【マネーフォワードME】夫婦で安全に家計を共有管理する方法

この記事でわかること

  • 夫婦でマネーフォワードMEの家計簿データを共有して使う方法
  • 安全なマネーフォワード共有アカウント設定
  • 夫婦円満な家計管理3つのポイント

ご家庭における家計は、夫婦で共同経営するものですよね。

そのため、手で記帳する家計簿ノートを使ったことのある方は多いのではないでしょうか。

ですが実際やってみると、長続きしません。

なぜかというと、次の理由があるからです。

  • リアルタイムで共有、編集ができない
  • どちらかに家計お任せ状態になる
  • 家計改善しても効果が実感できない

つまり、相互で理解できる家計運営になっていないからです。

「じゃあ、家計簿アプリを夫婦で共有して使えばいいじゃん」

アドバイスしてくれる人はいます。

でもいざ実践してみようと思うと、「安全に共有して使う方法」不安がありませんか?

そこで今回、無料でも使える家計簿アプリ「マネーフォワード ME」で、

家計簿の安全な共有スタート方法~実際どのように家計を共同経営しているか?

IT管理プロのノウハウをご紹介します。

家計簿 -マネーフォワード ME 人気の家計簿(かけいぼ)

家計簿 -マネーフォワード ME 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

まず、マネーフォワードMEを夫婦で共有利用するために、知っておきたいポイントから説明していきます。

マネーフォワードME「共有機能なし」

マネーフォワードMEには、共有する機能がありません。

Q. 家族でアカウントを共有する機能はありますか?

A. マネーフォワード MEは、現在アカウントをご登録しているご本人以外(家族やご友人など)とアカウントを共有する機能をご提供しておりません。

引用: マネーフォワードME

ちょっとわかりづらいので補足します。

例えば、下記2つのマネーフォワードアカウントがあったとします。

  • 父:アカウントA
  • 母:アカウントB

「アカウントA」の家計簿データは、「アカウントB」の人は見れませんよ。このような説明ですね。

マネーフォワードの共有アカウント1つ準備する

夫婦で1つのアカウントを同時利用すればOKです。

使い方例ですが、それぞれのスマホに「マネーフォワードME」アプリをインストールし、上述の「アカウントA」でログインすれば、ひとつの家計簿データを夫婦で使うことができます。

ただしこの場合、「へそくり見せたくないよ!」このような使い方はできず、マネーフォワードMEに記録されるすべての家計簿データを夫婦で共有することになります。

安全な共有アカウントは「Googleアカウント」がおすすめ

マネーフォワードMEは「OAuth認証」という、例えば「Googleアカウントでマネーフォワードを使う」認証方式を起用しています。

マネーフォワードMEログイン画面

因みに、筆者宅は共有用途のGoogleアカウントを一つ作り、夫婦で使っています。

マネーフォワードIDでGoogleアカウントがおすすめな理由

夫婦で「2段階認証」も共有することができるからです。

Apple IDやYahooアカウントは、認証用コードがスマホへ届く「プッシュ通知」という方法です。

そのため、どちらか1台のスマホにログインが依存してしまいます。

相方のスマホがないと使えない「使い勝手の悪さ」から、家計の共同経営が破綻(はたん)しがちになるんですよね。

その点 Googleアカウントは上述の通りで、且つ次のようなサービスもセキュリティ担保した使い方ができますよ。

Googleアカウント共有の便利さ

  • Gmailでメールを共有できる
  • Googleフォトで写真、動画共有
  • Googleドライブで契約書、明細データ共有
  • 「Googleアカウントでログイン」するサイト、アプリ全般

マネーフォワードMEちょっと試してみたい方、また長期的に使う場面では、汎用性の高いGoogleアカウントが1番でしょう。

夫婦共有用途で、Googleアカウントを1つ作っておくことをおすすめします。

関連記事
no image
Googleアカウントを複数人で安全に共有するための情報セキュリティ5つの対策

続きを見る

因みにわが家では、夫婦で共有するパスワード&2段階認証は、「1Password」で共有管理しています。

マネーフォワードME|夫婦円満な共有管理3つのポイント

わが家が実践している「家計の共有管理術」です。

  1. カテゴリ別に担当を決める
  2. カテゴリ「未分類」をなくす
  3. 支出レポートで振り返る

以下、順に説明していきます。

1. カテゴリ別に主担当を決める

マネーフォワードME「カテゴリ」を基準に、役割分担を決める方法です。

マネーフォワードME:カテゴリ一覧例

筆者宅を例に…

  • オンラインで完結する
    • ➡父(筆者)が担当
  • オンライン側で完結しない
    • ➡母(妻)が担当

具体的には、「通信費」「光熱費」といった固定費すべて、オンラインのみで申し込み完結するサービスへ、キャンペーン適用ごとに乗り換えていく計画を、企業でIT管理を担っている筆者の特性を活かしメインで担当しています。

