Safariプライバシーレポートとは?トラッカーの【危険性】わかりやすく解説

Safari「プライバシーレポート」とは?

「トラッカーを阻止」が多くて怖い…

誰か、わかりやすく教えてほしい

iOS15以降のSafariに「プライバシーレポート」が表示されるようになりました。

レポートを覗いてみると、"多くのトラッカー、プロファイリングを阻止している"ことがわかります。

でも、「トラッカー」や「プロファイリング」「IPアドレス」といった、

専門用語で説明されても、わからない...

あなたが使っているデバイスの中で、一体何が起きているのでしょう?かなり不安ですよね。

そこで本記事では、「デジタル苦手…」という方でも読み進められるよう、トラッカーの危険性から、プライバシーレポートの見方まで、わかりやすく解説していきます。

プライバシーレポート|トラッカーの【危険性】

トラッカーとは?ズバり「追跡者」のことです。

あなたをデジタルに追跡している行為を「トラッカー」または、「トラッキング」と呼びます。

百閒は一見にしかず、次の動画をご覧ください。

※わかりやすい動画があったのですが、非公開になってしまいました…

どのような動画だったのか?というと、

あなたの行動トラッキング行為
カフェ屋でコーヒーを買う カフェ屋の定員があなたについてくる
会社からあなたへ給与明細を渡すカフェ屋の定員も給与明細を覗いている
その後、ドラッグストアで買い物カフェ屋の定員は買ったものすべて把握
銀行で「暗証番号」入力したら・・・???

帰るまでの道すがら、「何の支払い明細書なのか?どのような買い物をしたのか?」カフェ屋の店員は、すべての生活サイクルを追跡、つまり「トラッキング」しています。

買い物をのぞかれるくらいなら、まだマシかもしれません。

もし銀行のATMの「暗証番号」入力、

カフェ屋の店員に覗かれていたら…?

「ウチはぜったい覗きませんよ!」

「暗証番号は取得しませんから!」

どのサービスも「必要以上のプライバシー情報は収集しません!」主張しますけど、果たして本当でしょうか?

システムの見えない内部で行われていることなので、これまで知る術がありませんでした。

Safari「プライバシーレポート」とは?

デジタル的に追跡(トラッキング)しようとしている行為、キッチりガードしてますよ!

もともとSafariには「プライバシー保護」の機能が標準で備わっており、デジタルな追跡行為を防いでくれています。

それがiOS 15以降の Safariだと、

「どのようなデジタル追跡行為だったのか?」

Safariの「プライバシーレポート」から、かなり具体的にチェックできるようになりました。

Safariプライバシーレポート|3つの機能

あなたのプライバシーに対する追跡行為を"見える化"してくれる、「3つの機能」説明していきます。

サイト越えトラッカー

あなたの足跡をたどらせない機能です。

例えば、「楽天市場でiPhoneを購入するこたを、なぜGoogleが調べに来てるの?」って思いませんか?

このような場合、Googleへ「No!教えないよ!」Safariがキッパりと断ってくれています。

インテリジェント・トラッキング防止機能

あなたを追いかけてくる、デジタルな押し売り行為から防いでくれる機能です。

例えば、あなたが「iPhoneを探して」いろいろなサイトを回覧するとします。

すると、あら不思議。サイトに表示される広告画像がすべて「iPhoneお得!」になってしまうんですね。

「この人、iPhone欲しがってますから!」

なんて、知らぬうちに背中に貼り紙されてしまうんですよね。

そんな人がインターネット右往左往していたら、営業マンであれば鼻先に「激安!iPhone」 なんていうニンジン、ぶら下げたくなります。

あなたも、「あれ?この広告、さっきの別のサイトでも見かけたけど…」このような経験、ありますよね?

Safariは、あなたが気づかない背中の貼り紙「iPhone買いたい人!」そっとはがし、勧誘から守ってくれる機能が備わっています。

IPアドレス保護

あなたのオンライン上の住所を知らせない機能です。

ネットワークの住所「IPアドレス」は、iPhoneを使っている”おおよその場所”が特定できたりします。

そのため、地域限定・親近感のある「購買意欲をそそる広告」アプローチし易いため、トラッカーはIPアドレスを欲しがります。

SafariのIPアドレス保護機能は、つきまとうトラッカーからIPアドレスを隠し、所在をわからなくしてくれているんですね。

プライバシーレポート|阻止したトラッカー、プロファイルの見方

次に、どのようなトラッカーをブロックしているか?

