1Password 8 for iOS【6つの改悪】買い切りの方は要注意!

2022年8月9日、1Password の最新バージョン「1Password 8」がリリースされました。

1Password 8 は、従来の1Passwordとはまったくの別アプリです。

そのため、iPhoneにApp Storeから「1Password 8」をインストールすると、下図のように1Passwordアイコンが2つ出現します。

左:1Passowrd 8、右:従来の1Password

ですが、従来の1Passwordアプリ(以下「1Password 7」と表記します)を削除して、すぐに1Password 8へ切り替えるのはちょっとお待ちください。

なぜなら、

使えなくなった6つの機能の、

影響が大きいからです。

1Password 8 改悪ポイント

  • 日本語検索できない
  • スタンドアロン保管庫がない
  • Apple Watch連携がない
  • 1Passwordブラウザ機能がない
  • プライベートリンクが機能しない
  • パスワード一括で選択できない

では実際、どのような場面で支障が生じるのか?

以下順に解説していきます。

1. 日本語検索できない

例えば、1Passwordにクレジットカードとして「○○カード」「△△カード」を登録していたとします。

従来だと、検索ボックスに「カード」と入力すれば「○○カード」「△△カード」検索結果に表示されていました。

しかし1Password 8からは、「カード」と検索しても「○○カード」「△△カード」いずれも検索できない仕様となってしまいました。

また「検索」機能は以下の仕様変更もあり、かなり使いづらくなっています。

バージョン検索の仕様
従来バージョン「お気に入り」「カテゴリー」「タグ」など、どこからでも検索できた
1Password 8「検索」からしか検索できなくなった

2. スタンドアロン保管庫が廃止

1Password 7では、保管庫を「iCloud」または「Dropbox」といったクラウドストレージに格納する「スタンドアロン保管庫」という機能が備わっていました。

ずっと1Passwordを無料で使い続けることができた裏技的な機能ですが、1Password 8で廃止されています。

そのため、今後1Passwordを使い続けるには、「有料版へ切り替える」しかなくなってくるでしょう。

因みに、1Passwordは「ソースネクスト」からだと、公式価格よりもだいぶおトクに購入することができますよ。

クーポンコード価格
3年版ダウンロード版1PASS-22100110,978円9,978円
ファミリー3年版ダウンロード版1PASS-22100218,480円16,480円
クーポンコード入力でさらにおトク!

ソースネクストを見る

関連記事
ソースネクストで1Passwordを買い切り購入して使いはじめる手順

続きを見る

3. Apple Watch連携の廃止

iPhone SE2および、iPhone XRで確認していますが、Apple WatchとiPhoneの1Passwordアプリが連携できなくなりました。

どのようなことができたのか?というと、「iPhoneの1Passwordアプリから、Apple Watchにパスワードを追加できた」機能です。

そのため今後、Apple Watchのキーチェーンと連携してパスワードを追加するには、以下のiOSデバイスが必要になりました。

  • iMac Pro (2017 and newer)
  • iMac (27-inch 2020 and newer)
  • MacBook Pro with Touch Bar (2016 and newer)
  • MacBook Pro (2018 and newer)
  • MacBook Air (2018 and newer)
  • Mac mini (2018 and newer)
  • Mac Pro (2019 and newer)
  • Mac Studio

公式「1Password Spport」より引用

4. 1Passwordブラウザ機能の廃止

1Passwordアプリ内、安全なブラウジングを実現していたiOS限定の機能でした。

⇒「1Passwordブラウザ」詳しくはコチラ

これからは、Safariに1Passwordを追加して使う「機能拡張」設定は必須ですね。

関連記事
【iOS版1Password】iPhone Safari「機能拡張」設定方法

続きを見る

5. プライベートリンクが機能しない

登録したパスワードへ、ショートカットでアクセスできるリンクを取得する機能です。

左図:1Password 8、右図:1Password 7

このプライベートリンクをリマインダーアプリに登録しておくと、1Passwordに登録した他の情報とリンクするような管理ができるので、契約の見直しでとても活躍してくれる機能です。

ですが、1Password 8 だとショートカットアクセスが「10回やって8回は失敗する」レベルであり、正直使いものになりません。

6. パスワードを一括で選択できない

パスワードをすべて選択して、一括でコピーまたは移動させることができなくなりました。

そのため、ソースネクストで「買い切り3年版」1Passwordを購入している方は、3年目のタイミングで1Passwordの新しい保管庫へパスワードを移行する重労働が待っています。

一応、「アイテム」からパスワードを "左にスワイプ" すると、複数パスワードを選択できます。

しかし、画面表示内のパスワードしか選択できなかったり、選択にチェックが入らなかったり挙動があやしいです。

よって、「一括でパスワードを選んでの移動&コピーはできない」皆さんに説明できる品質ではないと判断しています。

数十アイテムならともかく、筆者のように登録数が200以上あるパスワードを複数に分けて移行しなければならないのは、苦行ですね。

なお本件について、「きちんと一括で移動する方法ないの?」1Passwordサポートへ問い合わせ中です。

新しい情報入り次第、追記したいと思います。

1Password 7 アプリへ戻す方法|iOS版インストール先

「1Password 7 アプリ削除した!

リンク先App Storeから、1Password 7 バージョンのアプリをインストールできます。

App Store > 1Password 7.9.9(2022年9月12日現在)

※デベロッパ情報が「AgileBits Inc.」であることを、必ず確認してください。

App Store内「1Passsword」検索してもヒットぜず、早々にApp Storeから削除される可能性がありますので、お早めのインストールをおすすめします。

さいごに

1Password 8で使えなくなった機能

  • 日本語検索できない
  • パスワード変更履歴がない
  • スタンドアロン保管庫がない
  • Apple Watch連携がない
  • 1Passwordブラウザ機能がない
  • パスワード一括移動ができない

1Password 8バージョンのアプリには、主に視認性の向上を目的とした3つの機能が追加されています。

  • ホーム画面がカスタマイズできる
  • コレクション機能で保管庫をグループ化
  • Watchtowerでリスク見える化

ですが、パスワードを使う側の "導線" を考えられている「さすが1Password!」といった真新しさは感じられませんでした。

今後、AppleやGoole、Microsoftといった大手3社は、2023年までに「パスワードのないサインイン」パスワードレス拡大を、自社のプラットフォームでサポートすることを表明しています。

つまり、

「Apple IDでログインする」

「Googleでログイン」

の普及が進み、パスワード管理が不要になることは様相を呈しています。

1Passwordのようなパスワード管理サービスは、単に「パスワードが管理できる」当たり前のことをしていてもダメだということですね。

\クーポンコードでさらにおトク/

クーポンコード価格
3年版ダウンロード版1PASS-22100110,978円9,978円
ファミリー3年版ダウンロード版1PASS-22100218,480円16,480円

ソースネクストを見る

関連記事
ソースネクストで1Passwordを買い切り購入して使いはじめる手順

続きを見る

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。 ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。 安全&便利なICTノウハウ発信中

-iPhone, ITガジェット