LINEを安全に使うには?【5分でできる!】個人・プライバシー保護するIT管理プロおすすめ設定

LINEからあなたの個人情報、またプライバシー情報がもれないようにするための設定ズバりを、IT管理15年プロである筆者が開設します。

LINEを安全に使う設定の流れ

LINE「①ホーム」から「②設定」をタップします。

LINEを安全に使う設定

下表設定一覧を参考に、できるだけLINEにも個人情報を読み取れないような設定にしましょう。

LINE項目名設定値
設定
プロフィール
名前他人が見て本人を特定できない名前
プロフィール画像・背景画像を設定他人が見て本人を特定できない画像
IDによる友だち追加を許可無効
フォロー情報を公開無効
プライバシー管理
IDによる友だち追加を許可無効
メッセージ受信拒否有効
Letter Sealing有効
アプリからの情報アクセス無効
情報の提供すべて無効
※ついでに「情報の削除」実行
広告の設定すべて無効
文字認識用の写真の提供を許可無効
アバター用の写真データの取得を許可無効
友だち
友だち自動追加無効
友だちへの追加を許可無効
LINE VOOM
LINE VOOM通知無効
フォローリスト不要なフォローをすべて解除する
※友だちには通知されませんのでご安心を
フォロー設定以下すべて無効
・フォローを許可
・フォロー情報を公開
アバターアバターの使用を許可無効

※記載以外の設定は初期値です。

LINEを安全に使うために知っておくこと

LINEのようなコミュニケーションツールは「相手がいること」が前提です。

そのため、安全性に対する意識が低い、無関心な方とのコミュニケーションには注意が必要です。

例えば、トークを暗号化する「Letter Sealing」ですが、トークしている相手も設定しないと暗号化の意味がありません。

ご自身がLINEプライバシー設定をきちんとしていても、「他人から自分の個人情報がもれていた!」なんてことだけは避けたいですね。

LINEを安全に使う設定まとめ

LINEを使う上で、他人が勝手にあなたの情報を読み取れないようにするLINEプライバシー保護おすすめ設定でした。

世の中の技術向上につれて、セキュリティのリスクも日進月歩です、

まずはご自身の情報を守るために、LINEのプライバシー設定から見直されてみては如何でしょうか。

▼ 子供に「費用を抑えてLINEを使わせる」方法お探しですか?こちらの記事が参考になります。

LINE(ライン)だけのスマホならiPhoneを選ぶ【2つの理由】

続きを見る

  • この記事を書いた人

どうなの

デジタルの「わかりにくい・ズバり知りたい」をわかりやすく。 システム管理のプロが「安全・便利に使う」ICTノウハウ発信中

-セキュリティ
-