🌐ICT 🔓セキュリティ

使い捨てメールアドレスの使い方3ステップ&安全性も解説

ネットにある情報がほしい。

でも、メールアドレスは登録したくない。

そんな方向け、

使い捨てメールアドレスで情報ゲットし「さようなら」

具体的に手順を解説します。

また本記事は、経団連の方針に従い、

メールアドレスはすべて個人情報である

見解で話を進めていきます。

ネット上には、ほしい情報がたくさんある

  • 子供の習いごと探しサイト
  • 保険料金や光熱費の見直し
  • ニュース、比較サイト
  • ショップで買い物、メンバー登録を促された場合

続きが気になり、先に進むと…

会員登録、メールアドレスが必要です。


どんなサービスかわからないのに、

なんだかイヤだわぁ…

でも、どうしても情報ゲットしたくてメールアドレス登録しようと思っている方、ちょっと待ってください。

やみくもにメールアドレスを登録してはダメな理由

  • 広告や迷惑メールが届くようになった
  • 架空請求メールが届くようになった

これって、どうしてだと思います?

あなたが登録した不明サイトを経由し、

”ダークウェブ(闇サイト)”で売買されているかもしれません。

セキュリティで有名な「Norton(ノート)」のサイトで、メールアドレスがダークウェブに流出しているかチェックすることができますよ。

Norton|メールアドレス流出チェック

集客目的な、質の悪いサイトだとよくある話です。

しかもタチが悪い事に、ダークウェブへ流出した形跡が追えないんですよね。

もしメアドが詐欺集団にバレている場合、

今まで使っていたメールアドレスを変更するしかありません。

自分のメールアドレスを売ってまで、資料請求しませんよね?

そこで「使い捨てメールアドレス」の出番です。

捨てメアド【メルアドぽいぽい】を活用する

捨てメアド【メルアドぽいぽい】とは?

ブラウザーから無料で使える、登録不要のメールアドレス発行サービスです。

インターネットにさえ繋がる環境であれば、PCやスマホ・場所問わず使えます。

環境気にせず使えるなんて、素晴らしいですね。

2014年サービス開始らしいのですが、サービスリリース当初から愛用させてもらっています。

捨てメアド【メルアドぽいぽい】は危険?安全性は?

サイトの証明書情報を確認する限り、毎年更新されているようですので、サイトの安全性には問題はないでしょう。

ただ使い手側としての注意は必要です。

「個人を特定できる情報のやり取りでは、捨てメアドを使わない」ように気をつけましょう。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 捨てメアドを使う”先”の個人情報も注意!

実際、使い捨てたメールは”使いまわし”です。

そのため、捨てメアドを使った先に個人情報があった場合、捨てたメアド経由で個人情報が漏えいする可能性があります。

捨てメアド【メルアドぽいぽい】使い方手順

step
1
使い捨てメールアドレスサイトへアクセス

捨てメアド【メルアドぽいぽい】サイトへアクセスします。

※Android、iOSアプリもありますが、今回はブラウザーから使う手順です。

step
2
使い捨てメールアドレスをコピー

「あなたのメールアドレス」のメールアドレスをコピーします。

step
3
メールアドレスを登録する

該当サイトにメールアドレスを登録します。

登録とともに資料をダウンロードできるサイトであれば、以上です。

もしメールを受信する資料請求サイトの場合、捨てメアドの [受信トレイ] 通知メールをチェックします。

捨てメアド|受信トレイ

手順は以上です。カンタンですね。

捨てメアドを捨てることもできますので、使い終わったらメールアドレスは念のため削除することをおすすめします。

まとめ

使い捨てメアドの使い方と、安全性についての説明でした。

正しい知識を持ち、個人情報を扱わないことを徹底した使い方をすればOKですね。

もう少しサイバーセキュリティに関する知識を得たい方は、次の本がおすすめです。

情報欲しさに身売りします?答えはNO!ですね。

自分のメールアドレスは大事にしましょう。

「捨てメアド」でサービスの安全性チェックできたら、

Outlook のようなきちんと管理できるメールサービスをおすすめします。

参考Outlook複数メールアドレスを使い分ける|IT管理プロのノウハウ公開

本記事では、次の3点について解説しています。 主メールアドレスとログインIDが同じ場合のリスク大事なメールを見逃してしまう問題無料のOutlookで複数メールアドレスを運用するノウハウ メールを使う、 ...

続きを見る

\楽天スーパーSALE!ポイント最大43倍!/

  • この記事を書いた人

どうなの

ITの組み合わせ【ICT】で人生を楽しむプロ|家計見直しのポイント【ライフサイクル化】」にあり|企業5社を渡り歩いてきたIT管理15年のノウハウをお届けします。

-🌐ICT, 🔓セキュリティ
-,

© 2021 ITのかけ算