イヤホンだけじゃない自転車で【危険運転】と見なされるITガジェット

自転車の走行、サイクリングで「危険運転」と見なされ、罰金を科せられるケースもあるITガジェットおよび、どのような利用シーンをNGしているのか?解説していきます。

購入した後に、「実は自転車での使用禁止されたガジェットだった!」なんてことがなきよう、本記事を参考にしてみてくださいね。

自転車「危険運転」と見なされるITガジェットの使い方とは?

自転車で「危険運転」と見なされるITガジェットの使い方としてはズバり、

次のような、人間の感覚を「ふさぐ・さえぎる」行為を禁止しています。

  • 視覚:視界をさえぎる行為
  • 聴覚:聞きわけさえぎる行為

自転車「危険運転」NGなITガジェット2点

禁止ITガジェット

  • イヤホン
  • スマートグラス

なぜNGなのか?以下順に説明していきます。

自転車NGガジェット①イヤホン

イヤホンしたまま自転車乗ったら違法なの?

都道府県ごとのルールにより禁止されている地域が大半で、罰金を科す対象になっています。

東京都を例に見てみましょう。

高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。

東京都道路交通規則「第8条」一部抜粋

違反すると罰金5万円ですって。

同じように「イヤホンはNG!」と定めている都道府県です。

  • 大阪府
  • 愛知県
  • 北海道
  • 福岡県

などなど、大半の都道府県は罰金まで科していますね。

つまり、「イヤホンをして自転車には乗らないに限る」結論です。

ちなみにですが、骨伝導のイヤホンもNGですのでお気をつけください。

イヤホンがNGの理由としては、単に「交通ルールだから」ではありません。

「聴覚、つまり音の聞き分けを阻害するから」

このように覚えておきましょう。

自転車NGガジェット②スマートグラス

スマートグラスとは?メガネにコンピューターが埋め込まれているものです。

そして、スマートグラスがNGと定める理由は、

「視界を遮るから」です。

スマートグラスの中には、レンズがディスプレイ化されているため、

  • 走行中に地図が見れる
  • 走行距離、スピードの可視化
  • 運動量も見れる

このような特徴にあります。下図ご参考まで。

ただし、全てのスマートグラスがNGではありません。

ポイントは、「視界を遮らないこと」です。

つまり、視界を遮らないスマートグラスは交通規制の対象外です。

スマートグラスには「スピーカー」が内蔵されている

スマートグラスは、「ハンズフリー」を目的として設計されているものが大半です。

以下ご参考まで。

前述していますが、「骨伝導」でも聴覚を遮るのでNGです。

自転車に乗らなければ、

  • 音楽を聴ける
  • 通話もできる
  • サングラスとしても使える

一石二鳥で、多機能なITガジェットであることは間違いありません。

自転車での使用「注意が必要」なITガジェット

自転車での使い方で、注意が必要なITガジェットです。

使い方に注意が必要

  • スマートフォン
  • スマートウォッチ

いずれも、「わき見・よそ見」運転になるからですね。

よく見かける「自転車用スマホホルダー」ですが、走行中のスマホ見過ぎに伴う事故が増えていますので、十分注意しましょう。

自転車「危険運転」の基準は「非常にあいまい」なので要注意

ここまで説明してきた「危険運転、禁止行為」について、実は法律上も「基本的に~」や「原則として~」など、非常にあいまいな定義です。

そのため、Amazonや楽天市場などのECサイトでも、自転車向けITガジェットとして販売されている背景にあります。

きちんとした基準がない中でも、「処罰の対象になり、罰金を科せられる」なんて、なんだか納得できませんね…

まとめ

自転車での使用が禁止されているITガジェットから、禁止行為について説明してきました。

ココに注意!

処罰され、罰金が科せられるITガジェット

  • イヤホン
  • スマートグラス

次点:気をつけて使用するITガジェット

  • スマートフォン
  • スマートウォッチ

基本、人間の「視覚、聴覚」をふさぐ、遮るITガジェットはNGだと覚えておきましょう。

購入した後に、「実は自転車での使用禁止されたガジェットだった!」なんてことがなきよう、本記事を参考にしてみてくださいね。

  • この記事を書いた人

どうなの

デジタルの「わかりにくい・ズバり知りたい」をわかりやすく。 システム管理のプロが「安全・便利に使う」ICTノウハウ発信中

-ITガジェット