「プライベートリレー」とは?仕組み&不具合多発が納得な理由

iOS15からの新サービス「iCloud+」の新機能、「プライベートリレー」が影響する不具合が後を絶ちません。

そのため iOS 15以降へのアップデート、ためらっていませんか?

結論としては、基本「iPhoneでプライベートリレー機能を停止」設定してしまえば、世間をにぎわせているようなトラブルは回避できますよ。

そこで本記事では、「プライベートリレーとは?仕組みから、なぜ不具合が発生してしまうのか?」から「プライベートリレーを即オフにする方法」について、ICTに疎い・ニガテといった方が読み進められるよう解説していきます。

「プライベートリレー」とは?仕組み

インターネットで訪れる場所を、

追跡するプログラムから隠してくれる、

iCloud+の機能です。

ちょっと難しいですね。

例えば、超有名な芸能人の方が「サングラス」「マスク」程度の変装で出歩いているとします。

すると、ファンに囲まれ、家についてきたりで、プライバシーが侵害されてしまいますよね。

そこで、「プライベートリレー」という、窓にスモークを貼った車の出番です。

ファンに出待ちされていようが、スモークのおかげで車に乗っている人は見分けられません。

つまり、プライバシーが保護されることになります。

「プライベートリレー」発生中の不具合

「Web通信を伴うサービスがうまく提供されない」

各キャリアが展開している、次のようなサービスで問題が発生しています。

プライベートリレーの問題

  • ギガ放題なのに課金が発生する
  • Web安心サービスで閲覧制限できない
  • アクセス制限したサイトに繋がらない
  • 通信エラーでアプリが起動しない

「プライベートリレー」仕組みからズバリ「プライバシー過保護」

なぜ、「プライベートリレー」の機能で不具合が発生してしまうのか?ズバり、

あなたのプライバシーを隠す、

過保護がすぎるんです。

つまり、「親バカ」ですね。

背景には、あなたがiPhone(iOS)を使う上で、

「どのようなルートで・どのようなサービスにアクセスしているのか?」

傾向から、趣味・嗜好性といったどストライクな好みを、AI技術で分析されている事実があります。

最たる例として、Googleの「アナリティクス」ずっと追跡されまくりな件ですね。

関連記事
Safari「プライバシーレポート」とは?見方わかりやすく解説

続きを見る

どのサービスも使っている「トラッキング(追跡)」という技術であり、「タダでサービスを提供しているわけではない」典型です。

そしてApple社は、どストライクを解析されている事実について、「気持ち悪っ!」嫌悪感を示される方がいらっしゃること、知っています。

だからこそ、プライバシー秘匿の機能を強化する「プライベートリレー」が開発されたんですね。

因みに2021年12月現在、プライベートリレーは「ベータ版」、つまりお試しの機能となっています。

注:iCloud プライベートリレーは、国や地域によっては利用できません。また、現時点では iOS 15 および iPadOS 15 のベータ版の機能です。

Apple公式情報

「プライベートリレー」オフにする手順

iPhone機種でiOS 15アップデート後の手順です。

「設定」→「自身のApple ID」→「iCloud」→「プライベートリレー」の順にタップし、次画面に表示される「プライベートリレー」をオフにすればOKです。

画像元:楽天モバイル

上記手順で「「プライベートリレー」はiCloud+に含まれています。」表示される方は、特に対処する必要がありません。

画面右上のバツ(×)をタップして終了です。

まとめ

iOS 15で何かとトラブルが多い「プライベートリレー」停止方法から、なぜトラブルになってしまうのか?解説でした。

Apple社による、あなたのプライバシーを隠すための「親バカが過ぎる」、このような理解でOKでしょう。

プライベートリレー機能はまだ「ベータ版」です。今後のブラッシュアップに期待しましょう!

-iPhone, セキュリティ