iPhone「ローカルネットワーク上のデバイスの検索、接続」安全性わかりやすく解説

IPhoneにアプリをインストールし、初めて起動したときに表示される場合があります。

”アプリ”がローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続を求めています。

このAppで、使用中のネットワーク上のデバイスの検索および接続ができるようになります。

許可していいの?

もし問題があった場合、どのように対処すればいい?

そこで本記事で、iPhoneに「ローカルネットワークの検索、接続」表示されたとき、

  • どのように判断して、
  • どう対処すればいいのか?
  • 見直しの仕方

デジタルに疎い・ICTニガテな方でも読み進められるよう、わかりやすく解説していきます。

「ローカルネットワークの検索、接続」の意味

まず、なぜiPhoneが「本当に許可していいの?」聞いてくるのか?

理由するには、メッセージの以下用語を理解しておかなければいけません。

「ローカルネットワーク」とは?

iPhoneでのローカルネットワークとは?繋いでいるWi-Fi名で判断できます。

例えば下図を例に、Wi-Fi名「どうなのWi-Fi」がローカルネットワークという理解でOKです。

「デバイス」とは?

次のような機器を”一括り”に「デバイス」と表現しています。

  • ゲーム機(例:ニンテンドーswitch)
  • 家電(例:テレビ)
  • パソコン、プリンター

もちろん、iPhoneなど他のスマホあれば、同様に「デバイス」という位置づけです。

「ローカルネットワークの検索、接続」許可していいか?判断方法

ズバり、

同じWi-Fiに繋がっている他のデバイスに、

そのアプリ、本当にアクセスする必要ある?

これが”理解できない・説明できない”ようであれば、「許可しない」としましょう。

「ローカルネットワークの検索、接続」間違えて「許可」したら?

  • 許可したら、どうなる?
  • 許可を取り消す方法

以下順に説明していきます。

許可したら、どうなる?

アプリによりけりです。

真っ当なアプリであれば、ローカルネットワーク内を必要最低限「お散歩」する程度でしょう。

以降、「悪質なアプリ」を想定して説明しますと、

Wi-Fiに接続されたデバイスの存在、通信の統計すべてバレます。

具体的には、以下情報がバレると思ってください。

  • デバイス名
  • デバイスのメーカー
  • 通信先の情報

また、Wi-Fi機器が古い暗号化レベルしか設定できないと、通信データを覗かれたり、Wi-Fiを乗っ取られる場合もあります。

関連記事
iPhoneのWi-Fi「プライバシーに関する警告」意味&対処法わかりやすく解説

続きを見る

つまりは、不用意に「許可」してはいけないということですね。

「ローカルネットワークの検索、接続」 許可を取り消す方法

間違えて「拒否・許可」設定してしまった場合また、現在の設定状況を確認する方法です。

iPhone「設定」→「プライバシー」→「ローカルネットワーク」→下図すべて「オフ」の状態

Googleフォトは、「OK Google」と話しかけ、いろいろできるアレですね。

BRANCHE 楽天市場店
¥3,980 (2021/12/26 19:52時点 | 楽天市場調べ)

筆者は使わないので、当然「ローカルネットワーク:オフ」にしています。

「ローカルネットワークの検索、接続」必要な例

許可してOKな場合として、「おもいでばこ」を例に説明します。

バッファロー
¥27,527 (2021/12/26 18:38時点 | Amazon調べ)

Googleフォトが写真・動画を容量無制限で保存できなくなったので、代替の方法としてうってつけなのですが、お使いのiPhoneアプリから写真を自動保存するため、Wi-Fiのローカルネットワーク接続します。

このように「ローカルネットワークの必要性を理解し、説明できる」ことが大事ですね。

まとめ

iPhoneにインストールしたアプリに「ローカルネットワークの検索、接続」求められたときの対処法でした。

  • 不用意に「OK」押さない
  • 理解・説明できない場合「許可しない」
  • 設定は「プライバシー」からチェックできる

大事なことなので繰り返しますが、

不用意に「許可しない」ことを心掛けましょう。

プライバシーの設定は、後でいくらでも変更できますので。

-iPhone, セキュリティ
-,