📝ブログ

【実録】有用性の低いコンテンツ戦略的3つの改善施策

googleアドレセンス合格通知

Googleアドセンス不合格の理由、

有用性の低いコンテンツ

とは?

具体的に「何を、どのように改善すればいいのか」わかりませんよね?

本記事では、

  • 2度の審査落ちを経験した筆者が、
  • Googleサーチコンソールで戦略的に、
  • どのように有用性を改善し合格したのか?

アドセンス合格までの『戦略的な改善アプローチ』実録を公開します。

こんな方におすすめ

  • Googleアドセンスの審査にチャレンジしようと思っている方
  • いくらブログを見直してもGoogleアドセンスに合格できない方
  • 不合格からどんな改善をして合格したのか知りたい方

なお、Googleアドセンスを申請するために最低限必要な、下記のGoogle各種設定については解説していません。

  • Googleアドセンス
  • Googleサーチコンソール
  • Googleアナリティクス

Googleサーチコンソールに集中して振り返る

ブログ初期は覚えることが多く、挫折しそうになります。

そのため、何を求め自身のサイトに訪れてくれているのか?

Googleサーチコンソールを活用したニーズ分析

 この一点だけに集中しました。 

実際のGoogleサーチコンソールをもとに解説

下図は筆者のブログ、Googleサーチコンソール

「検索パフォーマンス」

2020年6月~11月の推移です。

Googleアドセンス申請時の、Googleサーチコンソールを表にしてみました。

Googleアドセンス申請日/結果
Google検索での見え方
クリック数表示回数
①7月21日/不合格0回1回
②10月21日/不合格1回8回
③11月20日/合格2回56回

どうです?

ショボいでしょ?(笑)

でも、

記事のクリック数2回程度の、

ショボいブログでも、

Googleアドセンスは合格できるんです。

「えっ!その程度でいいの?!」って思いますよね。

YES、いいんですよ。

当ショボログを通じ、希望をお持ちいただければ幸甚ですm(_ _)m

それでは「どのようにして合格したのか?」順を追って説明していきますね。

まずは不名誉なGoogleアドセンス不合格通知から、理由を探ってみましょう。

Googleアドセンス2度の不合格通知から傾向分析

審査落ちしないとお目にかかれません。

失敗から学ぶことの方が多いという事実であり、貴重な体験です。

ブロガー目指すなら、貴重な体験をしたときの状況や心情など、必ずメモを取っておいてほしいですね。

Googleアドセンス不合格1度目 2020年7月

メール件名「アカウントの承認を受けるには、問題を解消していただく必要がございます。」が届きました。

メッセージ本文です。

「残念ながら現時点では Adsense のご利用が承認されませんでした。」

以下Google 3大ウェブマーケティングツール(勝手に命名)をネットで検索し、再度Googleアドセンス申請してみました。

  • アドセンス
  • サーチコンソール
  • アナリティクス

Googleアドセンス不合格2度目 2020年10月

「当プログラム(Googleアドセンスを示す)のご利用要件をみたしておられないことがわかりました。」

1度目の審査落ち通知から、メッセージが変わりましたね。

当時のブログ掲載数、内容です。

  • 公開7記事、主にPCやスマホアプリのレビュー系
  • 記法:DESC法、SDS法、PASONA法

記法については、ネットで検索してみてくださいね。

Googleアドセンス不合格の理由「有用性が低い」を考察

不合格通知のリンクから、Googleアドセンスのページを確認すると、

「有用性の低いコンテンツ」

という結果が表示されます。

さて…

「有用性」ってなんでしょうかね?

