セキュリティ

古いスマホでもWi-Fi接続して使うなら、3つのセキュリティ対策が必要

2021年3月19日

キャリア解約したスマホ、Wi-Fiでしか使わないんだけどウイルス感染するの?

Wi-Fiでインターネットを使うなら、ウイルスに感染する可能性ありますよ

どうなの

古いスマホであれば、新しいスマホ以上に気をつけなければいけません。

  • なぜ必要なのか?
  • どのように気をつければいいの?
  • セキュリティの対策、対処法は?

古いスマホをWi-Fi接続して使う上で、「知っておくべきセキュリティ観点」について、情報セキュリティ資格をもつ筆者が解説していきますので、参考にしてみてください。

こんな方におすすめ

  • スマホがどのようにウイルス感染するか知りたい
  • IT苦手な人でも理解できる言葉で教えてほしい
  • 家族まとめてウイルス対策したい

スマホは「インターネットアクセス」でリスクに晒される

コロナウイルス、インフルエンザと同じです。

外の世界(インターネット)に出て、

悪いものに接触するとウイルス感染します

つまり”外的な要因”で感染します。

またごく稀なケースですが、

  • Bluetooth接続
  • 充電のための物理的なケーブル接続

このような入り口からもウイルス感染した事例、あったりします。

「え、充電のための電源コードからウイルス感染?」

って、思いますよね。

電源供給とデータ通信を一緒のコネクタで行うスマホのような機器は、信頼性の低いコンセントからの充電時に簡単にハッキングされてしまうと警告

引用:Authentic8社

どこの誰が作ったかわからない、「電源タップ」「充電用コード」使ってたりしませんか?

品質的にも「安かろう、悪かろう」です。

実績ある商品は、安全、故障なく、購入保証もあり、長い年月使えるので、結果的にはコスパが良かったりします。

特に iPhone の Lightning ケーブルは、Apple社が定める基準『MFi認証(MFi Program)』を満たしているか?このくらいは確認しておいた方がいいですよ。

粗悪品で充電してたら、「iPhone本体が壊れた…」なんてことにならないよう、気をつけましょう。

ウイルスは同じWi-Fiネットワークで感染拡大の可能性も

名称からお察しの通りで、ウイルスは同じ空間内で感染拡大します。

ご自宅であれば、同じWi-Fiネットワークに接続されているPC、スマホも危険に晒されることになるんですね。

スマホがウイルスに感染する事例について、トレンドマイクロ社のブログをご紹介します。

スマホがランサムウェアに感染するとどうなるの?

「ランサムウェア」とは?スマホ画面をロックし使えないようにして、身代金を要求するタイプのウイルスですね。

そして、ランサムウェアの特徴のひとつに「同じネットワーク内に感染が広がる」ことが挙げられます。そのため、「古いスマホだけだから、何をしても大丈夫」このような考え、かなり危険です。

古いスマホWi-Fi接続して使う3つのセキュリティ対策

スマホ脅威のポイント

  • ブラウザーで危険なサイトにアクセス
  • 古いOSバージョンの脆弱性をつく攻撃
  • 不正アプリのバックグラウンド通信

1.危険なサイトへのアクセス

不審なサイトへのアクセスは、ウイルス感染だけではなく「個人情報」を盗み取られる場合もあります。

  • いまどきの詐欺サイトはとても巧妙
  • スミッシングのようなダマしのテクニックも巧拙

「スミッシング」についてはコチラ

スミッシングの手口を晒す|宅配の不在SMS通知「詐欺確定」

続きを見る

アクセスしたサイトが、「アドレス欄に『安全ではありません』」が表示されたらブラウザーを閉じろっ!」これだけではダメです。なにより「じゃあそれ以外はOKなのね」なんて先入観が働きそうなので、この覚え方はおすすめしません。

上述していますが、大事なことなので繰り返します。

いまどきの詐欺はとても巧妙で、人が意識しているポイントなんて軽く看破されてしまうでしょう。

だからこそ、機械的に保護してくれるウイルス対策アプリが必要なんですね。

例えば、ウイルス対策ソフトで有名な「Norton(ノートン)」では、どう保護してくれるのかというと、同社の膨大セキュリティデータベースを基準に、Webアクセスを保護する機能が備わっています。

