Microsoft Loop【3つの要素&使い方】わかりやすく解説

Microsoft 365に新しいOfficeアプリ「Microsoft Loop(マイクロソフトループ)」の追加が発表され、2022年1月現在、TeamsでLoopを使用できることを確認しました。

ですが、Loopをネットで検索しても、専門用語で解説しているサイトばかり。

また肝心のMicrosoft公式サイトは、ドキュメントが英語のみしかありません。

「Loopってなに?」

「どのような使い方になるの?」

「よくわからない」というのが本音ではないでしょうか?

そこで本記事では、デジタルが苦手な方向けに「Microsoft Loopの特徴&使い方」について、IT管理プロが専門用語を使わずにわかりやすく解説していきます。

Microsoft Loopとは?

Word、Excel、PowerPoint、Outlookといった複数のOfficeアプリを使わずに、

TeamsのみでOK!

情報をつなげ、まとめて

みんなで共有する。

このような位置づけです。

Microsoft Loopを構成する3つの要素

Officeアプリをまとめ、共有するための3つの要素です。

  • Loop components
  • Loop pages
  • Loopworkspaces

以下順に説明していきます。

Loop components(ループコンポーネント)とは?

Officeアプリを集合させて、つなぐ場所です。

実際には、OutlookメールやTeamsチャット、共同編集ノートなどの機能を「呼び出し、情報をつなげて使う」用途になるようですね。

下図は表を埋め込み、3人同時に共同編集する例です。

画像元:Microsoft 365

例えば「セールス部門+開発部門+システム管理部門」といった "部門横断的に進めなくてはいけない業務のスピードが爆速化" まちがいなしですね。

Loop pages(ループページ)とは?

Loop components(ループコンポーネント)を共有して管理する場所です。

ファイルやリンクなど、マウスのドラッグ&ドロップで直観的に整理することができますよ。

画像元:Microsoft 365

コンポーネント同様、共同編集しながら管理できるため "情報の煩雑化を防ぐ" ことに一役買ってくれそうです。

Loop workspaces(ループワークスペース)とは?

タスクを共有して管理できる場所です。

画像元:Microsoft 365

自分だけでなく、他の人の作業状況からプロジェクの進捗を共有できるので、"遅れているタスクのキャッチアップに活用"できるでしょう。

Microsoft Loopいつから使える?

2021年11月以降、順次ロールアウトされています。

Microsoft Loop components across Microsoft 365 apps like Teams, Outlook, and OneNote will start rolling out this month.

Teams、Outlook、OneNoteなどのMicrosoft365アプリ全体のMicrosoft Loopコンポーネントは、今月(2021年11月)から展開を開始します。

引用:Microsoft 365サイト

Microsoft Loopを使ってみる

2022年1月現在、Microsoft Loopが使えるようになっていることを確認しました。

まずは自分のみ、「Teamsマイチャットルーム」にLoopコンポーネントを追加し、使ってみた感想です。

関連記事
Teamsメモ代わり自分だけのチャットルーム「秒」で実現する方法

続きを見る

上図①にマウスカーソルを合わせると、「ライブコンポーネントの挿入」が表示され、実際に「ライブタスク」および、「ライブテーブル」を挿入し、上図②でユーザーを招待する使い方ですね。

Loop workspaces(ループワークスペース)以外、概ね本記事でご紹介してきたイメージ通りではないでしょうか。

作成したライブコンポーネントファイルは、Teamsの「ファイル」タブまたは、OneDriveの「Microsoft Teams Chat Files」から確認できました。

Loopを使うタイミングですが、まずTeams「グループチャット」でタスクフォース(選抜)メンバーを集め、あれこれ議論しながら情報を漏れなく整理していく流れです。

業務で使うツールが散らからず「Teams」のみに集中できるので、プロジェクトのキックオフや、課題解決のための「瞬発力のある共有プラットフォーム」として最適ですね。

Microsoft Loopを、部門横断的な業務コラボレーションツールとして、積極的に活用していきましょう。

Microsoft Loopが使える料金プランは?

気になる Microsoft Loopを使える料金プランですが、公式の発表はありません。

一部先行して使えている状況ですが、どうやら「プレビュー版(お試し)」のようですね。

また、PCなどのデバイスにインストールして使える「Microsoft Loopスタンドアロン版」ですが、ライセンスや価格は2022年中の発表となっています。

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。
ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。
デジタルの安全性&便利に使うノウハウをお届けします。

-Microsoft