もう少し具体的に教えてほしいものです。

筆者はTwitterでアドバイスをもらい、

戦略的にGoogleへ「有用性」をアピールしてみることにしました。

「検索クエリ」から有用性を見つけ、3つの改善を計画

  • 改善に要した日数:4日間

次の3つを「11月15日~17日」の間で行い、11月18日にGoogleアドセンス再申請しています。

1.Googleサーチコンソールからニーズ分析し記事を更新

読み手が知りたがっていることを分析します。

「Googleサーチコンソール>検索パフォーマンス>クエリ」を眺めてみましょう。

検索キーワードから、「クリック数」と「表示回数」に注目です。

筆者の記事であれば、次のタイトルをキーワードとし記事強化すればOKですね。

  • Bitwarden 使い方
  • Bitwarden 自動入力できない

そのため、下記3点を計画しました。

  1. 公開済み記事のタイトル「Bitwarden 使い方」修正
    →完成した記事がコチラ
  2. 900文字の記事タイトル「Bitwarden 自動入力できない」作成
    →完成した記事がコチラ
  3. パスワード管理に関する1,400文字の記事を1つ作成
    →完成した記事がコチラ

なお上記1、2の記事は、2021年5月現在Google検索で1ページ目に表示されます ^^♪

2.Googleへ継続性アピール:ブログを3日連続更新

「Googleさん!ブログ放置しないよ!続けるよ!」

Googleさんへ、ブロガーを目指す意思表示です。

前述の「2記事」+「適当にもう1記事」作成しました。

そして11月15日~17日にかけて1記事ずつ、3日連続で更新するよう予約投稿セットし完了です。

このブログ更新間隔、けっこう重要かもしれません。

なぜなら、数多のトップブロガーさんも「ブログ更新頻度」をアドバイスしている背景があるからです。

そりゃそうですよね、Googleさんからしてみれば下記の構図でしょう。

「更新されないブログ→アクセス少ない→広告稼げない→つまり”有用でないサイト”

このあたりはビジネスですよ。

3.有用性の低い記事を探し公開停止

主観的な記事を、バッサリ切り捨てました。

もともと記事も少なく、検討ついてました。

該当する次のタイトル2記事を公開停止にします。

・ブログ初心者がトップブロガーのツイートを夜見てはいけない5つの理由

・【実録】受付・面接室でダメ企業を見抜いた7つのポイント

記事の内容ですが、おおむねタイトルから読み取れる通りです。

  • 主観的であり、根拠性がない
  • 個人や団体を特定しているわけではないが、誹謗中傷に近い
  • 読み手がアクションを起こせない

Googleアドセンス審査落ちしても修正しなかったこと2点

ブログ記事すべての見直しに発展しかねないため、改善しなかったこと2点です。

1.アフィリエイトリンクは外さなくてOK

アフィリエイトリンクを外す必要はありません。

筆者はAmazonアフィリエイトおよび、もしもアフィリエイトのリンク貼ったままGoogleアドセンス申請して合格しましたよ。

度が過ぎない程度、「可読性(読みやすさ)」が担保されていればOKです。

記事の構成によっては不自然になるケースもありますので、そのまま気にせず申請してしまいましょう。

2.記事の文字数は気にしなくてOK

文字数は気にする必要ありません。

筆者は300文字程度の記事を2つ公開した状態で、アドセンス申請しています。

  • タイトル:40文字程度
  • 見出し1 × 3つ設置:合計で60文字程度
  • 見出し配下に書く内容の個所書き:合計で200文字程度

当たり前な、「きちんと読める文章」が前提くらいです。

Googleアドセンスポリシーでも、文字数についてはいっさい触れてませんから。

Googleアドセンス合格!2020年11月20日

おかげさまで、Googleアドセンス合格できました!!

