水泳「距離・泳法・ストローク数」計測できる!おすすめスマートウォッチ

水泳で「泳いだ距離」だけでなく、クロールや平泳ぎなどの「泳法また、水泳での腕のかきストローク数まで計測できるスマートウォッチの「選び方」から「おすすめスマートウォッチ」まで、ご紹介します。

水泳用スマートウォッチを探している方で、特に気をつけたいのは…

  • 完全防水水泳用スマートウォッチ!
  • 付けたまま泳ぐことができます!

このような文言につられ、購入してみたものの、

泳法、ストローク数どころか、

泳いだ距離すら計測しない。

このようなスマートウォッチが多く出回っているので、間違えてご購入してしまわないよう、本記事ご参考くださいませ。

まずは、水泳用スマートウォッチを選ぶ基準から説明していきます。

「水泳用スマートウォッチだけ知りたい!」という方は、目次から該当項目までジャンプしてください。

水泳用スマートウォッチを選ぶ基準3つ

水泳用スマートウォッチに欠かせない「3つの機能」です。

水泳を計測する「SWOLF」機能

「SWOLF」とは、効率的に泳げているのか?数値化し、評価するために用います。

実際には、次のような計算ですね。

25mを泳ぐのに要した時間(秒)+ストローク数の合計

時間はともかく、泳ぎながらストローク数までカウントするのって、なかなか難しいですよね。

だからこそ、「SWOLF」機能が搭載されたスマートウォッチが必要になるわけです。

水泳用スマートウォッチは

"SWOLF"

表記されたものを選ぶ

これだけでも覚えていただければと思います。

水泳中の負担を計測

「心拍数」「血中酸素濃度」の計測です。

無理なくトレーニングできているか?チェックする大事なポイントですね。

泳ぎを邪魔しない軽量・コンパクト

常時着用することを考えた場合、軽いに越したことはありませんよね。

それだけではなく、

  • 水泳で手のかきを邪魔しない大きさ
  • 水の抵抗を受けにくい形状

この2つのチェックも大事です。

水泳の計測!おすすめスマートウォッチ

水泳データを数値化してくれるので、達成感ありモチベーションUP!なスマートウォッチをご紹介します。

GARMIN(ガーミン)Garmin Swim 2

プール&オープンウォーター対応のGPSスイミング用スマートウォッチ
¥29,073 (2021/05/14 23:49時点 | Amazon調べ)

POINT

  • 泳ぎながら心拍数、血中酸素の計測
  • 「ドリル練習」が測定できる!

水泳用スマートウォッチといったら、やはり「Garmin」ですね。

心拍の状態をリアルタイムに計測するので、泳いでる最中でも負担がチェックできます。

また「ドリル練習」という、キック、片手泳ぎ、漕ぎ動作など、あらゆる水泳データを計測する機能が備わっているのが、大きな特徴です。

「今よりもっと上手く泳ぎたい!」

「さらに上達したい!」

さらなる高みを目指したいスイマーさんの期待を裏切らない、高性能な水泳用スマートウォッチだといえます。

Apple Watch Series 2/3/4/5/6/SE

POINT

  • iPhoneとの高い連動性
  • 心拍数&血中酸素の測定
  • よりiPhoneを便利に使える
    • メッセージの確認、返信
    • Apple Pay支払ができる
    • 音楽も持ち歩ける

