Bitwarden カスタムフィールド「すべての項目を自動入力化」

有料のパスワード管理アプリでも、パスワードが自動入力できないサイトがあるんだけど…

 

ログインのために入力するフィールドが複数あるサイトの例です。

  • ゆうちょ銀行
  • 大和証券オンライントレード
  • e-Taxソフト(Web版)

 

今回、オンライン確定申告サイト「e-Tax」ログインページを例に解説していきます。

e-taxログイン画面

 

ブラウザーのパスワード管理機能だと、利用者識別番号「3456」しか認識できません。

 

Microsoft Edge、Chromeといった名だたるブラウザーのパスワード管理ツールは撃沈でした。

 

その他、並のパスワード管理アプリだと複数入力フィールドに対応していないものは多いんです。

 

パスワード管理アプリ「Bitwarden(ビットウォーデン)」は、

カスタムフィールドを活用し、複数入力フィールドの自動入力に対応させることができます。

しかも無料で使える機能です。

こんな便利機能、使わない手はないですよね。

 

設定にちょっとテクニックを要しますので、本記事で画像たっぷり設定方法を解説していきます。

 

Bitwardenって何者?という方はこちらをCHECK!

無料パスワード管理アプリ「Bitwarden」の使い方をIT管理プロが解説

続きを見る

 

BitwardenカスタムフィールドはPCブラウザーから設定

 

今回、パソコンからChromeブラウザーで設定を行いました。

Microsoft Edge、Firefoxでも同様の手順で設定可能です。

 

あらかじめ、ChromeウェブストアからBitwardenの拡張機能をブラウザーに追加しておきます。

 

Bitwardenカスタムフィールド設定の流れ

 

設定の流れ

  • ログインページを表示
  • ブラウザーの開発者モードで要素を抜き出す
  • Bitwardenカスタムフィールドを設定

 

1. サイトのログインページを表示する

 

ログインサイトにアクセスします。

 

オンライン確定申告サイト「e-Tax」は、ログインIDに該当する「利用者識別番号」が4つのフィールドに分かれています。

利用者識別番号の入力画面

 

2. ブラウザーの開発者モードで要素を抜き出す

 

キーボードのF12キーを押し、「Select an element in the page to inspect it」をクリックします。

 

入力フィールドにカーソルを合わせると、"要素"が表示されます。

上図の場合だと、#(シャープ)以降 .(ドット)の手前、

maskat_widget_dojo_88

が要素です。これを入力フィールド分メモします。

 

因みにe-Taxで抜き出し要素は、左から順に次の4つです。

maskat_widget_dojo_88

maskat_widget_dojo_89

maskat_widget_dojo_90

maskat_widget_dojo_91

 

3. Bitwardenカスタムフィールドを設定する

 

今回は、事前にe-taxのパスワード情報を登録している前提です。

編集モードにして、カスタムフィールドへ4つの要素を登録します。

 

ユーザ名が登録されているようであれば、誤入力する元になるので削除します。

 

Bitwarden自動入力の動作確認

 

e-Taxログイン情報が自動入力されることを確認します。

 

Bitwardenでも自動入力が難しいケース

 

説明してきた要素抽出も万能ではなく、次のようなサイトには対応できません。

 

  • PCとスマートフォンで要素が変わるサイト
  • アクセス都度で要素が変わってしまうログインページ

 

サイトのページアクセス都度、要素が変わってしまうケースを例に説明していきます。

 

今回例としているe-Taxのログインページも、[キャンセル]→[ログイン]の手順で、要素が変わってしまうことを確認しています。

要素が「maskat_widget_dojo_88127」に変わってしまう例。

 

因みに上図ページは、F5キーなどページ更新すると「maskat_widget_dojo_88」の要素になります。

 

Bitwardenのカスタムフィールドを設定しても自動入力できない場合は、要素を再チェックしてみてください。

 

また「PCとスマートフォンで要素が変わるサイト」ですが、サイトの作りが悪いとしか言いようがありません。

 

なぜかというと、PC・スマホ両サイトをメンテナンスする二重の手間が発生している、つまりは「それだけ不具合のリスクがはらんでいる」わけですね。

 

本当にそのサービス、オンラインで使う必要あります?

もう一度考え直した方がいいかもしれませんね。

 

まとめ

 

Bitwardenのカスタムフィールドを活用すれば、入力フィールドが複数入力あるログインページも自動化できます。

 

ただ、アクセス都度で要素が変わってしまうページや、サイト自体の作りが悪いサイトは、カスタムフィードを使った自動入力を諦めたほうが良さそうです。

 

また、Bitwardenカスタムフィードは次のような使い方もできます。

  • チェックボックスのON/OFFにも対応可
  • その他のログインに必要な情報を自由にメモする使い方
  • 「ひみつの質問」など、非表示にして登録する使い方

眠らせておくには惜しい機能ですので、ぜひ活用しましょう。

  • この記事を書いた人

どうなの

デジタルの「わかりにくい・ズバり知りたい」をわかりやすく。 システム管理のプロが「安全・便利に使う」ICTノウハウ発信中

-セキュリティ
-