iPhoneパスワード管理「iCloudキーチェーン」でも1Passwordには勝てない6つの理由

iPhoneはiOS 15から、二段階認証のコードが管理できるなど、並の有料パスワード管理アプリが涙目になる機能強化されましたね。

これでもうパスワード管理アプリはいらない!満足!!

... かと思いきや、まだ「パスワードは管理できる」レベルです。

どういうこと??パスワード管理できるなら、問題ないでしょ?

いえいえ。パスワードに関する

  • 使うシーンの想定
  • いざ困る場面
  • 活用する場面

この考えが、圧倒的に足りていません。

どうなの

企業でIT管理すること15年、パスワード管理と利用シーンを熟知している筆者が、個人・ご家庭向けに解説していきます。

iCloudキーチェーン vs 1Password比較

iCloudキーチェーンではできず、1Passwordであればできることです。

保存済みパスワードを引き出す効率性

使いたいときに、サッとパスワード情報にアクセスできるか?です。

iCloudキーチェーンは、保存済みパスワードを調べるのが手間なんですよね。

▼ iCloudキーチェーンでパスワードを引き出す手順

  • iPhone「設定」をタップ
  • 画面を↓にスワイプ
  • 「パスワード」をタップ
  • 検索…

「パスワード」までのショートカットアクセスしたいですね。iPhone純正「ショートカット」アプリをちょっと見てみましたが、残念ながら「パスワード」のアクションはありませんでした。

また設定から「パスワード」を表示した画面「視認性が悪い」ため、どのパスワードなのか?判別しづらいんですよね。

iPhone設定「パスワード」表示
iPhone設定「パスワード」画面

一方の1Passwordといえば、次のような機能が備わっています。

  • 「ログイン名」任意の名前が設定できる
  • 「タグ」でパスワードを分類化できる
  • 「メモ」に自由な文字を入れられる

とくに「タグ」機能は、「銀行」や「クレジットカード」「楽天」みたいな括りで管理できるので、超便利ですよ。

例えば、1年に数回しか使わないような「保険」なんて、契約からして忘れがちではないですか?「タグ」を設定しておけば、いざという時にパパっと引き出すことができ、「情報の迷子」にならないので、おすすめな管理方法です。

まとめて契約の複数サイトURL対応

実際のパスワードの使い勝手のよさ、「パスワード1つに複数URLが設定できる」ことです。

楽天サービスを例に、 「楽天市場、楽天モバイル、楽天カード」 などなど、それぞれサイトのURLが異なります。

これをiCloudキーチェーンでログインしようとすると、

  • 楽天市場→パスワード候補「表示される」
  • 楽天カード→パスワード候補「表示されない」

つまり、同じ楽天IDパスワードを2重でiCloudキーチェーンに登録して管理しなければなりません。

この場合、楽天のIDパスワードを変更すると、もう片方も変更しなければならず、パスワード管理が煩雑化します。

一方、1Passwordは複数のURLを設定できるんですね。

1Password各種楽天サービスへのログイン

スマホ契約に多い「まとめて契約」に対応したパスワード管理手法ですね。

詳しくはコチラ
1Passwordの便利な使い方|楽天圏ログイン管理術

続きを見る

変更前のパスワードをチェックできる

パスワード変更したつもり「あるある」の対策、パスワード変更履歴を記録する機能です。

筆者は過去「Bitwarden」というパスワード管理アプリを使っていた時代に、マスターパスワードを忘れ(汗)泣く泣く登録パスワードごとリセットした苦い経験をしています。

関連記事
Bitwardenマスターパスワード忘れたら?保管庫ごとアカウント削除する方法を解説

続きを見る

このように、一歩間違えたら(間違えなくても?)ログインできなくなる対策って、必要ですよね?

1Passwordはパスワード登録した単位で「セーブした形式の詳細」から、変更したパスワードを確認することができますよ。

パスワードをリンクで共有する

iCloudキーチェーンは「AirDrop」を使うと、パスワードを共有することができます。

ですがこの場合、次の制限があるんですね。

  • 近い距離でないと通信できない
  • iOS以外は使えない

つまり、WindowsやAndroid端末とは共有できません。

一方、1Passwordは2種類の共有方法があります。

  • Copy Private Link
  • 共有

「Copy Private Link」は、アクセス権が担保された状態で、登録パスワードへのショートカット的なリンクが発行されます。

IT管理プロ知見として、この機能だけで1Passwordを有料で使う価値がありますね。

関連記事
1Passwordを使った【固定費切り替え活用術】IT管理プロが解説

続きを見る

「共有」機能は活用の幅が広いですね。

  • 共有期限:1回のみ~30日の間で設定
  • アクセス権:メールアドレスを指定
  • 共有相手は「1Password不要」

海外だろうと遠く離れた相手に、一時的にパスワードを共有することができますよ。

契約書とパスワードを紐づけた管理

紙で届く契約書の控えを、パスワード情報にファイル添付し管理する方法です。

iCloudキーチェーンは、ファイルを添付する機能がありません。

対する1Passwordといえば、 パスワード登録した単位でファイルを添付することができます。

例えば、電気の契約控えのハガキだったり、源泉徴収用とする「生命保険の払込証明書」など、パスワード情報に紐づけて一元管理できます。

パスワード「非表示」にする

不要な、使わないパスワードを非表示にする機能です。

ただ、これまで使っていたパスワードをいきなり削除するのは得策ではありません。

ですが残っていると、検索しづらいんですよね。

iCloudキーチェーンだと、削除するほかありません。

一方、1Passwordには「アーカイブ」という、検索でヒットさせない保管方法があります。

アーカイブを活用すると、スマホの乗り換えしまくりで固定費を削減したとしても、新旧契約のログイン情報を消さずに、一目瞭然な管理が実現できますよ。

まとめ

iPhoneのバージョンアップしたパスワード管理機能「iCloudキーチェーン」でも、1Passwordには勝てない6つの理由でした。

やはり餅は餅屋、パスワード管理はパスワード管理屋さんですね。

パスワード管理アプリ【1Password】

公式より安く購入できて、

使いはじめまで日本語サポートしてくれる。

買い切り3年版は「ソースネクスト」だけ!

詳しくはコチラ

-ICT管理, iPhone
-