バグ&不具合のないセキュリティソフトを比較!5社製品ランキング

デジタルの安全性を担保するためのセキュリティソフトですが、いざという時に「バグって守ってくれなかった!」では、本末転倒です。

そこで今回、「バグ&不具合が少ないセキュリティソフト」を、情報セキュリティ資格を有するIT管理プロがご紹介します。

安全なデジタルライフを担ってくれる、セキュリティソフト選びの参考にしてみてください。

バグ&不具合を比較したセキュリティソフト5社

今回、比較したセキュリティソフト会社はコチラ。

日本国内のユーザー数も多い、個人向けセキュリティソフト製品を選び、評価しています。

関連記事
no image
セキュリティソフト個人シェアトップ10【2023年最新】

続きを見る

セキュリティソフトのバグ&不具合を評価する観点

  • 間違ってブロックしないこと
  • 脅威の保護や、正しい動作を阻害しないこと

1. 間違ってブロックしないこと

「セキュリティソフトが誤ってAmazon、楽天市場をブロックして、お得なタイミングでお買い物できなかった!」といった、機会損失を招かない度合いです。

評価の方法として

第三者セキュリティ検証機関「AV-Comparatives」が、2018年~2023年までの6年間に実施したセキュリティテストのデータを集計し、誤ってブロックした数を算出しました。

出典:AV-Comparatives

結果はこちら

誤検知率社名|ソフト名テストの件数 / 誤検知数スコア
0.17%ESET|Internet Security8,649 / 16件5点
1.10%マカフィー|Total Protection8,649 / 87件4点
2.98%Microsoft|Microsoft Defender7,913 / 265件3点
3.64%ノートン|Antivirus Plus8,649 / 299件2点
4.84%トレンドマイクロ|Internet Security8,649 / 375件1点
※国内外で製品名が異なりますが、機能に大きな差はありません

1位の ESET に関しては、「正しいWebサイトアクセスをブロックする」また、「他アプリケーションの正しい動作をブロックする」可能性が "1,000回に一回程度である" という理解でよいでしょう。

2. 脅威の保護や、正しい動作を阻害しないこと

2020年~2023年で発生した不具合、トラブルの件数をまとめた結果です。

発生件数ソフト名スコア
0件マカフィー リブセーフ5点
1件ウイルスバスター クラウド4点
2件ノートン 3603点
3件ESET インターネットセキュリティ2点
5件Microsoft Defender1点

どのような不具合なのか?後述します。

セキュリティソフトのバグ&不具合ランキング

スコアの集計から、バグや不具合の少ないセキュリティソフトをランキング形式で発表します。

1位:マカフィーリブセーフ(9点)

■誤検知率:2位(4点)でした。

誤検知率社名|ソフト名テストの件数 / 誤検知数
1.10%マカフィー|Total Protection8,649 / 87件
※国内外で製品名が異なりますが、機能に大きな差はありません

■不具合: "ゼロ" で、1位(5点)でした。

2位:ESET インターネットセキュリティ(7点)

■誤検知率:1位(5点)でした。

誤検知率社名|ソフト名テストの件数 / 誤検知数
0.17%ESET|Internet Security8,649 / 16件

■不具合:4位(2点)で、主にブラウザー関連のトラブルでした。

発生年月(降順)不具合の概要
2023年3月Microsoft Edgeブラウザーが真っ白になる
2023年2月ESETセキュアブラウザー機能の誤作動
2022年4月ESETセキュアブラウザーが起動できない

3位:ノートン 360(5点)

■誤検知率:4位(2点)でした。

誤検知率社名|ソフト名テストの件数 / 誤検知数
3.64%ノートン|Antivirus Plus8,649 / 299件
※国内外で製品名が異なりますが、機能に大きな差はありません

■不具合:3位(3点)で、主にアプリを誤って検知してしまうトラブルでした。

発生年月(降順)不具合の概要
2022年11月銀行アプリを誤検知する
2022年1月一部アプリを「危険」と警告する

3位:ウイルスバスタークラウド(5点)

■誤検知率:5位(1点)でした。

誤検知率社名|ソフト名テストの件数 / 誤検知数
4.84%トレンドマイクロ|Internet Security8,649 / 375件
※国内外で製品名が異なりますが、機能に大きな差はありません

■不具合:2位(4点)でした。

発生年月不具合の概要
2022年5月Microsoft Edgeブラウザーを誤検知する

5位:Microsoft Defender(4点)

■誤検知率:3位(3点)でした。

誤検知率ソフト名テストの件数 / 誤検知数
2.98%Microsoft Defender7,913 / 265件

■不具合:5位(1点)で、比較中もっとも多い5件のトラブル発生でした。

発生年月(降順)不具合の概要
2023年7月更新プログラムを何度もインストールする
2023年6月CPUの使用率が高くなる
2023年1月ショートカットファイルを破壊・削除する
2022年9月一部ブラウザーを誤検知する
2021年5月特定フォルダ内に大量のファイルを作る

Microsoft Defender 製品はコチラ

まとめ

バグ&不具合がないセキュリティソフトの紹介でした。

社名|ソフト名スコア
1位マカフィー リブセーフ9点
2位ESET インターネットセキュリティ7点
3位ノートン 3605点
3位ウイルスバスター クラウド5点
5位Microsoft Defender4点

※国内外で製品名が異なる場合でも、機能に大きな差がないため、この順位としています。

セキュリティソフトは「バグ&不具合がない」だけでは選ばない

セキュリティソフトは、バグ&不具合が少ないだけでなく、本当に安全なセキュリティソフトをおすすめします。

関連記事
no image
セキュリティソフトの安全性を比較!5社製品ランキング

続きを見る

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。
ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。
デジタルの安全性&便利に使うノウハウをお届けします。

-セキュリティ対策