iOSバックアップ「iMazing(アイメージング)」安全性3つの視点で評価

iPhoneの柔軟なバックアップを実現する「iMazing(アイメージング)」の安全性について、情報セキュリティ資格を有するIT管理プロが、3つの視点で評価し「安全性が高い」と結論づけた結果をまとめました。

iMazingとは?

iMazingは、Wi-FiだけでもiOSデバイスとPC間でアプリやデータなどの移動を行うことができるソフトです。

Apple標準のバックアップ「iTunes」の不満を解決する使い方ができます。

  • データ移動でケーブルが必要
  • 特定のアプリ、データを選んで移動できない

iTunesだと、バックアップの中身までチェックできないんですよね。

またiMazingは「買い切り型」ソフトです。

Apple社のサービス「iCloud」をバックアップ目的でお使いの方であれば、iCloudの月額費用を抑えることができますね。

iMazingはどこの国の会社なの?

会社概要です。

会社名DigiDNA
設立2008年
所在地スイスのジュネーブ市
事業内容ソフトウェア開発

従業員数、主要取引先などの公開情報はありませんでした。

iMazingの安全性3つのチェック

  • 地政学的リスク
  • セキュリティ対策
  • 脆弱性のチェック

以下順に説明していきます。

iMazing「地政学的リスク」とは?

iMazingの「プライバシーポリシー」を読み解いていきましょう。

英語でなんやかんや記載されていますが、概ね次の通りです。

プライバシーポリシー概要

  • データ保護はスイスの保護法(FADP)遵守
  • アクセスする個人情報
    • 名前
    • 電子メール
    • ライセンスまたアクティベーション関連のデータ

「データ保護」については、日本の「個人情報保護法」ではなく、スイスに影響を及ぼす範囲(国外におけるデータ処理を含む)となっています。

また「アクセスする個人情報」の使用するケースとして以下が示されています。

  • ライセンス管理
  • 返金対応
  • 問い合わせ対応
  • 製品情報の提供

当社のアプリによって処理されるユーザーデータにアクセスしたり、アクセスしたりすることはありません。

ファイルはユーザーのストレージデバイスに保存され、当社またはサードパーティにアップロードされることはありません。

iMazingプライバシーポリシーより引用

iMazing「セキュリティ対策」は?

iMazingで明示しているセキュリティ対策です。

  • データはローカルに保管
  • データを共有または収益化しない
  • バックアップの暗号化を推奨
  • ジェイルブレイクのない、安全な接続
  • 安全なApple IDログイン

つまり、iMazingは「解読不能な暗号化通信」であり、ソフトを使う上では「個人情報の収集をしていない」ことを示しています。

iMazing「ソフトの脆弱性」は?

iMazingを「JVN Pedia(脆弱性対策情報データベース)」で検索する限り、危険にさらされるような脆弱性は過去にも発生していませんでした。

iMazingより安全な使い方3ステップ

  • ダウンロード先は公式サイトから
  • 購入するなら日本の販売店が安全
  • PC&iPhoneオフラインでもバックアップ可能

以下順に説明していきます。

iMazingのダウンロードは公式サイトから

非正規な「まがい物」が出回っているようです。

:警告:重要: 非正規品にご注意ください!

iMazingは非常に人気の高いアプリケーションなため、あちらこちらでクラックされ、非公式なダウンロードサイトから配信されていることがあります。

そのため、iMazingを以下の公式サイトからダウンロードすることを強くお勧めします。

いかなる改ざんの兆候にも警戒してください。

公式ダウンロードサイト: https://imazing.com/ja/download

iMazing「セキュリティとプライバシー」より引用

インストーラーは、必ず「公式サイト」からダウンロードするようにしましょう。

iMazingは日本の販売店が安全

iMazingの購入~初期設定でつまづいた時の備えとして、日本語でサポートしてくれる「ソースネクスト社」からの購入がおすすめです。

iMazing|ソースネクスト社

iMazing「より安全に使う」方法

ここからは、iMazingのバックグラウンド処理による「PCからの情報搾取(さくしゅ)」リスクが気になる方向け、

できるだけPCをオフラインで使う方法

iMazingをPCにインストールした後からの手順、以下説明していきます。

iMazingのライセンスをアクティベーションする

iMazingを無料で使う方は不要なので、次に進んでください。

※iOSデバイスとPCは接続せずに行います。

  • iMazingを起動する
  • メニューより「ライセンス > ライセンスコードを入力してください」選択
  • ライセンスコードを入力し「送信」する

以上です。次に、バックグラウンド処理を停止します。

iMazingのバックグラウンド処理を停止する

念のため、iMazingのバックグラウンド処理も停止しておきましょう。

  • iMazingのメニューから「編集 > 環境設定」を選択
  • 一般設定タブ > アップデートを自動的に確認「オフ」にする
  • デバイスタブ > Wi-Fi接続すべて「オフ」にする
  • 画面右上[×]を押して終了する

PCとiOSデバイスを専用ケーブルで接続

PCをオフライン(ネットワーク通信を切断)にします。

PCとiOSデバイスを専用ケーブルで接続し、iMazingを起動してバックアップ、データ移動してみましょう。

iMazingは"オフライン"状態でも使える

【参考】iMazingで実行される通信プロセス

「iMazingを使っている際に、どのようなプログラムが実行されているのか?」

外部への送受信を行っているプロセスについて、Windows 10環境で確認してみました。

通信先を調べてみると、アメリカの「バージニア州」および「カルフォルニア州」でした。

ちょっと専門的な話になりますが、iMazingのサービスはコンテナ技術を起用しているようですね。

サービスの品質を担保するためのシステム多重化、処理を自動化しているという理解でOKでしょう。

まとめ

iMazingの安全性から、より安全に使う方法についての説明でした。

  • バックアップの情報はiMazingには送信されない
  • 過去ふくめてソフトの脆弱性なし
  • ダウンロードは公式サイトから!
  • より安全に使うなら”オフライン”推奨

プログラムの自動更新および、ライセンスの定期チェック以外、余計な通信は行っていないことが伺えます。

よって、iOSデバイスを安全にバックアップできるソフトである評価です。

iMazingは、使い始めまで日本語でサポートしてくれる「ソースネクスト社」からの購入がおすすめです。

-iPhone, ITガジェット, セキュリティ