雑記

iPhone初期化しても「圏外」iOS 14.7.1アップデート問題に直面!

2021年8月23日

筆者のiPhone 7が、「iOS 14.7.1」アップデートにより「圏外」となり、改善不能になりました。

まだ「iOS 14.7.1」にアップデートされていない方、悪いことはいいません。

次期iOSリリースまで待ちましょう。

それでは実際の、

「iPhoneが【圏外】って、どういう状態なの?」

「対処は?初期化しても改善しなかったのか?」

本記事で説明していきます。

iOS 14.7.1「圏外」でもWiFiは使える

実際に「圏外」となった、筆者のiPhoneです。

iOS 14.7.1アップデート後【圏外】から復旧しない

いまどきのスマホ、タブレットでは一番困ること、それは「インターネット接続できないこと」です。

そのため、「圏外」となったiPhoneで「他の通信はできないのか?」状況を確認してみました。

iOS「圏外」確認したこと

  • 4G/LTE、5G通信・・・NG
  • WiFi通信・・・可能
  • Bluetooth接続・・・可能
  • AirDrop・・・可能

WiFi通信が行えることは救いです。

iPhoneを利用できる場所が限定されますが、全く使えない状態だけは回避できています。

iOS 14.7.1「圏外」対処したこと

「圏外」となる問題ですが、実は珍しいことではありません。

その理由としては、Appleサポートサイトでも対処法の特設ページが開設されていることが挙げられます。

iPhone や iPad に「圏外」または「検索中」と表示される場合

上記リンク先を参考に、改善のため対処したことです。

iOS「圏外」対処したこと

  • iPhone再起動
  • SIMカードの抜き差し
  • 他iPhoneで使用中のSIMを指してみる
  • ネットワーク設定のリセット
  • iPhoneのバックアップ、リカバリ

iPhoneをWindows 10 PCに接続して、iTuneバックアップ~iPhone初期化まで試しました。

ですが、【圏外】の問題は改善しませんでした。

iOS14.7.1から前バージョンへのダウングレードは「不可能」

「iOS14.7.1」から、前のバージョンの「14.7」には、ダウングレードできません。

なぜなら、「Apple社は14.7の署名停止、ダウングレードを不可能」としたからです。

そのため、「14.7.1からダウングレードできる」情報が散見されますが、信じないようにしましょう。

まとめ

さまざまな修復を試みましたが、「iOS 14.7.1」圏外になる問題は改善できませんでした。

この結果からの教訓です。

  • リリースされたばかりのiOSには、最低でも2~3週間手を出さない
  • iOSアップデート前に、不具合情報をネットで調べる
  • iOSアップデートは、必ずiTuneでバックアップをとってから行う

今回の問題も、バックアップさえあれば復旧できた話です。

大事なデータは、日頃からバックアップを取るようにしておいた方がいいですね。

iOS、アプリはバックアップできませんが、「写真、動画、音楽、連絡先」これらを"充電しながらバックアップしてくれる電源プラグイン"があります。

またダウングレードできる情報は散見されますが、Apple社により

すぐダウングレード不可能になる

このように認識していた方がよいでしょうね。

  • この記事を書いた人

どうなの

ITとITをつなぐ【ICTライフサイクル管理】15年のプロ。 企業5社を渡り歩いた知見からの『ICTでお悩み解決、生活品質&生産性アップ』なノウハウを情報発信しています。

-雑記
-,