Bitwarden「Send」の使い方|パスワードを安全に共有する

無料で使えるパスワード管理アプリBitwarden(ビットウォーデン)「Send」機能について解説します。

Bitwarden-send

使ってみたところ「なるほど、PPAPの代替案なのね」という結論です。

JAIPA資料「くたばれPPAP!」より

Bitwarden「Send」機能の特徴

 「Send」機能に関するBitwarden公式情報まとめ

  • 送信制限:100MBまでのテキストまたは添付ファイル
  • テキスト文字制限:1,000文字まで
  • 削除日:31日以内で設定可
  • 有効期限日:制限なさそう
  • 新しいパスワード:Sendにアクセスするパスワード

※添付ファイルは有料プレミアム契約が必要です。

秘匿性の高いパスワード管理アプリから、「ファイル」や「テキスト文字」をセキュアに送信できます。

Bitwarden「Send」使い方

iPhoneのBitwardenアプリでの使い方です。

BitwardenのSendを選択

アプリを起動し、「Send」タブから[+]ボタンのSendの追加を押下します。

するとまず、[ファイル]と[テキスト]を選択する画面が表示されました。

前述通り、Bitwardenでファイル送信は「有料のプレミアム会員」でないと使用できません。

筆者はBitwardenを無料で使っているので、テキストを選択してみました。

BitwardenのSend機能のオプションをみる

  • 有効期限
  • 最大アクセス数
  • パスワード

共有放置による情報漏えい対策として、共有する期間が指定できます。

またアクセス数を指定し、共有リンクの使いまわされるリスクも防げますね。

Bitwarden「Send」で送ってみる

「すべての SEND」表示から、送信するアイテム横[・・・]→[リンクを共有]を選択し、メールアプリを指定し送ってみます。

BitwardenのSend受信結果をみてみる

受信したリンクのURLを開くと、次のような表示です。

受信側はBitwarden登録不要、Bitwardenアプリのインストールも不要で表示できました。

ファイル送信も同様と推測できます。

まとめ

Bitwardenの「Send」機能の使い方でした。

Bitwardenを無料で使っている場合、ファイルは送信できません。

また有料・無料問わず「テキストが1,000文字以内」制限があります。

因みに、Bitwardenの参考価格です。

■年間10ドル、日本円で約1,000円弱

詳しくはコチラをCHECK

bitwarden有料・無料の機能比較
Bitwarden「有料と無料の違い」比較表

続きを見る

関連記事
無料パスワード管理「Bitwarden」使い方をIT管理プロが解説

続きを見る

-ICT管理, セキュリティ
-,