おかねの管理

マネーフォワード家計診断「理想の家計」がおかしい2つの理由

2022年7月21日

マネーフォワードME「家計診断」は、設定したプロフィールと似たユーザー群をもとに "理想の家計" を算出し、自身の家計簿と比較できる機能です。

画像元:マネーフォワードME

理想の家計の 解析結果が正しければ、強力な家計改善ツールになり得ますが、果たしてどのくらい参考になるのでしょうか?

今回この「家計診断」について、実際にマネーフォワードMEを使っている方の評判から、活用ポイントについて解説していきます。

\利用者数No.1の家計簿アプリ/

家計簿マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

家計簿マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

マネーフォワードの家計診断は「参考程度に」

結論として、家計診断の結果データ "理想の家計"は、

正確性に欠けているので、

真に受けないようにしましょう。

この理由について後述していきますので、

理想の家計より支出が多い…

このように悩まないでくださいね。

まずは「家計診断」を実際に使っている方の評判、口コミを紹介していきます。

マネーフォワード家計診断の評判は悪い

算出された "理想の家計" とのギャップに、皆さん困惑気味ですね。

実際、どのようにして「理想の家計」が算出されているのか?具体的に説明していきます。

マネーフォワード「理想の家計」プロフィールから算出

マネーフォワードME公式からの引用です。

家計診断は登録いただいたプロフィール設定をもとに理想の家計を算出し、家計改善に役立てていただける機能となります。

マネーフォワードME

理想の家計を算出するための、わが家のプロフィール設定です。

マネーフォワードME|わが家のプロフィール設定

上図プラス、マネーフォワードが定める「個人情報保護方針(プライバシーポリシー)」に遵守した情報です。

個人を特定できない範囲で当社サービスに関する統計データを作成、利用、開示又は提供するため

引用元:マネーフォワード> 個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

つまり、マネーフォワードMEの入出金に記録されるデータを、個人情報を伏せて利用できる仕組みとなっています。

では、なぜ利用者の評価がイマイチなのでしょうか?

マネーフォワード「家計診断」おかしい2つの理由

  • 全国統計データを加味していない
  • プロフィールから算出しても参考にならない

この結論に至る理由として、わが家の「教養・教育」を参考に、以下リアル家計簿とのギャップを示していきます。

わが家の「教養・教育」とのギャップは3倍

※表記について:以降「教養・教育」を「学費」と表記していきます。

とある1ヶ月の、わが家の「家計診断」結果です。

「教養・教育」理想の家計とのギャップ

・わが家(図上):168,230円/月

・理想の家計(図下):56,708円/月

理想の家計と比べた場合、わが家の学費は「約3倍」なので、支出が特出してみえがちですが、実はそれ程でもありません。

きちんと、「支出すべて説明できるように理由付け」しており、内訳はこのような感じですね。

わが家の学費サマリ月平均の支出額
私立の学費関連:1人分80,000円
公立の学費関連:2人分40.000円
塾、習いごと:3人分の校外学習費50,000円

学費比較:全国統計データとわが家の支出差2万円くらい

わが家の学費は、全国平均と比べ「2万円ほど支出が多い」結論づけしています。

その根拠として、文部省調べ「一人当たりの小学校、中学校、高校の学費」ピックアップして説明していきます。

画像元:平成30年度子供の学習費調査の結果について

上図より、おおよその月の学費を算出してみましょう。

区分公立私立
小学校27,000円133,000円
中学校41,000円117,000円
高校38,000円81,000円
※下3桁は省略

給付金などは加味していませんので、実際はもう少し支出を抑えられるかもしれません。

ですが、「交通費」また「昼食費」なども加味すると、1ヶ月でだいたい10万円という概算は変わらないでしょう。

つまり、わが家の学費は「さほど特出した支出ではない」理由となりますね。

では以降、マネーフォワード「理想の家計」算出値のギャップの裏付けを行っていきます。

塾は指導タイプ「個別 or 集団」で異なる

「学校外活動費」の部分です。

学年にもよりますので、以下ざっくりな塾の相場です。

塾タイプ、講習学習費
個別指導月30,000円〜
集団指導月10,000円〜
「春期、夏期、冬期」講習期ごとに20,000円~

その他、習いごと単位で「月1万円」くらい

水泳、ダンス、空手などの習いごと単位で1万円くらいですね。

このあたりも文部省調べデータがありますので、興味のある方は覗いてみては如何でしょうか。

【文部省調べ】子供の学習費調査-結果の概要

マネーフォワード「理想の家計」はおかしい

学習費の相場および、全国平均から導き出されるマネーフォワードの「理想の家計」像です。

費目月平均の支出※3人分
公立の学費30,000円
塾は集団指導30.000円

塾は低価格の「公文式」などでしょう。

水泳やダンス、空手などの習いごとは皆無、つまり「習わせられません」。

以上のことから、理想の家計の実現は不可能です。

つまり、マネーフォワードの理想の家計は、「生活スタイルにマッチする理想の家計を算出しているわけではない」という事実、お分かりいただけましたでしょうか。

マネーフォワードには、アンケートや額面上の数値だけでなく、「リアルな統計データの分析力を向上する技術やノウハウ」が問われます。

マネーフォワード「家計診断」信頼性は低いが看過もダメ

ただ、わが家の場合「16万円」もの支出はちょっと問題なので、まったく無視してもよい状況でもありません。

とはいえ、わが家でコントロールできるのは「塾・習いごと」くらいです。

わが家の学習費サマリ月平均の支出額
私立の学費関連:1人分80,000円
公立の学費関連:2人分40.000円
塾、習いごと:3人分の校外学習費50,000円

これはわが家のポリシーですが、「子どもの習いごとは削るべきではない」考えです。

しかしながら、収入を超える学費は払えないという側面もありますので、次のような家計見直しを図っています。

①学習塾を「オンライン」へ変更

オンラインの塾だと個別指導でも「15,000円くらい」ということがわかりました。

通塾は30,000円くらいですので、半分の15,000円に学費がおさえられますね。

そら塾は1ヶ月無料体験できるうえ、そのまま入塾しても、今なら入塾料11,000円がタダになります。

くわしくは、別記事でご紹介したいと思います。

②他の支出をおさえ学費へ捻出する

固定費を削る方法の例です。

ご時世的に厳しくなりつつありますが、「電気を切り替え」ると、削減効果が持続します。

【2024年最新】kWh別電気代13社の比較ランキング

続きを見る

スマホ代1,000円以上であれば、格安SIMへ乗り換えると「月1,000円以下」に抑えることができますよ。

月額1,000円程度のキャリア

まとめ

マネーフォワードMEの家計診断、「理想の家計」がおかしい理由でした。

  • プロフィール設定を数字だけで見て算出しているだけ
  • 全国統計データなりを加味していない

家計診断のサービスを提供するのであれば、より精度の高い「理想の家計像」を示し、提案してほしいものですね。

ただ、完全に無視していいものでもなく、マネーフォワード家計診断の結果「参考にする」意見には賛成です。

何も目標がなく家計の見直しはできませんので、あくまで参考としてみてはいかがでしょうか。

\利用者数No.1の家計簿アプリ/

家計簿マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

家計簿マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

  • この記事を書いた人

どうなの

ITの「わかりにくい」をズバり!わかりやすく。
デジタルを便利に&安全に使うノウハウ発信中🚀
中の人は、情報セキュリティ資格を有するITのプロです。

-おかねの管理
-