🌐ICT

【ノートPCの選び方】IT管理者7つの視点

「外でも使えるノートPCって、どうやって選べばいいの?」

「最近の流行りの傾向も知りたい」

 

企業で15年IT管理をやっている筆者が、外出が多い社員向けにノートPCを選ぶポイントについて説明します。

選ぶポイントは

  • 外でもインターネットがつながる
  • スマホみたいに画面タッチ操作できる
  • 肩掛けのリュックに入るサイズ感
  • 軽いほどよい
  • 耐久性

いいトコどりオールインワンなノートPCを選ぶポイント

ノートPCは「時間、場所問わず使える」最近の傾向です。

  • 機能性:外でも使えるSIM内蔵モデルを選ぶ
  • 使い勝手:画面タッチ操作できるモデルを選ぶ
  • 携帯性『大きさ、重さ、駆動時間』メーカ基準で選ぶ
  • 信頼できるメーカー品を選ぶ

1.外出先でインターネットにつながるSIM搭載モデル

ノートPC本体にSIMを挿入できる”SIMフリー/LTE対応"モデルがあります。

PCの電源を入れるだけ、外でもインターネットに接続し使うことができます。

2.画面タッチ操作、タブレットとして使える

スマホのように、画面を指や専用のペンで操作できる2種類のタイプがあります。

  1. 『2 in 1』モデル:画面とキーボードを分離できる
  2. 『コンバーチブル』モデル:画面を360°回転できる

「あれ?マウスのカーソルどこいった??」

見失っても画面タッチでカーソルが戻ってきます。

もはやマウスはいりません。

3.画面サイズはカバンに入る14インチ以下

『14インチ=用紙A4サイズ』程度、実際の利用シーンは次の通りです。

  • 旅先や映画館でもらえるパンフレット程度
  • 10インチ前後のタブレット端末よりも画面が大きく見やすい

やや大きめの肩掛けカバンであれば、14インチ以下のノートPCを携帯できます。

4.重さは1.3kg以下

価格.comという比較サイトで「14インチで2 in 1モデル」絞り込んだ平均重量です。

500mlのペットボトル2本、軽食をリュックに入れて山登りする重さです。

軽いに越したことはありませんが、重さは主にバッテリー容量に比例しますので、後述をご参考にしてください。

5.バッテリー駆動12時間以上

JEITAというバッテリー動作時間測定法の条件で、どのメーカーのノートPCも標準値です。

24時間駆動するタイプもあるようですが、前述の通り「主にノートPCの重さはバッテリーに比例」しますので、12時間バッテリー駆動できれば、アクティビティには十分です。

6.耐久性テストを行っている

実際の使用状況に即したテストを行っているか?自社の製品サイトで明示しているかです。

  • 落下テスト
  • 高温や低温条件でのテスト
  • 繰り返しカバーを開閉するヒンジテスト

安いノートPCは、この耐久テストをおろそかにしており、数ヶ月使用で故障するケースが多いです。

持ち歩くことが多ければ、上記の耐久テストを行っているかは重要なポイントです。

7.実績のあるメーカー品を選ぶ

価格が高くても選ばれる理由、それは"メーカーが培ってきた信頼・サポート力"です。

 

中国製のノートPCは安価ですが、製品の品質・セキュリティ・いざというときのサポート体制を考えると、おすすめできません。

理由として、Amazonで販売している中国メーカーの低いレビュー評価を見ると、一目瞭然です。

その点、国内や大手海外メーカーは専用のサポート窓口を設けています。

そのため、いざ故障したときの問い合わせ対応もていねい、スムーズなので安心です。

実績のある国内メーカー

実績のある大手海外メーカー

どのメーカー製品も初期不良、故障はつきものです

信頼と実績のあるメーカー品を選ぶようにしましょう。

おすすめのノートPCはこれ!

HP Elite x2 G4 使いこなし自由自在のプレミアム・2 in 1 タブレットPC キャンペーン2(8QU66PA・Core i5/8GB/256S/SureView/LTE)

HP Elite x2 G4 使いこなし自由自在のプレミアム・2 in 1 タブレットPC キャンペーン2(8QU66PA・Core i5/8GB/256S/SureView/LTE)

※外出先でインターネットが使用できるタイプは「LTEモデル」です。

選ぶ基準おすすめ製品
①外でインターネット接続Nano SIM(LTEモデル)
②画面タッチ操作、タブレット型コンバーチブル型
③画面サイズ13.3インチ
④重さ約 840g
⑤バッテリー駆動最大 12.25時間
⑥耐久性最大120,000時間の耐久テストをクリアする品質
HP Product Quality参照
⑦製品メーカーの信頼性国内で55年以上の実績
国内420拠点以上の保守拠点あり
⑧PCの性能CPU、メモリ、ハードディスク
いずれもハイスペック

まとめ|IT管理者のノートPCの選び方

今回、アクティビティのお供を選ぶ基準を紹介しました。

  • 機能性:外でも使えるSIM内蔵モデルを選ぶ
  • 使い勝手:画面タッチ操作できるモデルを選ぶ
  • 携帯性『大きさ、重さ、駆動時間』メーカ基準で選ぶ
  • 信頼できるメーカー品を選ぶ

安物買いの銭失いにならないよう、最低5年は使えるノートPCを選ぶようにしましょう。

\楽天スーパーSALE!ポイント最大43倍!/

  • この記事を書いた人

どうなの

ITの組み合わせ【ICT】で人生を楽しむプロ|家計見直しのポイント【ライフサイクル化】」にあり|企業5社を渡り歩いてきたIT管理15年のノウハウをお届けします。

-🌐ICT
-,

© 2021 ITのかけ算