家計の見直し

春・秋の固定費を削減する方法|電気代「基本料無料」を狙う理由

2021年9月3日

この記事でわかること

  1. 春・秋の電気代「家族5人わが家」例に傾向分析
  2. 春・秋は「基本料無料」電力会社を選ぶ理由

春・秋の電気切り替え戦略「従量電灯/基本料が安い、または無料」の電気会社へ切り替える結論に至った理由、本記事で解説していきます。

【はじめに】当サイトの電気見直し方針

当サイトの固定費削減、電気代の見直し方針は、「おうちでんき初月無料ループ」です。

固定費の削減|おうちでんき「初月無料ループ」電気切り替え4ステップ

続きを見る

そのため、電気代が高くなる冬場・夏場を「おうちでんきへ切り替え、電気代を無料化するライフサイクル」を目的としています。

春・秋の電気代は下がる傾向

「春・秋は電気の使用量が減り、比例して電気代も安くなります」

総務省の公開情報また、電気の比較サイトで有名なエネチェンジでも散見される情報です。

ネット上で参考になりそうな推移図が見つからなかったので、わが家の「電気使用量の推移グラフ」晒しながら説明進めたいと思います。

【2020~2021年】 わが家の電気代・使用量の推移レポート
【2019~2021年】 わが家の電気代・使用量の推移レポート

わが家の家族構成など

  • 家族5人+ねこ1匹 =^^=
  • マンション3LDK
  • 在宅勤務で昼夜問わずでんき使う
  • ほぼ在宅勤務、テレワーク
  • オール電化ではない

ざっくり、春・秋の電気代の傾向です。

  • 電気の使用量330kWh前後
  • 電気代は1万円以内

エアコン、冷暖房器具を使わないため、筆者宅も例外なく安くなっています。

春・秋の電気代は「基本料」が削減できそう

「電気使用量も減るし、何もしなくても安いから、別に見直さなくていいよね…」

普通ならこう思いますよね?でも筆者は…

どうなの

もしかして、電気代損している時期じゃね?」

このような仮設が立ってしまいました。

なぜなら、基本料がA(アンペア)によって高いからですね。

では次に、根拠となる料金比較表を公開します。

春・秋の電気代「従量電灯/基本料が安い」電力会社を選ぶ理由

表内ハイライトおうちでんきへ切り替えできる電力会社
  • 電気の最大使用量「50A→40A」抑える
  • 月の電気使用量を「330kWh」以内に収める

この条件であれば、基本料が安い従量電灯タイプの電力会社の方が安い結論となります。

・・・ですが、ちょっと待ってください。

額面上は「エルピオでんき」や「シン・エナジー」が安いのでしょうけど、「基本料に関連するキャンペーン」を実施している電力会社、ありましたよね?

ちょっと調べてみました。

「基本料無料キャンペーン」実施している電力会社は2社

2021年9月現在の情報です。

  • J:COM電力
  • 東京ガスの電力
  • ENEOSでんき

キャンペーン期間によって、現在実施していない電力会社もありますので、ご参考まで。

J:COMは次の条件があります。

※J:COM 電力開通月の3カ月後のJ:COM 電力利用料金より割引開始いたします(お客さまの検針日のタイミングにより割引開始が1ヵ月遅れる場合があります)。

J:COM電力「無料キャンペーン適用条件」より抜粋

最短でも、基本料無料適用が適用されるのは「契約開始から4か月目」です。

「おうちでんき」へ円滑に切り替えるに至らないため、本記事から除外します。

また東京ガスも適用条件があります。

東京ガス>基本料無料の期間

つまり東京ガスの電気は、最短2ヶ月から「基本料無料が適用される」ことになります。

電気代「基本料無料」3ヶ月分で試算してみる

サービス展開が全国区ではありませんが、「東京ガスの電気」の電気代を試算してみます。

東京ガス>料金単価表

見積条件

  • 契約期間「3ヶ月」で設定(例:9月~11月)
  • 従量電灯「B40A」
  • 電気使用量「月330KWh」
電気料項目料金備考
従量電灯B40A 基本料381.33初月の基本料「1,144円」3ヶ月で分割
120kWhまで2,373.6円1ヶ月分の電気代
120kWh超~300kWhまで 4,552.2円1ヶ月分の電気代
300kWh超820.8円1ヶ月分の電気代
合計8127.93円

ざっくりですけど、他電力会社よりも1ヶ月だけで「400~500円」安くなるのではないでしょうか。

まとめ

春・秋の電気使用量、電気代が下がるタイミングにおける、電気の切り替え戦略が決まりました。

  • 基本料無料キャンペーンを探す
  • 従量電灯プランを一段下げ、電気の最大使用量を抑える
  • キャンペーン適用条件「2ヶ月目から」即効性が大事

すべては大局への備え、電気代がアップするタイミングで「電気代まるっと無料化」するための布石です。

固定費の削減|おうちでんき「初月無料ループ」電気切り替え4ステップ

続きを見る

  • この記事を書いた人

どうなの

ITとITをつなぐ【ICTライフサイクル管理】15年のプロ。 企業5社を渡り歩いた知見からの『ICTでお悩み解決、生活品質&生産性アップ』なノウハウを情報発信しています。

-家計の見直し
-, ,