マネーフォワードMEで連携できないPayPay【もっとも負担なく仕訳管理する方法】

本記事では、スマホのみでも家計管理できる「マネーフォワードME」アプリで、

PayPay支払い "もっとも負担なく” 管理する方法

IT運用管理プロの使い方をご紹介します。

この記事でわかること

  1. PayPay支払「食料品」「日用品」仕訳管理する方法
  2. PayPay仕訳管理のデメリット負担
  3. 負担を少なくしてPayPay払いを管理する方法

こんな方におすすめ

  • PayPayの支払「食料品、日用品」仕訳管理したい
  • 収支を家計簿アプリで一元管理したい
  • マネーフォワードME「手動で仕訳管理するコツ」知りたい

家計簿アプリ「マネーフォワードME」とは?

マネーフォワードMEは、スマホのみ無料でも使える「お金の流れを見える化」するアプリです。

”収支の可視化”は、家計改善の第一歩ですよね。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

そんなマネーフォワードMEアプリですが、QRコード決済の連携に課題があります。

マネーフォワードMEはPayPay連携非対応

マネーフォワードの公式情報より、PayPay決済の連携は非対応です。

現在、下記の連携には対応しておりません。

・PayPay
・楽天ペイ
・メルペイ

引用元:マネーフォワードME

ですが、全くPayPay支払が管理できないわけではありません。

マネーフォワードMEはヤフーカード改め「PayPayカード」は連携できます。

ですが、ここでも1つ課題が…

マネーフォワードMEに「ペイペイチャージ」が記録される

マネーフォワードMEに記録される

「ペイペイチャージ」って、

何に、どのくらい使っているの?

わからないんだけど…

そうなんです。

マネーフォワードMEでYahooカードを連携すると、入出金に「ペイペイチャージ」と記録されるんですね。

マネーフォワードME>家計簿>PayPay支出の見え方

そのため、食料品や日用品といった、

仕訳「カテゴリ」があいまいになり、

何にどのくらい使ったのか?

わからなくなる

このような課題ですね。

カード連携でできること

  • PayPayにチャージした金額がわかる
  • PayPay払いを設定したカテゴリへ仕訳

カード連携してもできないこと

  • カテゴリ「食料品」「日用品」識別した自動仕訳
  • PayPayチャージの残高チェック
  • PayPayボーナス(キャッシュバック)付与

じゃあ、マネーフォワードMEだとPayPay「食費」「日用品」何にいくら使ったか?わからなくなるのね?

大丈夫です!

きちんと仕訳管理する方法、2つほどありますよ!

どうなの


PayPay支払いを仕訳管理する「2つの方法」解説していきます。

マネーフォワードME|PayPayを仕訳管理する2つの方法

  1. PayPayアプリ「共有」からの手動支出
  2. 仕訳カテゴリの手動振替

以下順に説明していきます。

PayPayアプリ「共有」からの手動支出

  • PayPay用お財布をつくる
  • PayPayアプリと①を手動で連携する

以下説明してきます。

マネーフォワードME事前準備

手順

  • マネーフォワードME「PayPay」口座をつくる
  • 「入出金 > ペイペイチャージ」選択
  • 金額横の「支出」をタップし「振替」にする
  • 振替先①でつくった「口座」を設定すればOK

▼ うまく「振替」ができない場合

下図参考にブラウザーで 家計簿の設定変更 へアクセスし、「分類ルール」一覧表示から「ペイペイチャージ」の大項目・中項目を「作成した口座」へ変更すればOKです。

PayPayアプリ「共有」から手動支出する

PayPayで支払った後の「手動で」支出する手順です。

手順

  • PayPayアプリを開く
  • 「残高」から支払履歴をタップ
  • 「共有」をタップ(下図参考)
  • 「MoneyForward」選択し投稿
  • マネーフォワードMEで保存
画像元:マネーフォワードME

