楽天ひかりへ乗り換え【当日作業5分】ロードマップ

本記事では、インターネット回線 SoftBank光 から 楽天ひかり への乗り換え、当日作業について解説していきます。

楽天ひかり申し込みされている、またはこれから楽天ひかりへの乗り換えをご検討されている方は、本記事の流れをご参考いただけばスムーズに回線切り替えることができますよ。

楽天ひかり当日作業は3ステップ

開通当日はルーターの設定のみ、わずか5分で完了しますよ。

  • NTTレンタル機器に接続
  • 動作モード「クロスパス」設定
  • 楽天ひかりアカウント設定

楽天ひかり切り替えに伴い、準備したルーター機器および設定については後述します。

まず、この結論に至るまでの道のり「事前準備」から説明していきます。

楽天ひかり事前準備3点

  • クロスパス対応ルーターを調達する
  • ルーターのファームウェア更新しておく
  • 楽天ひかりアカウントを管理する

以下順に説明していきます。

クロスパス対応ルーターを調達する

楽天ひかり申し込みページに記載があります。

楽天ひかりのIPv6接続をご利用いただくにはクロスパス対応ルーターが必要です。

IPv6は、「インターネット通信スピードが超速い!」という理解でOKです。

そしてIPv6にしないと、通信が混雑する時間帯(平日の夕方、休日など)インターネット通信スピードは遅すぎて使いものになりません。

そのため、「IPv6は必須要件」このように認識した方がよいでしょう。必ず公式サイトの「楽天ひかりのIPv6(クロスパス)対応ルーター」ご確認ください。

インターネット通信だけであれば、5,000円~6,000円で購入できるルーターで十分です。

因みに筆者は「Aterm WG1200HP4」を調達しました。

ルーターのファームウェアを更新する

ルーターが届いたら、バージョンアップが必要かどうかのチェックを行いましょう。

チェックする理由としては、「クロスパス」機能を使うために、バージョンアップが必要な場合があるからです。

Atermの場合、以下の通りとても簡単にルーターのバージョンアップ要否のチェックが行えます。

  • ルーター本体背面スイッチ「RT」にする
  • SoftBank光BBユニットにLANケーブルで接続する
  • ルーターの電源を入れる
  • PCまたはスマホにルーターのWi-Fi設定し接続する
  • ルーター管理画面にアクセスしファームウェア更新

Atermの管理画面は、Wi-Fiに接続した状態でブラウザーのアドレス欄に「aterm.me」を入力して実行するとアクセスできます。

ポイント!

ルーターは初期設定ままでOKです。

なぜなら、開通後IPv6を有効化したあと「ルーターを初期化する必要がある」からです。

楽天ひかりアカウントを管理する

当日、ルーターに設定する情報です。

  • IPv4ユーザー名
  • IPv4パスワード

楽天ひかりから郵送された「楽天ひかりアカウントのお知らせ」に記載してありますので、忘れないよう管理しておきましょう。

筆者はパスワード管理アプリ「1Password」で家族のパスワードまとめて管理していますが、このような使い方ができるので超便利なんですよね(※iOS限定)。

1Passwordの便利な使い方|1つのパスワードに複数アドレスを登録が便利!楽天ログインを例に解説

続きを見る

ここまで準備をすれば、後は切り替え当日を待つだけです。

次に、気になる「回線切り替え”当日って、どうなるの?”」について説明していきます。

楽天ひかり|回線切り替えの当日ってどうなるの?

当日の朝8時、いきなり既存契約(筆者の場合、SoftBank光)インターネット接続できなくなり、やや焦りました(汗)

ですが、実作業わずか5分で完了!でしたので、実際の作業の流れを説明していきます。

楽天ひかり当日作業3ステップ

  • NTTレンタル機器に接続
  • 動作モード「クロスパス」設定
  • 楽天ひかりアカウント設定

以下順に説明していきます。

NTTレンタル機器に接続

ルーター本体の背面モード切替スイッチが「RT」であることを確認します。

次に、光回線の終端装置「ONU」または「モデム」と呼ばれるNTTの機器にLANケーブルで接続し、ルーターの電源を入れます。

PCまたはスマホから、設置したルーターにWi-Fiで接続します。

AtermにWi-Fi接続する設定はコチラ

「クロスパス」設定する

【Atermルーターの場合】

Aterm機器にWi-Fiに接続したら、ブラウザーを起動してアドレス欄に「aterm.me」を入力、実行するとAtermの管理画面にアクセスできるので、ログインします。

「基本設定」を選択し、下記の通り設定します。

  • 自動判定「OFF」
  • 動作モード「クロスパス」選択

楽天ひかりアカウントを設定する

Aterm「ホーム」へ戻ります。

次に「接続設定」を選択し、「楽天ひかりアカウントのお知らせ」記載の以下を設定します。

  • IPv4ユーザー名(U):楽天ひかり接続用ID
  • IPv4パスワード名(P):接続用パスワード

設定したらルーター「再起動」して、インターネット接続できれば完了です。

【注意点】楽天ひかり通信速度アップ(IPv6)手続き

前述していますが、楽天ひかりは初期状態のままだとインターネット通信速度が遅く、使いものになりません。

そのため、「楽天ブロードバンド」のサイトから、「IPv6接続(IPoE)」手続きの状況をチェックして、もし手続きができていない場合は申し込みしましょう。

開通から、約1週間後にIPv6は開通します。

楽天ひかり|おうちのネットが1年間無料!

楽天モバイルの回線契約があることを条件に、楽天ひかりを申し込めば「インターネット代が1年無料!」キャンペーン実施中です。

楽天ひかり

筆者はSoftBank光からの乗り換えでしたが、「光コラボ」対象のため、回線工事なしでスムーズに楽天ひかり回線へ切り替えできました。

費用対効果としても、SoftBank光「月額約6,000円(オプション込み)」に対し、楽天ひかりは2年目以降「月額4,180円」ですので、月2,000円近く削減できる計算ですね。

まとめ

インターネット回線 SoftBank光 から 楽天ひかり への乗り換え、事前準備~当日作業の流れの解説でした。

事前準備

  • クロスパス対応ルーターの調達
  • ルーターのファームウェア更新
  • 楽天ひかりアカウントの管理

当日作業

  • ルーターをNTTレンタル機器に接続
  • ルーターの動作モード「クロスパス」設定
  • ルーターに楽天ひかりアカウント設定

楽天ひかり開通当日は、時間指定できないため、唐突に回線切り替えが行われました。

ですが、事前の備えができていれば、難なく当日「わずか5分」で楽天ひかり開通切り替えが完了しますよ。

-IT管理術, 家計改善
-,