そして妻には、日常のお買い物ベース「食費」「日用品」といったオンラインで完結しないカテゴリを担当してもらっています。

2. カテゴリ「未分類」をなくす

マネーフォワードME「未分類」カテゴリに記録されたものを、適切なカテゴリに分類することです。

ただ、すべてを「きちんと分類しなくては!」このように思わないことです。

金額の大きいもの、例えば「3,000円以上の支出は未分類にしない」といったルールをあらかじめ夫婦間で決めておくといいですね。

細かくきっちり分類したくなりがちですが、管理の負担が大きいと長続きせず、改善につながりません。

未分類は、無理なくできる範囲で分類するようにしましょう。

3. 支出レポートで振り返りの実施

マネーフォワードMEには、月または週一回の支出レポート通知機能があります。

マネーフォワードME > ホーム画面から確認できる

固定費は月のマンスリーレポートでOKです。

毎日支出が発生するような「食費」または「日用品」は、夫婦でちょっとしたすれ違いが生まれやすいですね。

週一回振り返り、話し合いを設けるだけ、円満に家計管理共有しています。

家計簿 -マネーフォワード ME 人気の家計簿(かけいぼ)

家計簿 -マネーフォワード ME 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

マネーフォワードME【安全性】も知っておく

マネーフォワードMEのシステムは、「銀行の金庫を持ち運ぶ」レベルの堅牢なシステムです。

ですが、"安全とはいえない設定、危険な使い方" もあるので、注意が必要です。

個人情報を危険にさらさない使い方については、別記事ご参考にしてみてくださいね。

マネーフォワードの【安全性】情報セキュリティ観点でわかりやすく解説

続きを見る

マネーフォワードMEの実績「半年で50万円ほど資産回復」

参考まで、2018年~2021年わが家の資産推移グラフです。

マネーフォワードME - わが家の資産推移

わが家の家族構成

  • 家族5人+ねこ1匹
  • 給与:内緒(上図グラフから推察可)
  • 住宅ローンあり
  • 車あり
  • 2016年から収入増えず(泣)

2018年後半より、マネーフォワードMEのプレミアム機能を無料で使い倒すようになってからの実績です。

約6ヶ月で

貯金0円→50万円まで

資産が回復。

さらに、銀行にお金預けていても増えませんので、資産自動運用サービスに毎月10,000円づつ積み立て、ちょっとずつ資産が増えていくサイクルになっています。

もうちょっと詳しく教えてほしい…

固定費の見直しを
"仕組み化"して、
切り替えまくった結果ですね

詳しくは、別記事でご紹介しています。

関連記事
iPhoneと1Passwordで固定費の見直し基盤をつくる方法

続きを見る

マネーフォワードMEプレミアム料金を無料化する方法

マネーフォワードMEは無料で使い続けると、機能不足に悩まされます(下図参照)。

「月額500円は高い!」

「年間6,000円も払いたくない!」

プレミアムサービスは「年額6,000円程度」なので、家計の負担になってしまいますよね?

このような方向けに、プレミアムサービス無料クーポンをゲットする方法 ご紹介しています。

画像元:LINEMO

無料クーポンゲット3ステップ

  1. マネーフォワードME 使いはじめる
  2. LINEMO公式サイトから申し込み
  3. メールで無料クーポンゲット!

詳しい条件は MF公式>配布方法について教えてください あたりをご確認ください。

まとめ

家計簿アプリ「マネーフォワード ME」を、夫婦で安全に共有して使う方法を解説してきました。

家計簿 -マネーフォワード ME 人気の家計簿(かけいぼ)

家計簿 -マネーフォワード ME 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

ご家庭における家計は、夫婦で共同経営するものです。

お互いにお金の流れを把握し、課題を共有できてこそ家計改善につながるというものですね。

\よく読まれています/

--PR--

スマホ代が月額990円以下

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。
ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。
デジタルの安全性&便利に使うノウハウをお届けします。

-マネーフォワードME, 家計改善