セキュリティ

新しいiCloud利用規約【同意を求める理由】同意して大丈夫?ズバり解説

2021年9月24日

「突然『新しいiCloud利用規約』が表示された」

「同意して大丈夫?規約読んでもわからないし

「Apple社は、何を同意させようとしているの?

「ITちょっと苦手…」という方でも読み進められるよう、できる限りわかりやすく解説していきます。

新しいiCloud利用規約|同意を求める理由

iOS 15リリースと共に、「iCloud+」という、オンラインの新しいサービスが展開されました。

そのため、あなたが iOS 15アップデート「する・しない」に関わらず、iCloudサービスにおけるプライバシー情報を取り扱う機能が追加・変更されています。

よってApple社としては、

あなたのプライバシー情報、

”ちょっと使うかも”しれません。

同意してくれませんか?

つまびらやかにして、同意してほしい目的です。

まずは新しいサービス「iCloud+」について、ざっくり解説していきます。

新サービス「iCloud+」主な3つの機能

現在50GB以上のストレージ利用のサブスクリプション契約されている方を対象に、次の新機能が追加されました。

  • プライベートリレー
  • メールを非公開
  • HomeKitセキュアビデオ

主にセキュリティ強化した各種機能、以下説明していきます。

「プライベートリレー」の機能

Safariブラウザーのプライバシー保護機能の強化です。

「安全でないアプリから、あなたの身バレ(位置情報)ガードするため、さらなる工夫がされた」このような理解でOKですね。

え?じゃあ iCloud+契約しないと位置情報つつ抜けなの?

そんなことは御座いませんので、ご安心を。

最新のiOSバージョンにも、標準で不正なトラフィック追跡から保護する機能は備わっています。

一時期テレビのコマーシャルで話題になりました動画、ご紹介させて頂きますね。

プライバシーを許可している場合、どのように「付きまとわれれているのか?」非常にわかりやすい、シュールで秀逸なコマーシャルですね。

「メールを非公開」の機能

非通知で電話をかける「184」のような機能です。

あなたが使っているメインのiCloudメールアドレスを”隠したまま”、メールを送信することができます。

想定する活用シーン

  • アプリで新しいアカウントを作成するとき
  • 定期購読のようなメールを登録するとき
  • よくわからない相手へメールを送るとき

筆者は、「使い捨てのメールアドレスのような使い方ができる」このように理解しています。

使い捨てメールアドレス「捨てメアド」使い方&安全性を解説

続きを見る

「HomeKitセキュアビデオ」機能

iPhoneの 「ホーム」アプリを使い、設置した HomeKit対応のカメラ が人物、動物、車、荷物の配達を検知したときに収録したビデオを見ることができます。

部屋: カメラを家の中の部屋に設置したり、玄関ポーチや裏庭など、屋外の場所を部屋として作成したりできます。

Apple公式「iPhoneのホームで防犯カメラを設定する」より引用

屋外に設置できるHomeKit対応カメラだと、以下のようなものがあります。

次のようなシーンで活用できますね。

  • 「Siri、玄関を見せて」リアルタイムで確認
  • 「置き配」の紛失・盗難の追跡
  • Uber Eatsの配達員とのトラブル

録画データの保存先がiCloudストレージにされるので、後の「動かぬ証拠」とした使い方ができます。

新しいiCloud利用規約|同意するプライバシー情報とは?

新サービス「iCloud+」リリースに伴い、「Apple社が取り扱うプライバシー情報が変更された」ここまではご理解いただけたかと思います。

そうすると、次にあなたが知りたいことって、

同意すると扱われてしまう

プライバシー情報”って何?

ズバリ教えてほしい

これですよね。

ではズバり、iOS 15から iPhone に追加されたプライバシー機能をご覧いただきましょう。

赤枠がiOS 15で追加されたプライバシー機能

iOS 15で追加されたプライバシー設定
iPhoneに追加されたプライバシー機能

追加されたプライバシー設定

  • Appデベロッパと共有
  • ”ヘルスケア”と”アクティビティ”の改善
  • ヘルスケアレコードの改善
  • ”手洗い”の改善
  • 車椅子モードの改善

つまりは、上記の機能追加で、

あなたが使用を許可した場合に限り、

プライバシー情報を有効活用させていただきます。

これがApple社が同意を求めている主旨です。

新しいiCloud利用規約|プライバシー提供「オフ」にできる

iCloud利用規約に同意しても、iPhoneの設定で「機能:オフ(拒否)」することで、”極力、Apple社へプライバシー情報を流さないようにする”ことは可能です。

※筆者はiPhone画面を取得するため、一時的に「iPhone解析を共有」オンにしましたが、通常は”オフ”設定です。

設定方法につきまして、詳しくは別記事「プライバシー情報の扱われ方、設定方法」参考にしてみてくださいね。

iPhone(iOS)プライバシー保護する設定|IT管理プロが解説

続きを見る

このように設定できる方法を iPhone に組み込んでいる背景から、Apple社は「透明性のある・健全なサービス提供を心掛けている」企業努力は垣間見れるのではないでしょうか。

新しいiCloud利用規約|同意しないと、どうなる?

  • 同意しても「課金は発生しない」
  • 同意しないと無料のiCloudも使えない

例えば、Safariやアプリのバックアップ先でiCloudを使っている場合、「同意する」他ないでしょう。

参考まで、「iCloud利用規約」同意の画面です。

iCloud利用規約 - 同意画面

もっと詳しく知りたい!という方、Apple社が公開している「Legal > iCloudへようこそ」の読み込みにチャレンジしてみてください。

すべて咀嚼(そしゃく)するには、小一時間では済まないレベルの長文ですが…

新しいiCloud利用規約|同意できない場合の対処法

「同意する」を操作できないケースがあります。

その場合、Wi-Fi接続をオフにし、キャリア回線に切り替えてから「同意する」ことで操作ができた情報があります。

またスクリーンタイムで「アカウント変更:許可しない」設定していると、「新しいiCloud利用規約」タップできません。

スクリーンタイム以下手順で「アカウント変更:許可する」一時的に設定することで「同意する」実施できるようになります。

  • [設定]アプリを起動
  • [スクリーンタイム]を選択
  • 「ファミリー」から対象を選択し、
  • [コンテンツとプライバシーの制限]
  • [アカウント変更]”許可する”へ変更

対象の iPhone で「同意する」実施後、上記⑤もとの設定に戻すことをお忘れなく。

まとめ

「 新しいiCloud利用規約」の内容、対処法、iCloud+の機能ざっくりな説明でした。

今回、iOSアップデートにより「iCloudサービスで、あなたのプライバシー情報を扱う機能 ”ちょっと追加・変更した” ので、同意してくれませんか?Apple社がお願いしている」このような理解でOKでしょう。

プライバシーの取り扱いについてもっと詳しく知りたい方は、同意画面を読み進めるしかないでしょう。

▼ iOS 15に関する「大きな問題”2つ”発生している」記事もおすすめです。

iOS 15アップデートするべき?ヤバい2つの不具合ズバり解説

続きを見る

  • この記事を書いた人

どうなの

「ITとIT」「ITと人」つなぎ【ICT】にする。 企業5社を渡り歩いたICT管理・推進役の知見、雑多なICTノウハウ情報発信中🚀

-セキュリティ
-,