Wi-Fi「非公開ネットワーク」Apple社が危険と警告する理由ズバり解説

Wi-Fi機器で「ステルス」と呼ばれる、ネットワークに表示させない設定にしている場合、iPhoneは「非公開ネットワーク」という警告が表示されます。

Apple社は、何が問題だと指摘しているのでしょうか?

そして、一般的に「Wi-Fiを非公開にしたい理由」とは?

Wi-Fi設定「公開」へ変更した後に気をつけたい設定についても、本記事で解説していきます。

iPhoneが「非公開ネットワーク」警告する理由

iPhoneが「非公開」のWi-Fiにつなぐため、「Wi-Fi名をずっと連呼し、探しまくっているから」です。

電波の流れとしては、以下の通りですね。

Wi-Fi電波の流れ

▼ Wi-Fi「公開」している場合

「Wi-Fi ー>->-> iPhone」

※Wi-Fiから電波を送信し、iPhoneが受信する仕組み。

▼ Wi-Fi「非公開」の場合

「Wi-Fi <-<-<- iPhone」

※iPhoneが非公開Wi-Fiを探しに行く仕組み。

Wi-Fi「非公開」について、もう少し具体的に説明すると、例えば、「どうなのWi-Fi」というWi-Fiがあったとします。

iPhoneは外出先であろうと、

「おーい!どうなのWi-Fi!どこ?!」

人目をはばからず声を出して探す

これが「非公開ネットワーク」の特徴です。

そのため、世間様からしてみれば「どうなのWi-Fi」存在もろバレですよね。

例え場所が「東京、大阪、アメリカ、ヨーロッパ、北極どこであろうと」です。

あまり意味のないどころか、

iPhoneがあらゆるシステムにWi-Fi名を問い合わせているけど、いいんですか?

これがApple社が警告している、以下理由です。

ネットワーク名を非表示にしたからと言って、そのネットワークが検知されなくなったり、不正アクセスから保護されたりするわけではありません。

引用元:Appleサポート

次に、なぜ巷ではWi-Fi名を非公開にしたがるのか?説明していきます。

Wi-Fiを「非公開」にしたい理由2点

「Wi-Fi名の非公開」がセオリーと思われる2つの理由です。

  • Wi-Fiタダ乗りを防ぐため
  • Wi-Fiへの攻撃を防ぐため

以下順に説明していきます。

Wi-Fiタダ乗りを防ぐため

第三者による、無断でWi-Fiを使われるのを防ぐためです。

例えば「どうなのWi-Fi」がiPhoneのWi-Fi設定に表示されたとします。

それを見た隣に住んでいる人が、「もしかしたら使えるかも…」など考え、アクセスを試みるかもしれませんね。

下図、iPhoneの「設定>Wi-Fi」見せられないよ君が隠しているWi-Fi名の範囲、ここに表示させないのが目的です。

因みにWi-Fiタダ乗りの被害って、世間一般的に「よくある事象」みたいです。

Wi-Fiタダ乗りする方もリスクありますよ。

例えばパスワードなど、入力や通信の情報引っこ抜かれますので、絶対にやめておきましょうね。

Wi-Fiへの攻撃を防ぐため

Wi-Fi名を公開したくない、本当の理由ですね。

Wi-Fi一覧で視認できる、つまりは外部から攻撃できることを示します。

最たる例としては、「Wi-Fiの乗っ取り」「DDoS攻撃」ですね。

DDoS攻撃とは…Wi-Fiへ処理が追いつかなくなるほど大量の情報を送りつけて、使えなくさせるサイバー攻撃の一種。

攻撃されるにしても、なにより「Wi-Fi乗っ取られない」対策が最重要です。

Wi-Fi「公開」に伴うセキュリティ対策は?

ここまでお読みいただき、なんとなくWi-Fiの仕組みをご理解いただけたかと思います。

そうすると次に知りたいことは、

Wi-Fi公開したうえで、

近隣から攻撃されない、

具体的な対策を知りたい。

ですよね。

ズバり、以下Wi-Fi機器で次の対策することが必要です。

  • Wi-Fi暗号化を強化する
  • 新しいWi-Fi接続を知らせる機能
  • Wi-Fiアクセスの制限

以下順に説明していきます。

Wi-Fi暗号化を強化する

Wi-Fi乗っ取り対策からして、まずWi-Fiにタダ乗りされない対策が前提です。

具体的には、Apple社も推奨しているWPA2-PSK(AES)以上の暗号化レベルを設定する」ことが求められるでしょう。

この「AES」というWi-Fiセキュリティは2004年くらいから普及していますが、いまお使いのWi-Fi機器の設定で「AES」という文字を見かけないようでしたら、買い替え時期ですね。

新しいWi-Fi接続のお知らせ

新しいデバイスがWi-Fiに接続したら、メールや専用アプリなどに通知してくれる機能です。

Wi-Fiタダ乗り「事後に検知」される仕組みですが、乗っ取られている実態を把握できないよりはマシです。

Wi-Fiアクセスの制限

iPhoneなどのお使いのデバイスに埋め込まれている、識別番号「MACアドレス」を使いアクセス制御する方法です。

ただし、Wi-Fiアクセス制限は常にチェックしている状態となるため、Wi-Fiの負荷が高くなる傾向です。

アクセス制限は、タダ乗り・攻撃されている兆候がなければ設定しない方がよいでしょう。

Wi-Fi「公開」対策おさらい

  • Wi-Fi「WPA2-PSK(AES)」以上の暗号化設定
  • 新しいWi-Fi接続を知らせる機能
  • Wi-Fiアクセスの制限

【参考】3つの要件を満たすW-Fi機器

まずはWi-Fi利用状況の見える化を

Wi-Fi「非公開」設定は、セキュリティ的に意味がないどころか、Wi-Fiを公言している状態です。

しかし、近隣でWi-Fiリスクに直面している場合は「非公開」効果的(かもしれない)事実もあります。

まずは「Wi-Fiの見える化」し、Wi-Fiタダ乗りされてないか?利用実態チェックされては如何でしょうか。

関連記事
iPhoneのWi-Fi「プライバシーに関する警告」意味&対処法わかりやすく解説

続きを見る

-iPhone, セキュリティ
-