滑るようなトリックには不向きですね。

というより、バッテリーが壊れますのでぜったいにNGです。

HAIGE|電動ローラーボード

大人から子供まで、体重移動でローラーを操作し走行するスケボーです。

商品の特徴

  • 体重移動で走行するタイプ
  • 充電時間:2~3時間
  • 一度の充電で30~40分
  • 最高スピード:12km
  • 重さ:8kg
  • LED光るホイール
  • バッテリー状態ランプでお知らせ


セグウェイのスケボー版ですね。体重移動だけ、ホンとに直感的に操作できますよ。

速度12kmは、やや遅い自転車の走行・軽いジョギング並みのスピードですが、公道は走れません。

バッテリー駆動でバランスをとっていることから、バッテリー切れによる転倒注意です。

ただ、バッテリーが切れそうになるとブザーで知らせてくれます。

このあたりお子さんでも使える安心設計ではありますね。

重さは8kg、お米1袋分くらいでしょうか。

子供の持ち運び、ちょっと厳しいかもしれません。

スケボー走行における注意点

  • ご使用の際は、ヘルメットやプロテクターを着用して下さい
  • 動きやすい服装・靴でご使用下さい
  • 公道は走行してはいけません
¥10,960 (2021/08/11 09:52時点 | Amazon調べ)

実際のスケボー走行は、ルールを守って楽しみましょうね。

  • この記事を書いた人

どうなの

ITとITをつなぐ【ICTライフサイクル管理】15年のプロ。 企業5社を渡り歩いた知見からの『ICTでお悩み解決、生活品質&生産性アップ』なノウハウを情報発信しています。

-ITガジェット