Safariのプライバシーレポートの画像を用い、どのようにチェックするのかを説明していきます。

プロファイルの作成を阻止されたトラッカー

下図、Safariプライバシーレポート「阻止されたトラッカー」参考です。

Safariプライバシーレポート「プロファイルの作成を阻止されたトラッカー」

「Webサイト」タブ → 赤枠 箇所をタップすると確認できますよ。

例えるなら「電子カルテ」ですね。お医者さんが、患者さんの診療経過などを記録するデジタルなバージョンです。

あなたがSafariで「iPhoneを検索 → 楽天市場で物色している」傾向から、人物像・どストライクな好みを「解析=プロファイリング」しようとしたトラッカー野郎たちが、”つまびらやか”にされていますよ。

トラッカーにコンタクトしたWebサイト

「あのお客さん、まだiPhone探してますよ?」

あなたが訪問してきたことを、トラッカーに告げ口しているWebサイトです。

Safariプライバシーレポート「トラッカーにコンタクトしたWebサイト」確認方法

「トラッカー」タブ → 赤枠 箇所をタップすると、密告者がチェックできます。

Safariプライバシーレポート|よくある質問

「トラッカー阻止」何か対処しないとヤバいの?

阻止している分には、特に対処は必要ありません。

デジタルな追跡行為の試みは、iPhoneの設定でどうにかなるものではありませんので、Safariのプライバシー保護機能に守ってもらいましょう。

トラッカーはiPhoneからデータを抜き取るの?

iPhoneからデータは抜き取りません。

トラッカーは「Cookie(クッキー)」という、Webサイトの閲覧履歴を保存している「プライバシーをまとめたデータ」があるのですが、その中身を読み取ろうとします。

阻止したトラッカー100件以上あるけど大丈夫なの?

SafariでWebサイトを閲覧していれば、90~120件くらいの追跡行為は発生します。

それだけプライバシー情報をゲットしたいトラッカー、ネット上に溢れかえっているわけですね。

煩わしい広告、ポップアップする広告はガードできないの?

Safariのプライバシー保護機能では、ガードできません。

ですが、もともとSafariには「コンテンツブロッカー」の機能が備わっています。

それでも「広告が防げない!煩わしい!」という方は、コンテンツフィルターに特化した専用アプリを使うしかないでしょう。

例えば「AdGuard」というアプリがありますが、煩わしい広告やプライバシー保護だけでなく、記事内のSNSボタンやLINEアプリ内のYoutube動画もブロックしてくれる、超強力なコンテンツブロッカーです。

また「DNS暗号化」という、iPhoneのWi-Fiに表示される「このネットワークは暗号化されたDNSのトラフィックをブロックしています」問題を解消してくれる機能も備わっています。

iPhoneのWi-Fi「プライバシーに関する警告」表示される理由と対処法わかりやすく解説

続きを見る

Safariでプライバシーレポートの表示を「オフ」にする

「プライバシーレポートの表示が煩わしい!消したい!」

iOS15以降のiPhoneで、トラッカー保護「有効」な状態であり、プライバシーレポートの表示だけ消す方法です。

非表示の設定は、Safariで新しいタブを開き「編集」→「プライバシーレポート:オフ」にすればOKです(下図参照)。

Safariプライバシーレポート「非表示」にする

Safariでプライバシー保護の機能を停止する

iOS15以降のiPhoneで、Safariのプライバシー保護機能を停止する方法です。

iPhoneの「設定」→「Safari」→「プライバシーとセキュリティ」を表示し、以下の通り設定すればOKです。

Safariプライバシー「オフ」設定

  • サイト越えトラッキングを防ぐ:オフ
  • IPアドレスを非表示:オフ
  • プライバシー保護広告の計測:オフ
Safariプライバシー保護機能の停止
左図:標準的な設定、右図:プライバシー保護機能「オフ」設定

※設定変更する・しないは自己責任です。

基本、上図右側の通り「プライバシーとセキュリティ」項目の機能「すべてオフ(右図の状態)」で停止できますが、「Safariを使ったプライバシー保護が完全にノーガード」状態になりますので、当サイトはおすすめしません。

おわりに

iPhoneのSafariに表示される「プライバシーレポート」の説明でした。

「プライバシーレポート」は、デジタル的な追跡してくる行為を見えるようにしてくれています。

ただ昨今のApple社は、プライバシーに関していささか「過保護(かほご)」なのかもしれませんね。

そのため、有料のiCloud+サービスを使っている方で「課金が発生するかもしれない問題」に発展しているケースもあります。

関連記事
iOS15以降アップデートするべきか?本当にヤバい【2つの不具合】

続きを見る

--- PR ---

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。 ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。 安全&便利なICTノウハウ発信中

-iPhone, セキュリティ