有用性の低いコンテンツ改善【実録】戦略的3つのアプローチ

googleアドレセンス合格通知

Googleアドセンス不合格の理由有用性の低いコンテンツとは?

具体的に「何を、どのように改善すればいいの?」わかりませんよね。

本記事では、

  • 2度の審査落ちを経験した筆者が、
  • Googleサーチコンソールで戦略的に、
  • どのように有用性を改善し合格したのか?

アドセンス合格までに改善した、戦略的3つのアプローチ術 実録ご紹介します。

こんな方におすすめ

  • Googleアドセンスの審査にチャレンジしようと思っている方
  • いくらブログを見直してもGoogleアドセンスに合格できない方
  • 不合格からどんな改善をして合格したのか知りたい方

なお、Googleアドセンスを申請するために最低限必要とされる、下記Google各種設定については解説していません。

  • Googleアドセンス
  • Googleサーチコンソール
  • Googleアナリティクス

【結論】Googleサーチコンソールからのニーズ分析に集中

ブログはじめたばかりで、覚えることが多く心が折れそうになります。

そのため、何を求め自身のサイトに訪れてくれているのか?

Googleサーチコンソールで、

ニーズを把握するための分析

 この一点だけに集中してみましょう。

Googleアドセンス合格までのPV推移

Googleサーチコンソール「検索パフォーマンス」、当サイトの「2020年6月~11月」推移をご覧ください。

Googleアドセンス申請時の、Googleサーチコンソールを表にしてみました。

Googleアドセンス申請日/結果
Google検索での見え方
クリック数表示回数
①7月21日/不合格0回1回
②10月21日/不合格1回8回
③11月20日/合格2回56回

どうです?

ショボいでしょ(笑)

サイト来訪者「1日に2人」程度ですから。

でも、

月間PV数50程度

ショボいブログでも、

Googleアドセンスって、

合格できちゃうんですよ。

「えっ…その程度のアクセス数でいいの?」なんて、思ってます?

YES、いいんですよ。

当ショボログよりもPV数ありますよね?

だから、諦めずに頑張ってみてください。

当サイトは、ただ「頑張って!」という記事ではありません。

当サイト内、ガチな記事をもとに、

どのようにして合格したのか?

具体的に解説していきますよ~

まず、不名誉なGoogleアドセンス不合格の通知から、理由を探ってみましょう。

Googleアドセンス2度不合格からの学び

審査に落ちた選ばれしもののみしかお目にかかれません。

失敗からの方が学ぶことの方が多いのは、世の常です。

貴重な体験なので、状況はもちろん「心情」も必ずメモっておきましょう。

そうすることで、この記事のように、

「有用性の低いコンテンツ」

というキーワードで、Google検索1位を取れるかもしれませんよ?

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

Googleアドセンス不合格1度目

メールでGoogleアドセンスの審査結果が届きました。

アカウントの承認を受けるには、問題を解消していただく必要がございます。

残念ながら現時点では AdSense のご利用が承認されませんでした。

AdSenseアドセンスで登録したアカウント情報に問題があるようですね。

以下Google 3大ウェブマーケティングツール(勝手に命名)ネットで検索、登録した情報を修正します。

  • アドセンス
  • サーチコンソール
  • アナリティクス

再度Googleアドセンス申請してみました。

Googleアドセンス不合格2度目

当プログラム(Googleアドセンスを示す)のご利用要件をみたしておられないことがわかりました。

1度目の審査落ちメッセージが変わりました。AdSense登録アカウントの問題は解消されたようですね。

ですが、「要件を満たしておられない」って何?このような状態です。

因みに当時のブログ掲載数、記事の内容です。

  • 公開7記事、主にPCやスマホアプリのレビュー系
  • 記法:DESC法、SDS法、PASONA法

記法については、ネットで検索してみてくださいね。

Googleアドセンス不合格の理由「有用性が低い」とは?

不合格通知のリンクから、Googleアドセンスのページを確認すると、

「有用性の低いコンテンツ」

という結果が表示されます。

さて…

「有用性」ってなんでしょうかね?

もう少し具体的に教えてほしいものです。

筆者はTwitterでグチる?ことでアドバイスをもらい、

戦略的にGoogleへ「有用性」をアピールしてみることにしました。

有用性の低いコンテンツ改善した3ステップ

  • Googleサーチコンソールからのニーズ分析
  • 3日連続のブログ投稿
  • 有用性低い記事の公開停止

この3つを「11月15日~17日」の間で行い、11月18日にGoogleアドセンス再申請しています。

つまり、Googleアドセンス合格のために費やした日数は「4日間」です。

Googleサーチコンソールからのニーズ分析

読み手が知りたがっていることを分析してみます。

「Googleサーチコンソール>検索パフォーマンス>クエリ」を眺めてみましょう。

検索キーワードから、「クリック数」「表示回数」に注目ですね。

筆者の記事であれば、次のタイトルをキーワードで記事を更新すればOKでした。

  • Bitwarden 使い方
  • Bitwarden 自動入力できない

そのため、次の3点を計画しました。

  1. 公開済み記事のタイトル「Bitwarden 使い方」追記修正
  2. タイトル「Bitwarden 自動入力できない」含む900文字の記事作成
  3. パスワード管理に関する「1400文字の記事」作成