iPhoneを使っている方におすすめなスマートウォッチです。

Apple Watch Series 2以降、「 スイミングワークアウト 」という、水泳データ計測の専用モードが備わっています。

さらにApple Watch Series 6以降であれば、心拍数だけでなく「血中酸素濃度」も計測することができますよ。

お使いのiPhoneと連動し、使い勝手アップな機能が豊富ですね。

さて次に、「軽量&コンパクト&リーズナブルな価格」3拍子そろったスマートウォッチ2点ご紹介していきます。

HUAWEI(ファーウェイ)Band 6

POINT

  1. 心拍数&血中酸素の計測
  2. 消費カロリーも計測
  3. Huawei独自のSWOLF計測

「6軸のモーションセンサー」を売りとしています。

具体的には、

「バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロール」

4泳法の識別から、

「ストローク数、速度、平均ストローク速度、ラップ、距離、平均SWOLF」

だけでなく、消費カロリーも計測してくれます。

また「Huawei Health(ファーウェイヘルス)」というスマホ用アプリに繋げることで、水泳の活動記録をアプリでチェックすることができますね。

ただ一点、「ドリル」の計測ができません。

つまり、キックやスカーリングの練習は計測できないため、練習時には測定を「一時停止」する必要があります。

Xiaomi(シャオミ)Mi band 6

POINT

  1. 安い!
  2. 心拍数&血中酸素の計測
  3. 水泳のストローク自動認識

2021年第2四半期、世界のスマートフォン出荷シェア2位の「Xaomi(シャオミ)」です。

何より「安い」ですね。

水泳データを計測できるスマートウォッチとしては最安値といってよいでしょう。

ただ、Huawei同様「ドリル」の計測ができません。

最後に、次世代の水泳データ記録できる「ウェアラブル端末」、ご紹介します。

FORM Smart Swim Goggles スマートスイムゴーグル

ARディスプレイ内蔵のゴーグルです。

もはやスカウターですね。下記「プール水泳モード」で計測できることです。

  • スプリット時間
  • ストローク数のカウント
  • 100mあたりのペース、距離を計測

記録したデータは、スマートフォンアプリに連携されます。

iPhoneおよびAndroid用の無料の「FORMスイム」アプリと連携し、プールの計測データの確認だけでなく、ゴーグルの表示をカスタマイズすることができるんですね。

スマートウォッチは「接触するとケガをさせる恐れあり」として、着水禁止にしている施設、わりと多いですよね。

でもこのゴーグルであれば、腕の接触で相手にケガをさせる心配はありません。

今後、普及が広がりそうですね。

プールでスマートウォッチを使用する注意点

スポーツクラブ、プールで使用する場合の注意点です。

保護バンド着用ルールを確認する

スポーツクラブは、スマートウォッチ接触によるトラブル防止のため、保護バンド着用を義務付けられている施設が多いです。

※スマートウォッチの使用は、施設の運営元までご確認ください。

水泳データが正しく計測されない場合がある

水泳データが正しく計測できないケースです。

ここに注意

  • 水泳中に長い間一時停止しない
  • 標準的な泳ぎ方をしていない
  • 途中で泳ぎ方を変えている

例えば、「標準的な泳ぎ方」「泳ぎ方を変えている」ですが、バタフライとクロールは腕の動きが似ているため、誤った計測をしてしまうケースがあることです。

「独特な泳ぎ方」であれば、ストロークを正しく識別できないのも納得の理由ですね。

その他、慣性センサーですので「腕を伸ばす」ような行為もストロークとして計測されますので、覚えておいた方がよさそうです。

詳しくはHuaweiのサイトをご参照ください。

Huaweiサイト「プールで水泳 のデータが不正確です」

まとめ

水泳の距離、泳法、ストローク数も計測するスマートウォッチのご紹介でした。

ポイント

  • 泳いだ距離、泳法が記録できる
  • 心拍数も計測し水泳の負担を見える化
  • 泳ぎを邪魔しない軽量性
  • 泳ぎ方次第、誤った計測をする場合あり

スマートウォッチなど、「水泳に対応した防水」と表記された商品が散見されます。

ですが、

泳いだ距離・泳法・ストローク数、

計測できるスマートウォッチは

決して多くありません。

間違えて購入しないようにしましょう。

また慣性センサーでシステム的に泳法、ストロークを計測しているため、泳ぎ方次第では水泳データが正しく記録できない場合もあります。

ITガジェットに計測を任せている面で、一長一短なところもありますね。

それでは、快適なスイミングライフを。

-ITガジェット
-