iPhone ガジェット

Apple WatchのDockどこ?表示されないときの対処法

Apple Watchのアプリの表示をカスタマイズできた「Dock」ですが、仕様変更により一部の方が戸惑っているようです。

そこで今回は、Dockから変わったApple Watchでアプリの表示を切り替える方法から、Dockが表示されない場合の対処法を解説します。

Apple Watchの「Dock」は「アプリスイッチャー」へ変更

watchOS 10以降は、「アプリスイッチャー」という新しい機能に置き換えられました。

アプリスイッチャーの操作方法

  • Apple Watchの側面にある円形のボタン "デジタルクラウン" を2回素早く押して、「アプリスイッチャー」を表示します。
  • 「アプリスイッチャー」の画面を上下にスワイプするか、デジタルクラウンを回して表示したいアプリを選択します。
  • アプリをタップして開きます。

watchOS 9でDockが表示されないときの対処法

Apple Watch「watchOS 9」バージョンにもかかわらず、iPhoneのWatchアプリにDockが表示されない場合は、iPhoneとApple Watchのペアリングをいったん解除し、再度ペアリングしてみてください。

参考:Apple Watch を iPhone とペアリングできない場合 - Apple サポート (日本)

再ペアリングしてもDockが表示されない場合は?

再ペアリングしてもDockが表示されない場合、watchOSまたはiPhoneのWatchアプリのバグが考えられるため、Appleサポートに問い合わせるしかないでしょう。

Apple サポート

なおAppleへ問い合わせる際は、あらかじめ次の3つの情報を伝える用意をしておきましょう。

  1. iPhone「iOS」のバージョン
  2. iPhone「Watch」アプリのバージョン
  3. Apple Watch「WatchOS」のバージョン

新しい「アプリスイッチャー」機能に慣れる準備を

Apple公式でも、「DockはwatchOS 9以前まで」と明確に区切りをつけています。

つまり、Appleとしては「アプリスイッチャーでアプリを切り替える方法に一本化するので、使い慣れてほしい」ということでしょう。

こういった類のものは ”慣れ" だったりします。アプリスイッチャーも "慣れ" さえすれば、便利だと感じる部分もありますので。

最初は戸惑うかもしれませんが、少しずつ使ってみて、新しい操作方法に慣れていきましょう。

  • この記事を書いた人

どうなの

ITの「わかりにくい」をズバり!わかりやすく。
デジタルを便利に&安全に使うノウハウ発信中🚀
中の人は、情報セキュリティ資格を有するITのプロです。

-iPhone, ガジェット