なお上記1、2の記事は、2022年4月現在もGoogle検索上位に表示されます。

3日のブログ連続更新

「Googleさん!ブログ放置しないよ!続けるよ!」ブロガーを目指す意思表示(アピール)ですね。

前述の「2記事」+「適当にもう1記事」作成しました。

そして11月15日~17日にかけて、3日連続でブログ記事を投稿しました。

このブログ更新間隔、けっこう重要かもしれませんね。

なぜなら、数多のトップブロガーさんも「ブログ更新頻度」アドバイスしている背景があるからです。

Googleさんからしてみれば、次のような審査基準でしょうね。

  • 更新されず情報が古い
  • だからアクセスされない
  • つまりは「有用でないサイト」

このあたりはビジネス観点でしょう。

有用性の低い記事の公開停止

主観的でノイズな記事、バッサリ切り捨てました。

もともと記事も少なく、検討はついてました。

該当する次のタイトル2記事を公開停止にします。

・ブログ初心者がトップブロガーのツイートを夜見てはいけない5つの理由

・【実録】受付・面接室でダメ企業を見抜いた7つのポイント

記事の内容ですが、おおむねタイトルから読み取れる通りです。

  • 主観的であり、根拠性がない
  • 個人や団体を特定しているわけではないが、誹謗中傷に近い
  • 読み手がアクションを起こせない

Googleアドセンス審査落ちで修正しなかった2点

ブログ記事すべての見直しに発展しかねない、改善しなかったこと2点です。

アフィリエイトリンクは外さなくてOK

アフィリエイトリンクを外す必要はありません。

筆者はAmazonアフィリエイトおよび、もしもアフィリエイトのリンク貼ったままGoogleアドセンス申請して合格しましたよ。

つまり、度が過ぎない程度の「可読性(読みやすさ)」が担保されていればOKです。

記事の構成によっては不自然になるケースもありますので、気にせずアドセンス申請してしまいましょう。

記事の文字数は気にしなくてOK

文字数を気にして、無理に増やす必要はありません。

当たり前ですけど、「きちんと読める文章」が前提くらいです。

因みに筆者、300文字程度の記事を2つ公開した状態で、アドセンス合格してますから。

  • タイトル:40文字程度
  • 見出し1 × 3つ設置:合計で60文字程度
  • 見出し配下に書く内容の個所書き:合計で200文字程度

こんな感じですね。

Googleアドセンスポリシーを確認すればわかりますが、文字数については、いっさい触れてませんので。

Googleアドセンス合格!2020年11月20日

おかげさまで、Googleアドセンス合格できました!!

Googleアドセンスの再審査から、1日程度でメール届きました。

合格時の公開記事数は、11記事 です。

Googleアドセンス申請「入試テストと同じ」と思うべし

Googleアドセンス審査落ちを何度も繰り返している方で、「書きたい!やりたい!」気持ち先行した記事が多いようであれば、一旦そのジャンルから離れてみるのも一案ですね。

まず「Googleアドセンス合格まで」と割り切って、

「これ書きたい!」気持ちを抑え、

行動を促せる情報発信に集中し、

アドセンス合格を目指す。

入試テストと同じですね。

アドセンス合格した後、いくらでも自分スタイルのブログへ転化すればいいのですから。

まとめ

Googelアドセンス「有用性の低いコンテンツ」審査落ちから改善した、3つのアプローチです。

  • Googleサーチコンソールからのニーズ分析
  • 3日連続のブログ投稿
  • 有用性低い記事の公開停止

以下ご参考に、もう一度ご自身の記事を振り返ってみては如何でしょう?

  • その情報の根拠は?
    • 主観的にならない
  • ブログに訪れてくれた理由は?
    • ➡ニーズは検索クエリにあり
  • ノイズになっている記事ない?
    • ためらわず切り捨てる
  • ブログ三日坊主にならない?
    • ➡更新して継続性アピール
  • きちんと読める文章?
    • 文字数は関係ない
  • アフィリエイトリンクは?
    • ➡可読性が伴っていれば気にせずOK!

あなたのブログには、何を求めて訪れてきてくれたのでしょうね?

ブログを読んだ人へ、行動を促していますか?

ブログよくわからないウチはあれこれ模索し、思考がとっちらかりますね。

そのため、まずはGoogleサーチコンソールだけに集中してみては如何でしょう?

ブログ流入口である「検索クエリ」を眺め、回答になる記事を書く、これが有用性を示すことです。

読み手の求めることを意識し、あなたが世に出した情報からの想起、影響力を考え、ワクワク楽しみながら情報発信していきましょうね。

因みに筆者はSEOやマーケティング疎いので(汗)

「沈黙のWebライティング」

という、漫画仕立ての本から有用性のイメージアップを図りました。

  • この記事を書いた人

どうなの

デジタルの「わかりにくい・ズバり知りたい」をわかりやすく。 システム管理のプロが「安全・便利に使う」ICTノウハウ発信中

-ブログ
-