1Password Safari「機能拡張」の設定方法と便利な使い方

2022年4月4日

パスワード管理アプリ「1Password(ワンパスワード)」を、iPhoneのSafariで設定して、便利に使う方法をわかりやすく解説していきます。

1Password 3年版セール情報

1人用ファミリー(5人用)
12,800円21,480円

ソースネクスト を見る

日本語サポートで、使いはじめも安心&安全

1Password Safari「機能拡張」の便利な使い方とは?

Safariの画面を離れずに、1Passwordに保存している情報を扱うことができます。

例えば、楽天カードの「第2パスワード」や「本人認証サービス」など、ログインとは別のパスワードの入力が必要なシーンです。

通常であれば、第2パスワードを確認するため、Safariの画面を離れなければなりません。ですが、1Passwordにかかってしまえばご覧の通りです。

つまり、アプリを往来する手間が発生しないため、生産性が下がりません。

\1Passwordを安全&お得にゲット/

ソースネクスト を見る

Safari × 1Passwordの活用シーンがイメージできたところで、実現方法を以下解説していきます。

1Password Safari「機能拡張」使いはじめの準備

前提として、iPhoneに1Passwordアプリをインストール済みであることを条件としています。

iPhoneで1Passwordを使えるようにする設定

iPhone[設定]>[Safari]>[機能拡張]>[1Password:オン]にします。

iPhone[設定]>[パスワード]>[パスワードオプション]>[1Password:オン]にします。

1Password Safari「機能拡張」の設定

Safariを開き、[ぁあ]>[1Password]>[設定]の順にタップします。

設定メニューから、下図参考に[自動入力]をオンにします。

主に、「パスワードの保存や自動入力を提案する、Apple IDでログインする」などを有効にする設定です。

Safariで1Passwordを使うための準備は以上です。

Safari「追加のアクセス権が必要です」が表示されたら?

Safariで適当なサイトを開くと、1Passwordが「追加のアクセス権が必要です」と聞いてきます。

1Passwordを使いパスワード入力するので、"安全なサイトのみを許可"するように設定します。

iPhone× 1Password「機能拡張」で時短化!

Safariの画面から離れずに1Passwordを使うための設定でした。

アプリの往来なくSafariのみに集中できるので、生産性が下がりませんね。

iPhoneで1Passwordを使うなら、Safariの「機能拡張」を設定することをおすすめします。

1Password 3年版セール情報

1人用ファミリー(5人用)
12,800円21,480円

ソースネクスト を見る

日本語サポートで、使いはじめも安心&安全

当サイトでは、1Passwordを使った便利技をたくさんご紹介しています。

  • この記事を書いた人

どうなの

ITの「わかりにくい」をズバり!わかりやすく。
デジタルを便利に&安全に使うノウハウ発信中🚀
中の人は、情報セキュリティ資格を有するITのプロです。

-iPhone, パスワード管理
-