iPhoneカレンダー「知らない予定」消し方をIT管理プロが解説

iPhoneのカレンダーに「ハッキング」「ウイルス」とか消せない予定が入っている!どうすればいいの?!

大丈夫です、落ち着いて、本記事以下の対処法を進めていきましょう。

iPhoneカレンダー知らない予定の削除手順

iOSのバージョンによって異なります。下図ご参考に削除を試みてください。

最近のiOSバージョンの場合

  • 「カレンダー」アプリを開く
  • 「カレンダー」をタップ(下図参照)
  • 心当たりのないカレンダーをタップして削除

「Events」というカレンダー名を照会している場合が多いようです。

古いiOSバージョンの場合

  • iPhone「設定」アプリを開く
  • 「パスワードとアカウント」をタップ
  • 「照会したカレンダー」→心当たりのないカレンダーを削除

「Events」というカレンダー名を照会している場合が多いようです。

iPhoneカレンダーに知らない予定が入った原因は?

信頼性の低いサイト、不審なサイトを閲覧していることが理由です。

下記例ですが、「このページを”カレンダー”で開きますか?」表示された際に、「開く」をタップしてしまうと、勝手にカレンダーが追加されてしまいます。

iPhoneカレンダー「知らない予定」他に影響は?

ウイルス感染とは異なり、Apple社では「スパム」いわゆる迷惑な行為としていますね。

そのため、「予定されてしまったカレンダー予約を触らない」前提で、カレンダーから削除さえしてしまえば、無力化できます。

性質的には、遠回しなフィッシング詐欺と同様の手段ですね。狙いは、予定のURLをタップさせ、URL先から金銭を巻き上げようとする手口です。

まとめ

iPhoneのカレンダー「セキュリティ警告」対処法、勝手に追加される理由の解説でした。

  • カレンダー「照会」から身に覚えのないカレンダーを削除する
  • 不審なサイト閲覧によりカレンダーへ追加される

基本、カレンダー追加が表示されても、表示内何もタップせずページを閉じてしまえばOKです。

不審なサイトは閲覧しないようにしましょうね。

▼ 関連記事

iPhone「ジャンククリーナーを更新してください」クリックジャッキングの対処法

続きを見る

古いスマホWi-Fiで使うとウイルスバスターは必要?3つのセキュリティ対策

続きを見る

【iPhone/Android共通】フィッシング詐欺の手口3パターン傾向と対策

続きを見る

-iPhone, セキュリティ, トラブル対処方
-