水泳【距離、泳法、ストローク】計測!スマートウォッチおすすめ3選

水泳の「泳いだ距離」、クロールや平泳ぎなどの「泳法」また、手の動きからスカーリングなど「ストローク数」も計測できるスマートウォッチの選び方から、おすすめなスマートウォッチをご紹介していきます。

水泳用スマートウォッチ選びの注意点

水泳用スマートウォッチを探している方で、特に気をつけたいことです。

完全防水水泳用スマートウォッチ!

つけたまま泳ぐことができます!

表記のスマートウォッチをよく見かけますが、

泳法、ストロークどころか、

”距離”すら計測しない。

まちがえて購入してしまわないよう、「水泳用スマートウォッチの選び方」から説明していきます。

水泳用スマートウォッチ選び3つのポイント

水泳用スマートウォッチに欠かせない「3つの機能」です。

  • 泳ぎの計測「SWOLF」機能
  • 泳ぎを邪魔しない設計
  • 日々の水泳データの活動記録

以下順に説明していきます。

1. 水泳の計測は「SWOLF」機能

「SWOLF」とは、効率的に泳げているのか?数値化し、評価するために用います。

実際には、次のような計算式です。

25mを泳ぐのに要した時間(秒)+ストローク数の合計

時間はともかく、泳ぎながらストローク数までカウントするのは、なかなか難しいものです。

だからこそ「SWOLF」機能が開発され、水泳用スマートウォッチには欠かせない機能となりました。

水泳の活動を記録するなら

"SWOLF"

機能搭載したモデルをえらぶ

覚えておきましょう。

2. 泳ぎを邪魔しない軽量・コンパクトさ

  • 水泳で手のかきを邪魔しない大きさ
  • 水の抵抗を受けにくい形状

この2つのチェックも大事です。

常時の着用を考えた場合も、軽いに越したことはありませんね。

3. 水泳データの活動記録

計測した水泳データを積み重ね、日々の活動を記録する

チェックする大事なポイントでもありますね。

水泳用スマートウォッチおすすめ3選

水泳データを数値化してくれるので、達成感ありモチベーションUP!なスマートウォッチをご紹介します。

Garmin Swim 2

水泳機能アドバンススイム機能
サイズ縦42 x 横42 x 厚さ11.4 mm
重さ36g
稼働時間水中心拍モード:最大60時間
スマホアプリGarminConnect

GARMIN(ガーミン)が開発した水泳特化のスマートウォッチ。「アドバンススイム」機能による、水泳の目標タイム設定・ラップタイム計測、キックやスカーリング動作などドリル練習の時間と距離を計測、コーチングしてくれます。計測した水泳データは、スマホアプリ「Garmin Connect」に連携することで、日々の水泳の活動記録を記録できます。

Apple Watch Series

水泳機能スイミングワークアウト機能
サイズ縦41 x 横35 x 厚さ10.7 mm
重さ32g
稼働時間最大18時間
スマホアプリフィットネス※iOS専用
表記は「Apple Watch Series 7 サイズ41mm」モデルの仕様

Apple Watch Series 2以降のモデルに備わっている「スイミングワークアウト」機能により、水泳の計測を実現。泳ぐ前に「スイミングワークアウト 」モードにすることで、水滴をタップと誤認しないよう画面ロック、より正確にSWOLF計測する仕組みです。計測した水泳データは、iPhone標準アプリ「フィットネス」につなぐことで、日々のスイミングアクティビティが記録できます。

HUAWEI Band 7

水泳機能6軸モーションセンサーで水泳の自動識別
サイズ縦44.35 x 横26 x 厚さ9.99 mm
重さ約16 g(ベルトを含まず)
稼働時間通常使用で14日間
スマホアプリHUAWEI Health

水泳の妨げにならない軽量、コンパクト、そして価格のリーズナブルさも兼ね備えたスマートウォッチ。計測した水泳データは「Huawei Health(ファーウェイヘルス)」アプリに連携、水泳の活動記録をチェックできます。

※ドリル練習計測の機能がないため、キックやスカーリングを練習する際は、計測を「一時停止」する必要があります。

以上、水泳用スマートウォッチおすすめ3選でした。

次に、次世代の「ウェアラブル端末」ご紹介します。

FORM Smart Swim Goggles

ARディスプレイ内蔵、水泳用ゴーグルです。

画像元:FORM Athletica, Inc.
  • 水泳中も計測データが見える!
  • 距離、ストローク数もきちんと計測
  • 専用アプリで水泳の活動記録を分析

スマートフォンのアプリ「FORMスイム」と連携すれば、水泳の活動記録だけでなくゴーグルの表示をカスタマイズすることも可能です。スマートウォッチは「接触することでケガをさせる恐れあり」として着水禁止にしている施設もありますが、FORMのスマートゴーグルであれば、腕の接触で相手にケガをさせる心配はありません。

水泳用スマートウォッチを使う注意点

スポーツジム、プール、その他スマートウォッチを着用する上での注意点です。

保護バンド着用ルールを確認する

スポーツクラブは、スマートウォッチ接触によるトラブル防止のため、保護バンド着用を義務付けられている施設が多いです。

※スマートウォッチの使用可否は、施設にご確認ください。

水泳データが正しく計測できない

正しく水泳の活動記録を計測できないケースです。

ここに注意

  • 水泳中に長い間一時停止しない
  • 標準的な泳ぎ方をしていない
  • 途中で泳ぎ方を変えている

例えば、「標準的な泳ぎ方」「泳ぎ方を変えている」ですが、バタフライとクロールは腕の動きが似ているため、誤った計測をしてしまうケースがあることです。

「独特な泳ぎ方」であれば、ストロークを正しく識別できないのも納得の理由ですね。

その他、慣性センサーですので「腕を伸ばす」ような行為もストロークとして計測されますので、覚えておいた方がよさそうです。

詳しくはHuaweiのサイトをご参照ください。

Huaweiサイト「プールで水泳 のデータが不正確です」

高温に注意!

スマートウォッチを着用したまま「サウナ」入室は故障のもとです。

高温になる場所では、スマートウォッチを外すようにしましょう。

まとめ

水泳の距離、泳法、ストローク数も計測できるスマートウォッチを選ぶポイントです。

ポイント

  • 水泳の活動記録は「SWOLF」が基準
  • 泳ぎを邪魔しない軽量・コンパクト
  • 日々の水泳データの活動記録

「水泳に対応した防水」表記されたスマートウォッチをよく見かけます。

ですが実際、

泳いだ距離・泳法・ストローク数、

計測しないスマートウォッチばかり。

間違えて購入しないようにしましょう。

またスマートウォッチは、モーションセンサーで泳法やストロークを自動識別しています。

そのため、泳ぎ方によっては水泳データが正しく記録できない場合もありますので、ご留意ください。

ITガジェットによる水泳データの計測は、一長一短な部分も考慮したいですね。

それでは、快適なスイミングライフを。

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。 ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。 安全&便利なICTノウハウ発信中

-ITガジェット
-