⚙ツール&ガジェット

ThinkPadキーボード爪折れ修理【所要1時間】手順図解

型番「KT-1255」ThinkPad Bluetoothキーボードの爪が折れてしまいました。

 

メーカー修理の費用、いくらするのかLenovoサポートへ問い合わせてみました。

ざっくり"1万円"とのこと。

購入時とほぼ同額、買いなおした方がいいレベルです。

 

それであれば、自分修理を試みることにしました。

交換用ThinkPad USBキーボードの調達

交換用に調達したキーボードの型番は「KU-1255」です。

USB接続タイプのキーボードで、外見は「型番:KT-1255」と同じです。

自己責任で解体し、内部構造を見てみることにしました。

型番「KT-1255」ThinkPadキーボード交換修理のステップ

基板交換修理のステップです。

簡単な流れ

  1. 交換用に調達した「KU-1255」分解
  2. 爪折れキーボード「KT-1255」分解
  3. キーボード基盤を交換し組み立て

 

1.交換のため調達した「KU-1255」キーボードを分解する

キーボードを裏がえしてみましたが、ネジ止めの後はありません。

 

ネットで調べたところ、下図の赤枠箇所を「素手でこじ開けていく」のが正解なようです。

ThinkPadキーボードのカバーを素手であける

それほど苦労もなく、カバーのスキマを空けることができました。

 

手でスキマをゆっくりと広げていきます。

キーボードと台座となる基盤は、粘着テープでくっつけられていました。

ThinkPadキーボードのカバーのスキマをあけていく

キーボードが折れ曲がらないように、また内部の配線が切れないよう気をつけながらはがしていきます。

 

ThinkPad Bluetoothキーボード基盤ご開帳

上図の赤枠2か所のストッパーを上に持ち上げると基盤と配線が外れ、キーボードを分離することができました。

 

ここで粘着テープのはがれる音につられ来客です。

ウチのねこ=^^= かわいいでしょ♪

 

「なにやってんのー?」といった顔 =^ ^=

ちょっとなごませていただきましたが、ねこパンチで介入されそうです。

丁重にお引き取り願いをして、修理を進めることにします。

 

2.爪折れが折れているThinkPadキーボード「KT-1255」を分解する

KU-1255と同じ要領で解体していきます。

 

Bluetoothキーボードの注意点です。粘着テープで配線がキーボードに貼りついてました。

ThinkPad Bluetoothキーボードの配線外す

粘着テープをはがすタイミングで、配線が切れないように注意します。

3.ThinkPadキーボード基盤の交換

それぞれ外したキーボードの基盤を交換します。

手順は、これまでの図を参考に基盤とキーボードを結線すれば完了です。

 

問題なくキーボードが操作ができる状態になり、本記事の執筆に至ります。 ^ ^

ThinkPadキーボード爪折れ修理まとめ

修理作業のポイントです。

  • ねじ止めがないので基本工具は不要
  • 配線に気をつけながら慎重に粘着テープをはがす

分解作業のポイント、

作業の要所ごとに写真をとっておく。

でした。

 

分解してみてわかりましたが、ThinkPadキーボードの内部構造は一緒のようですね。

ただ、分解作業は完全自己責任で行う必要がありますので、気をつけて行いましょうね。

 

やっぱり、キーボードは赤ポチの ThinkPad トラックポイント キーボード が一番ですね。直してよかった。ThinkPad トラックポイント キーボード II - 日本語

\楽天スーパーSALE!ポイント最大43倍!/

  • この記事を書いた人

どうなの

ITの組み合わせ【ICT】で人生を楽しむプロ|家計見直しのポイント【ライフサイクル化】」にあり|企業5社を渡り歩いてきたIT管理15年のノウハウをお届けします。

-⚙ツール&ガジェット
-

© 2021 ITのかけ算