PayPayアプリ「共有」を使うメリット

メリット

  • 支出はリアルタイムで管理できる
  • PayPayボーナスも管理できる

PayPayアプリ「共有」を使うデメリット

デメリット

  • アプリの往来が手間
  • PayPay連携し忘れると後の突合が大変
  • 「ペイペイチャージ」は必ず実態とズレる

PayPayアプリ連携は「めんどくさい」

PayPayボーナスをマネーフォワードMEへ、「収入」として処理できるのが特徴です。

細かい仕訳管理は実現できますが、

  • 慣れないと混乱する
  • 負担が高い

マネーフォワードMEの「振替ルール」「分類ルール」設定あたりを熟知していないと、まともに運用できないでしょう。

詳しくは別記事で解説しています。

関連記事
マネーフォワードMEでPayPayが二重計上の問題を「秒」で解決

続きを見る

なにより、スマホアプリの往来がストレスです。

マネーフォワードを使い始めたばかりの方であれば、流れが複雑であり理解不能でしょう。

家計簿の負担を減らすためのツールなのですから、マネーフォワードME内の管理だけに集中したいですよね。

  • 直感的に使えること
  • 手順が覚えやすい
  • あまり細かい部分まで管理しない

最低限の入出金が一つの場所で「見える化」でき、且つ振り返りができるよう食料品、日用品などが仕訳できればOK!としたいですよね?

もっと楽にPayPayを管理したい!

そのような方向けに、手動の振替方法を以下説明していきます。

仕訳カテゴリを手動振替する

「ペイチャージ」記録されてから、食費や日用品を手動で変えるだけの運用方法です。

マネーフォワードME「ペイペイチャージ」手動で仕訳管理

この管理方法がおすすめな方

  • マネーフォワードME使いはじめの方
  • 家計簿を毎日チェックできない方

忙しくて毎日チェックできないよ!という方にベストな方法です。

「ペイペイチャージ」手動振替の手順

マネーフォワードMEアプリ内「入出金」一覧に、「ペイペイチャージ」が記録されてから行う手順です。

手順

  • 「入出金 > ペイペイチャージ」選択
  • 「カテゴリ(例:食費)」押す
  • 変更先カテゴリ(例:日用品>ドラッグストア)選択
  • 「保存」ボタン押して完了
マネーフォワードME_カテゴリ大分類で仕訳け管理
マネーフォワードME_カテゴリ大分類で仕訳け管理

カテゴリを変えるだけ、超シンプルで管理の負荷が少ない方法ですね。

仕訳カテゴリ手動振替のメリット

メリット

  • マネーフォワードMEだけで管理が完結
  • 手順がシンプルなので負担が少ない
  • 自動なので家計簿つけ忘れが発生しない

仕訳カテゴリ手動振替のデメリット

デメリット

  • PayPayボーナス(キャッシュバック)は管理できない
  • 「ペイペイチャージ」は必ず実態とズレる

PayPayボーナス(キャッシュバック)は、マネーフォワードMEアプリの「収入」に記録されません。

そのため、「いつ、どれだけ還元・付与されたか?」PayPayアプリで確認するしかないでしょう。

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

無料posted withアプリーチ

またマネーフォワードMEに「ペイペイチャージ」が記録されるまで、2~3日要します。

そのため、「食費」「日用品」どの費目で使ったのか?忘れがちになりますが、仮に忘れてもPayPayアプリの履歴をチェックすればいいだけなので、さほど負担はないでしょう。

マネーフォワードME|PayPay仕訳管理のポイント

普段から余分にPayPayチャージしないことです。

なぜかというと、

「ペイペイチャージ」記録後の処理がシンプルだからです。

例えば、スーパーで「肉・野菜・調味料」あわせ、5,000円ほど買い物したとします。

その場合、マネーフォワードMEの手順としては…

  • 入出金明細「ペイペイチャージ ¥-5,000」と記録
  • 「カテゴリ:食費」へ変更

たったの2ステップです。

この運用であれば、後で1週間まとめて仕訳管理してもOKですね。

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

無料posted withアプリーチ

まとめ

家計簿アプリ「マネーフォワードME」で仕訳管理する2つの方法でした。

  1. PayPayアプリ「共有」を使った手動連携
  2. 仕訳カテゴリの手動振替
マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

「何に?どのくらい使っているか?」家計の見直し、振り返りをするための家計簿です。

あまり細かい仕訳にこだわらず、シンプル&負担が少ない形で運用されることをおすすめします。

当サイトでは、マネーフォワードMEのフル機能「プレミアムサービス」を無料で使える 3ステップもご紹介しています。

※でんきの新規申込み受付停止中

→ 無料クーポンゲットは「スマホ」に変更!
(2022年4月~)

無料化③ステップ

  1. マネーフォワードME アプリ無料登録
  2. 固定費の見直し → スマホ乗り換え
  3. 約1週間で無料クーポンゲット

無料クーポンを適用する方法はコチラ ↓ ↓ ↓

プレミアムサービスの無料クーポンについて

  • この記事を書いた人

どうなの

デジタルの「わかりにくい・ズバり知りたい」をわかりやすく。 システム管理のプロが「安全・便利に使う」ICTノウハウ発信中

-家計改善
-,