Googleアドセンスの再審査から、1日程度でメール届きました。

合格時の公開記事数は11記事です。

Googleアドセンス合格(案)インプット少なめ超ショートカットしたい方向け

ここまで読み進めてたうえで、

「いや、よくわからねーよ!」

「シンプルにどうすればいいの?」

という方もいますよね。

そこで、当記事を参考として、

「Googleアドセンス合格に特化した、インプット少なめ超ショートカットしたい方向け」

ブログ記事案です。

記事のテーマは、スマホアプリの使い方の手順、

自身がどのように使って便利なのか?解説した手順書

です。iPhoneの「リマインダー」アプリを例に、、、

<記事タイトル>iPhone「リマインダー」の使い方

<冒頭>使うアプリを宣言する

iPhoneの「リマインダー」アプリを活用しましょう。

なぜなら、「日時」と「場所」でアラートを設定し、通知させることができるからです。

次に、宣言の理由を述べます。

Googleウケが良くなるよう、<見出し2>を稼ぐとイイ感じですね。

<見出し2>iPhoneのリマインダーが便利な2つの利用シーン

iPhoneの「リマインダー」を活用すると、次のようなシーンで便利ですよ。

  1. 休日にやることを忘れないよう「日時」でアラート設定
  2. 仕事帰り最寄りのスーパーで買い物するよう「場所」でアラート設定

あなたの生活サイクルにあわせ、適切なタイミングで通知するよう設定できるんですね。

それでは設定方法を説明していきます。

ここでポイントですが、

自身が使って便利と実感している使い方

です。

ネットで検索し仕入れた情報を並べるだけ、

付け焼刃な情報にならないようにしましょう。

次に、アプリを使う実際の設定手順を記述していきます。

まず<見出し2>を置き、その下に何か連想しそうな画像を貼り付けます。

<見出し2>iPhoneリマインダー使い方の手順

リマインダー

次に<見出し3>で、記事の段落をぶら下げて、

リマインダーを設定する実際の手順を書いていきます。

<見出し3>iPhoneリマインダー「日時」でアラートを設定する手順

・・・手順を書く・・・

<見出し3>iPhoneリマインダー「場所」でアラートを設定する手順

・・・手順を書く・・・

Googleの検索エンジンに引っかかりやすい基準ですが、

きちんと記事構成が階層化し、整理されていること。

すなわち、

可読性が高く記事が読みやすくなっていることは高評価です。

さいごに締めの<見出し2>です。

冒頭の宣言、その理由をざっくりまとめた内容にします。

<見出し2>まとめ

iPhoneの「リマインダー」アプリ活用方法でした。

「日時」と「場所」でのアラート通知は、あなたの生活サイクルにあわせ、適切なタイミングで通知してくれるので便利ですね。

ぜひ活用してみてください。

以上です、記事の文字数はだいたい700文字くらいになるはずです。

なぜ、Googleアドセンス審査のために手順書記事をすすめるかというと、

主観がなくブレないからです。

そのため、Googleアドセンス合格の必要要件が担保されるんですね。

  • 実際の設定手順なので記事の「信頼性」が高い
  • あなた自身の使い方なので独自性」がある
  • 記事を読んだ人の「行動を促せる」内容である

連続投稿できるよう、3記事ほど準備してからGoogleアドセンス申請してみては如何でしょうか。

Googleアドセンス申請は「入試テスト」と同じ

Googleアドセンスは入試テストと同じです。

自身が「書きたいこと、やりたいこと」では、合格するのむずかしいでしょうね。

まず「Googleアドセンス合格まで」と割り切り、有用性を世に伝えることだけに集中して合格を目指すことです。

合格した後、自分スタイルのブログにすればいいのですから。

まとめ

  • その情報の根拠は?
    ⇒主観にならないようにする
  • なぜ自身のサイトに訪れたのか?
    ⇒読み手が知りたいことは検索クエリにあり
  • ノイズな記事は?
    ためらわず切り捨てる
  • ブログ放置しない?
    更新間隔をアピール
  • きちんと読める文章?
    文字数は関係ない
  • アフィリエイトリンクは?
    読み手が不快にならなければOK

あなたのブログ記事に、何を求めて訪れてきたのでしょう?

ブログを読んだ人が、何か行動を起こせる内容になっていますか?

あれこれ模索せず、Googleサーチコンソールだけに集中することをおすすめします。

そして、ブログ流入口となっている「検索クエリ」を眺め、回答になる記事をつくること、それが有用性を示すことになります。

読み手の求めるものを意識し、情報発信していきましょう♪

Googleが提唱するE-A-T(専門性/信頼性/権威性)などは、もう少しブログのスキルアップできたらですね、お互い頑張りましょう。

因みに筆者はSEOやマーケティング疎いので(汗)

「沈黙のWebライティング」

という、漫画仕立ての本から有用性のイメージアップを図りました。

\楽天スーパーSALE!ポイント最大43倍!/

  • この記事を書いた人

どうなの

ITの組み合わせ【ICT】で人生を楽しむプロ|家計見直しのポイント【ライフサイクル化】」にあり|企業5社を渡り歩いてきたIT管理15年のノウハウをお届けします。

-📝ブログ
-

© 2021 ITのかけ算