 画像元:ノートン モバイルセキュリティ

【ノートン モバイルセキュリティ】の例

  • 機械的に学習し不正サイトを判定
  • サイト接続前にアクセスを遮断する

※「ノートン 360」も同機能を搭載

人の目、意識ではぜったいに認識できないことも、システムが自動的・瞬時に判別してくれます。

2.古いOSバージョンの脆弱性をつく攻撃

古いOSのバージョンアップが必要な理由のひとつとして、「新しい技術が世に広まったことで、新たなセキュリティリスクが発生した」このようなことが挙げられます。

ただし古いスマホは、機種が最新OSバージョンに対応していないケースも多くみられます。その場合、古いOSの脆弱性をつくウイルス対策方法はありません。

古いスマホを使う前提であれば、「Wi-Fi、インターネットに全くつながない状態で使う」このような方法でしかセキュリティリスクから保護できません。

3.不正アプリのバックグラウンド通信

アプリの開発元「個人」や「聞いたことない会社名」のインストールは、おすすめしません。

なぜなら、不正アプリによる個人情報の被害が一番多いからです。

スマホは悪意あるアプリからの感染がもっとも多い

参考:Norton

アプリが裏で「どのように動作し、オンラインデータを送受信しているか」人の目では見えません。

つまり、何か情報を搾取されても気づきようがないんですね。

特にインストール後、個人情報へのアクセスを求めるアプリは要注意です。

Android OS限定ですけど、ウイルス対策ソフトの老舗「トレンドマイクロ」であれば、次のような場面で不正アプリを検出してくれますよ。

画像元:ウイルスバスター モバイル (Android)

【ウイルスバスターモバイル】検出の例

  • 左図スキャン実行時
  • 右図:アプリインストール時

スマホがウイルス感染した場合の症状例

スマホがウイルスに感染した場合の挙動です。

ウイルス感染の症状

  • スマホの動作が遅くなる
  • データ使用量が増える
  • カメラが勝手に起動する
  • スマホ画面に広告が表示される
  • アプリの強制終了が頻発する
  • バッテリーが異常に消費する

上記症状が当てはまる場合、ウイルス感染の疑いがあります。

偽のウイルス感染警告「フェイクアラート」に注意

「ウイルスを検出しました」または、「ウイルスに感染しました」このような警告が画面表示されるケースです。

しかし、実際にはウイルスには感染していない場合です。

これらは悪質なアプリインストールや偽サイトへの誘導を目的とした”フェイクアラート”ですので、騙されないように注意しましょう。

フェイクアラートを判別する方法の一つとして、スマホのブラウザー「ウイルス感染」または「検出されました」などの表示、ほぼフェイクアラートです。

そしてフェイクアラートは、現状どのウイルス対策アプリで完全に防ぐことはできません。

そのため、フェイクアラート後の対処が重要になります。

フェイクアラートの対処法

  • 表示ページを閉じる
  • ブラウザーの閲覧履歴を削除する

ただいざという時、冷静に判別し・適切な対処をするのは難しいものです。

そのため「ノートン」は、このような詐欺まがいの対策に注力しており、最たる手段が「ノートン 360 」です。

  • フェイクアラート「フィッシングサイト」誘導をきっちりガード
  • 個人情報が流れていないか?ダークWebを監視
  • 有事の対処がわからない!24時間のチャット対応の安心サポート

このような3段階の手段で、あなたの個人情報を守ってくれますよ。

古いスマホを使うならウイルスバスターは必要

お金をかけずにセキュリティ対策できるに越したことはありません。

ですが、人が対策するとなると、その時の精神バランス、コンディションによっても感覚値って異なりますよね。

新しいスマホであれば、デバイス自体に新しいセキュリティ技術が適用されていますが、古いスマホはそうはいきません。

古いOSバージョンアップができないようであれば、その不足機能はウイルスバスターアプリに委ねる他ないでしょう。

古いスマホを脅威から守るウイルスバスター3つの機能

ここまでのおさらい、ウイルスバスターに守ってもらうべきポイントは”3つ”です。

  • 危険なWebサイトアクセスを遮断してくれる
  • アプリの危険性をチェックしてくれる
  • 最新セキュリティ技術をもとに、機械的にリスク対策してくれる

※古いスマホのOSバージョンが更新できないのは、対処できませんので除外します。

そして、AI技術を駆使し「機械学習型スキャン」で保護してくれるのが ウイルスバスター クラウドです。

画像元:トレンドマイクロ

ウイルスバスタークラウドの特徴

  1. Win/Mac/iOS/Android/Chromebook 幅広いOSに対応
  2. 巧妙化するネット詐欺の脅威を”AI”でガード
  3. 365日年中無休のあんしんサポート
  4. 不正アプリをインストール前にブロック※Androidのみ

AIが「人の目では判別できないウイルスの挙動、ふるまいを検知」してくれますよ。

まとめ

古いスマホでもWi-Fi接続するなら、知っておくべき3つのセキュリティ対策ポイントでした。

  • ブラウザーから危険なサイトへのアクセス
  • 古いOSバージョンの脆弱性を狙う攻撃
  • 不正アプリのバックグラウンド通信

人の目、意識レベルでは識別できないものばかりですので、膨大なセキュリティデータベースからAI技術により、システムが瞬時にリスクの検出、アラート通知してくれる機能で補ってもらう必要があります。

また、ウイルス感染は同じネットワーク全体に感染拡大するリスクがあること、覚えておいてくださいね。

ウイルスは感染してからでは遅いので、事前の対策を心掛けるようにしましょう。

  • この記事を書いた人

どうなの

ITとITをつなぐ【ICTライフサイクル管理】15年のプロ。 企業5社を渡り歩いた知見からの『ICTでお悩み解決、生活品質&生産性アップ』なノウハウを情報発信しています。

-セキュリティ
-