iPhoneのiOSをWi-Fiなしでアップデートする2つの方法

iOSアップデートできない方のお悩みです。

iOSできない環境

自宅にインターネット回線、Wi-Fiがない

iTunesを使えるPCもない

テザリングできるデバイスもない

5G通信できない

このような環境のもとでも、iPhoneのiOSを安全にアップデートする方法について解説します。

iOSアップデート「Wi-Fi通信」が前提

まずiOSアップデートは、「iPhoneがWi-Fiに接続された状態であること」Apple社は前提としています。

iPhone、iPad、iPod touch をワイヤレスで最新バージョンの iOS または iPadOS にアップデートできます。

Apple公式サポートより引用

ワイヤレス、すなわち「Wi-Fi(または5G通信)」ですね。

この理由は、iOSアップデートのデータ量が「約1GB」と非常に大きいため、通信が遅い、不安定だとiOSデータがダウンロード中に破損する可能性があるからでしょう。

つまり以下が該当する場合、否が応でもWi-Fiに接続してiOSをダウンロードしないとiOSはアップデートできません。

  • 自宅にインターネット回線、Wi-Fiがない
  • iTunesを使えるPCがない
  • テザリングできるデバイスがない
  • iPhoneが5G通信できない

では、どのようにWi-Fiを調達すればよいのか?今回2つの方法をご紹介します。

iOSをダウンロードする2つの方法

  • 携帯キャリア設置のWi-Fiを使う
  • フリーWi-Fiを探す

以下順に説明していきます。

携帯キャリア設置のWi-Fiを使う

契約している携帯キャリアが設置するWi-Fiを借りて、iOSをダウンロードする方法です。

例えば、SoftBankであれば ソフトバンクWi-Fiスポット を使うような案内がありますね。

もちろん無料で使えますよ。

ただし、最寄りにWI-Fiスポットがない場合もあります。

その場合は、フリーのWI-Fiを使いましょう。

フリーWi-Fiを探す

街中にあるフリーのWi-Fiを使い、iOSをダウンロードする方法です。

フリーのWi-Fiは危険だから使わない方がいいって聞いたけど、接続しても大丈夫なの?

iOSをダウンロードするくらいなら、危険ではありませんよ。

どうなの

と断言したいところですが、確かに接続するだけで危険なWi-Fiも存在します。

そのため、「タウンWiFi」アプリを使ってiOSをダウンロードしましょう。

タウンWiFi ポイントが貯まるWiFi⾃動接続アプリ

タウンWiFi ポイントが貯まるWiFi⾃動接続アプリ

TownWiFi Inc.無料posted withアプリーチ

タウンWi-Fiは、街中で接続するWi-Fiスポットをきちんと審査しているので、危険な "野良Wi-Fi" につなぐリスクを回避できますよ。

安全にiOSをダウンロードする手順

iOSを安全にダウンロードして、お使いのiPhoneのiOSをアップデートする手順です。

手順

  • iPhoneに「タウンWiFi」アプリインストール
  • タウンWi-Fiアプリを起動、フリーWi-Fiを探す
    • 例)最寄りのコンビニと仮定し説明進めます
  • コンビニ到着、タウンWi-Fiを起動する
  • タウンWi-Fiアプリ経由でWi-Fiに接続する
  • iPhone「設定」からiOSダウンロード
  • ダウンロード完了したらWi-Fi切断
    • 家に帰ってもOK!
  • iOSアップデート実行

Wi-FiスポットでのiOSダウンロード時間「約20分」

ダウンロード時間は「約20分」です。

  • Wi-Fiスポットの通信スピード:約20Mbps
  • iOS 16ダウンロードサイズ:約3GB

【参考】みんなのネット回線速度で算出

※「理論値」というヤツですので、ダウンロード時間はあくまでご参考まで。

フリーWi-Fiでやらない方が良いこと

どんなに安全と説明されても、フリーWi-Fiでやらない方がよいことはあります。

情報セキュリティ見解から、次のような行為は控えることをおすすめします。

フリーWI-FiでのNG行為

  • Webサイトへの個人情報入力
  • 個人情報を含むアプリを使わない
    以下例)
    • 家計簿アプリ
    • 銀行、カード関連
    • パスワード管理アプリ

つまりは、フリーWi-Fiに接続しているときは "個人情報を取り扱わない"こと ですね。

まとめ

iOSがアップデートできない環境下における、iOSダウンロードしてiOSをアップデートする方法を解説してきました。

Apple公式情報からも、iOSアップデートにはWI-Fiを使うことを推奨しています。

そのため、最寄りの無料で使える安全なWi-Fiスポットを探すしかないでしょう。

フリーWi-FiスポットでiOSダウンロードしている間は、iPhoneで個人情報のいっさいを使用しないことをおすすめします。

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。
ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。
デジタルの安全性&便利に使うノウハウをお届けします。

-iPhone