iOS15.4アップデート「保存済みのパスワードにメモを追加」機能の【潜在能力】わかりやすく解説

iOS15.4がリリースされ、マスク着用ままFace IDロック解除の機能が注目されています。

ですが、コロナ禍な昨今を象徴した「iPhoneの使い勝手を良くする”一過性の機能”」にすぎません。

その陰に身をひそめてしまっているアップデートのひとつに、iPhone内でパスワードを管理する「iCloudキーチェーン保存済みのパスワードにメモを追加」機能があります。

この機能ですが、あなたも一度は経験している「パスワード以外の情報を管理できない問題」、ズバり解消してくれるであろう優れものですよ。

そこで本記事では、iCloudキーチェーンに追加された「パスワードにメモを追加」機能こそ、iPhoneユーザーの生産性を下支えする秀逸な機能である切り口で、iOS15.4をレビューしてみます。

iOS15.4「保存済みパスワードにメモを追加」とは?

iOS15.4 リリース情報より抜粋です。

「パスワード」にある保存済みのアカウント情報にメモを追加できます。

Apple「iOS 15で利用できる新機能」より抜粋

iPhoneに組み込まれているパスワード管理「iCloudキーチェーン」に、自由なテキストを入力できる機能が備わりました。

具体的には、これまでパスワードを使う場面で困っていた「2つのシーン」で活躍してくれることでしょう。

iOS15.4「保存済みパスワードにメモを追加」活用2つのシーン

  • パスワード識別情報の補足
  • ログイン以外のパスワード管理

楽天ログインを例として、以下順に説明していきます。

パスワード識別情報の補足

パスワードを視認、判断できる自由なテキストを補足できるようになりました。

これまでは、ログインIDやパスワード、Webサイトのアドレスから、該当するサービスとして、例えば「楽天ログイン」の識別が難しい可能性がありました。

iCloudキーチェーンに登録したパスワードに「楽天ログイン」のようなメモを保存することで、iPhoneの「設定 > パスワード」から、「楽天」をキーワードとして検索することができるようになりました。

iPhone「設定 > パスワード」メモ使用例

ログイン以外のパスワード管理

アカウントの詳細表示から、復旧キー情報、セキュリティ質問のヒント、PIN番号などのメモを加えましょう。

Apple「iOS 15で利用できる新機能」より抜粋

楽天カードのオンラインサービス「楽天e-NAVI」を例に、「第2パスワード」および「本人認証サービス」の情報をメモすると使い方もできますね。

パスワード範囲を指定し、「コピー」することもできます。

これまでバラバラに管理していたパスワード以外の情報ですが、これでiCloudキーチェーンに集約して管理できますね。

iCloudキーチェーンの安全性

これらのメモは、パスワードと同じようにエンドツーエンドで暗号化され、iCloudキーチェーンを使ってあなたのデバイス間で同期されます。

引用:iOS 15で利用できる新機能

また、Appleサポート「iCloud キーチェーンでは情報がどのように保護されますか?」でも、次のような情報があります。

  • 最高水準のエンドツーエンドな暗号化
  • デバイスと認証コードの組み合わせで使用できる
  • データ転送中、保管時も本人以外だれも読み取れない

つまり、iPhoneデバイスで然るべき本人の認証がなければ、何人たりともパスワード情報にはアクセスできない仕組みです。

それでも気をつけるべきiPhoneパスワード利用シーン

  • 後ろからの覗き見に気をつけて
  • フィッシングサイトへメモの内容貼り付けないように

後ろからの「覗き見」に気をつけて

後ろから、iPhone画面を覗き見る行為を「ショルダーハック」と言い、情報セキュリティでも警鐘を鳴らしています。

上述で用いた画面のとおりで、メモ欄は「*****」のようにフィルターされず、視認できてしまいます。

外出先、例えば電車の中のような「後ろから覗き見られる」場所では、パスワードの使用を控えましょう。

フィッシングサイトにメモの内容貼り付けないように

メモ欄の内容を貼りつけるログインページが正規サービスなのか?自己責任です。

詐欺、つまりフィッシングサイトと気づかずにメモの内容を貼り付けてしまい、「第2パスワード」や「本人認証サービス」のパスワードを盗み取られないよう、Webサイトのアドレスを確認するようにしましょう。

iCloudキーチェーンで「できない」こと

  • 登録済みWebサイトアドレスの変更
  • パスワード変更履歴
  • ファイル添付できない
  • ショートカットの作成
  • 分類別なパスワード管理
  • 離れた相手にパスワード共有できない

詳しくは別記事で説明しています。

関連記事
iCloudキーチェーンが1Passwordに勝てない理由は6つもある

続きを見る

iCloudキーチェーンの展望「iOS16でさらに進化予定」

AppleはiCloudキーチェーンを、iOS設定アプリ内のメニューとして維持することを主張しており、1PasswordやLastPassなどのアプリとの競争力を高めていますが、iOS16にはまだ希望があります。

引用元:9to5Mac

まだパスワード管理アプリには敵わないが、iOS 16で更なる進化を披露するであろう示唆しています。

まとめ

iOS15.4 アップデートで追加された「iCloudキーチェーン保存済みのパスワードにメモを追加」機能レビューでした。

  • パスワード識別情報の補足
  • ログイン以外のパスワード管理

iCloudキーチェーンでパスワード管理されていた方は、これまでバラバラに管理していたパスワード以外の補足情報を一元化できるメリットがあります。

一方では、パスワード管理アプリに匹敵するレベルではなく、かゆいところに手が届かないケースもあるでしょう。

更なる機能改良に注目ですね。

-iPhone, IT管理術, セキュリティ
-