OneNote同期エラーを即解消!2つの対処法

OneNoteをPC、スマホ同期な共有ノートとした使い方をしている場合、よく「同期エラー」に遭遇します。

通信も良好、アプリを再インストールしてもOneNote同期エラーが解消せず、お困りではないですか?

そこで今回、「OneNoteの同期エラーをスピード解決する2つの方法」について、IT管理プロが解説していきます。

OneNote同期エラー「複製」がスピード解決の近道

OneNoteの同期エラーを超スピード解決したい場合、次の2点が効果的です。

  1. 同期エラーページが特定できている「ページを複製する」
  2. 同期エラーページが特定できない「セクションごと複製する」

以下順に解説していきます。

1.OneNote同期エラーが発生するページを特定できている場合

同期エラーページが特定できる場合、OneNoteページをリンクで共有している・していないにより手順が異なります。

まずは、「リンクを共有していない」ケースでの同期エラー解消法です。

「リンクを共有していない」OneNoteページの同期エラーを解消

OneNoteで同期エラーになるページを複製(コピー)してしまいましょう。

手順は、同期エラーが発生するページを”右クリック”し、[コピー]→[貼り付け]をします。

同期エラーは主にページ単位で発生します。

新しいページで正常に同期ができる状態を確認できたら、古いページは削除してOKです。

「リンクで共有している」OneNoteページの同期エラーを解消

OneNoteページリンクが変わると、ちょっと困るという方向けです。

OneNote同期エラー発生ページを削除し、復元します。

下記は、「OneNote for Windows 10」の手順です。

PCでの手順

  • 同期エラー対象ページの削除
  • メニュー[表示] から[削除済みノート]を選択
  • 削除ページを選択し[復元先]を選び復元

OneNote同期が正常に実行されることを確認すれば、完了です。

2.OneNote同期エラー発生元を特定できない場合

同期エラーページがわからない場合、対象「セクション」を右クリックし、[移動/コピー]で複製してみましょう。

セクションを"右クリック"し、[移動/コピー]する手順

複製したセクションの同期を確認できたら、同期エラーが発生している古いセクションは削除してもOKです。

前述しているページの複製と同じ手順ですが、下記の違いがあります。

  • バージョン情報まではコピーできない
  • セクション、ページのリンクが変わってしまう

共同編集で使っている方は、「共有の再設定」になるので、ちょっと影響が大きく手間が多いですね。

OneNote同期エラー対処方はスマホでも可能

上述のOneNoteセクション、ページを複製する手順ですが、スマホのOneNoteアプリでも可能です。

iPhoneのOneNoteアプリを例に「セクションの複製」図解しますので、ご参考まで。

例)セクション名「blog」で同期エラー発生

OneNote同期エラー_iPhone画面

①セクションを「長押し」で選択し、

②[コピー]する

OneNoteセクションのコピー_iPhone画面

コピーにより同期エラーが解消すると、アプリ画面上「同期できませんでした」メッセージが消えます。

OneNote同期エラーが発生する3つの要因

同期エラーが発生する、主な要因です。

  1. 共同編集による同期データの衝突によるページ破損
  2. 更新ページのオフラインキャッシュ(同期のための一時データ)破損
  3. OneNoteファイルサイズが2GBを超えている

上記で未然に防げるとしたら、3番ですね。保存先はOneDriveです。

画像添付が多いといった、OneNote肥大化に心当たりがある場合、まずはファイルサイズをチェックしてみてください。

OneNote同期エラーを未然に防ぐ対策2つ

要因を防ぐための対策2点です。

対策1:同期エラーが頻発するページのバックアックを作成しておく

同期が頻発するページ内部に、エラーが発生しやすいコンテンツが含まれているからです。

共同編集し、コンテンツ量が多くなってくるとわりと発生する問題ですね。

対策2:通信がよい環境でOneNoteを使用する

OneNoteのコンテンツ容量が増えると、比例して通信量も増えます。

共同編集している場合、OneNoteは先に更新した順で処理します。

つまり、通信が遅く更新が終わらない場合、後に控えている処理はどんどん積み重なっていきます。

このような状態が続くことで、同期エラーが発生してしまうわけですね。

気をつけようがない点も否めませんが、ネットワーク通信品質がよければ、同期も高速化されエラーを回避できる部分もあります。

そのため、出先の通信環境よくわからない場所でもOneNoteを使う場合は、あえて同期を停止し、オフラインで使用するこのような使い方も検討してみてください。

OneNote同期エラー即時解消法のまとめ

OneNote同期エラー、即時解消する方法です。

  • 同期エラーページが特定できている「ページを複製する」
  • 同期エラーページが特定できない「セクションごと複製する」

エラーはサクッと解決するに限ります。

本記事が、OneNote同期エラーが解消できず、お困りの方の一助になれば幸いです m(_ _)m

  • この記事を書いた人

どうなの

デジタルの「わかりにくい・ズバり知りたい」をわかりやすく。 システム管理のプロが「安全・便利に使う」ICTノウハウ発信中

-Microsoft
-,