iOS 14.7.1アップデート「圏外」問題に直面!解消まで試した5つの対処法

iOSアップデートにより、iPhoneが「改善不能な圏外の状態」になり、お困りですか?

筆者も同事象に直面し、「結論:iOS 15.2アップデートで解消された謎」に至るまで、iPhoneで対処した5つのことについて解説していきます。

iPhone電波は圏外でもWi-Fiは使える状態

実際に「圏外」となった、筆者のiPhoneです。

iOS 14.7.1アップデート後【圏外】から復旧しない

いまどきのスマホで一番困ることは、「まったくインターネットに接続できないこと」ですよね。

そのため、「圏外」となったiPhoneで「他の通信はできないのか?」状況を確認してみました。

iOS「圏外」確認したこと

  • 4G/LTE、5G通信・・・NG
  • Wi-Fi通信・・・可能
  • Bluetooth接続・・・可能
  • AirDrop・・・可能

Wi-Fi通信が行えることは救いです。iPhoneを利用できる場所が限定されますが、全く使えない状態だけは回避できます。

iPhone圏外で対処した5つのこと

iPhone圏外で対処したこと

  • iPhone再起動
  • SIMカードの抜き差し
  • 他iPhoneで使用中のSIMを指してみる
  • ネットワーク設定のリセット
  • iPhoneのバックアップ、リカバリ

iPhoneをWindows 10 PCに接続して、iTuneバックアップ~iPhone初期化まで試しましたが、圏外の問題は改善しませんでした。

iOSアップデートによる圏外「よくある不具合」

iOSアップデートにより圏外となる問題ですが、実は珍しいことではないようです。

その理由としては、Appleサポートサイトでも対処法の特設ページが開設されていることが挙げられます。

iPhone や iPad に「圏外」または「検索中」と表示される場合

iOSバージョン元に戻す「ダウングレード」検討してみる

iOSアップデート起因であれば、前バージョンに戻す、つまり「iOSのダウングレード」で改善できるかもしれません。

ただ筆者の場合、「iOS14.7.1」から、前のバージョンの「14.7」には、ダウングレードできませんでした。

なぜなら、「Apple社は14.7の署名停止、ダウングレードを不可能」にしてしまったからです。

巷には、「iOSはダウングレードできる」散見されますが、情報の出所きっちり掴んでおきましょう。

iOSアップデート前のバックアップは必要

iOSアップデート前、iPhoneをiOSごと「iTunesで完全バックアップ」しておけば…後の祭りでした。

※iTunesバックアップにはPCが必要です。

お使いの iPhoneストレージ容量にもよりますが、PC側ハードディスク容量が大きいに越したことはありませんね。

【ご参考まで】HP 大容量SSD搭載ノートPC

【結論】iOS 15.2アップデートで圏外が解消

もはや諦め、新しいiPhoneを購入。

圏外のiPhoneは、iOS先行アップデートといった「テスト用」で使っていました。

それが先般リリースされた、iOS 15.2アップアップデートで…

なんと圏外問題が解消されました。

関連記事
iOS 15.2アップデートで既知のヤバい不具合は?「解消せず」

続きを見る

もちろん偶然なんでしょうけど、つまりは「システム上・プログラムの不具合」だったわけですよね。なんとも納得できないオチでした。

まとめ

さまざまな修復を試みた結果、iPhone圏外になる問題は改善できませんでした。

この結果からの教訓です。

  • iOS最新バージョンは2~3週間ほど様子見る
  • アップデート前にTwitterで「iOS不具合」検索する
  • iPhoneは必ずバックアップしてからiOSアップデートする

今回の問題も、バックアップさえあれば復旧できた話です。

またダウングレードできる情報は散見されますが、

すぐにダウングレード不可能になる

このように認識していた方がよいでしょう。

ワイモバイル 家族割で990円

UQモバイル 自宅セット割990円

楽天モバイル 1GBまでなら月額0円

LINEMO LINEアプリ使い放題990円

IIJmio 音声2GB+かけ放題858円

BIGLOBE 12か月値引き550円から

-iPhone
-