iOS16.4.1(a)アップデートするべきか?IT管理プロが解説

2023年5月2日

iPhone向けにiOS16.4.1(a)がリリースされました。

  • どのようなアップデートなのか?
  • アップデートした方がいいの?

デジタル苦手な方向けに、情報セキュリティ資格を有するIT管理プロがわかりやすく解説していきます。

iOS16.4.1(a)アップデート内容は「詳細不明」

Apple公式のリリース情報を確認する限りでは、どのようなiOSのセキュリティ不具合なのか?iOSアップデートで何が修正されるのか?非常にあいまな情報しか公表していません。

緊急セキュリティ対応は、iPhone、iPad、Mac を対象とした新しい種類のソフトウェアリリースです。

ソフトウェアアップデートの合間に、セキュリティに関わる重要な改善点を配信します (たとえば、Safari Web ブラウザ、WebKit フレームワークスタック、その他の重要なシステムライブラリに対する機能強化など)。一部のセキュリティ上の問題 (脆弱性を悪用されかねない状況や、被害が報告されている問題など) に迅速に対処する緩和策として用いられる場合もあります。

公開日:2023 年 05 月 02 日

引用元:iOS、iPadOS、macOS の緊急セキュリティ対応について

iOS16.4.1(a)と「セキュリティ対応とシステムファイル」設定の関係

今回のiOS16.4.1(a)がリリースされたことで、iOS16以降のiPhoneの自動アップデート画面に表示されるセキュリティ対応とシステムファイルの設定を有効にした状態と同じであることが判明しました。

デフォルトでは、緊急セキュリティ対応が自動的に適用され、必要な場合には、デバイスの再起動を促すようになっています。デバイスの設定を確認するには、以下の手順を実行してください。

  • iPhone または iPad:「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」>「自動アップデート」の順に選択し、「セキュリティ対応とシステムファイル」がオンになっていることを確認します。
引用元:iOS、iPadOS、macOS の緊急セキュリティ対応について

なお、「セキュリティ対応とシステムファイル」で適用されるセキュリティがどのようなものなのか?iOS16.4.1(a)アップデート内容と同様、いっさいの詳細は不明です。

では、このように「よくわからないiOSバージョンがリリースされたら?IT管理プロはどう対処しているのか?」実践知をご紹介します。

iOS16.4.1(a)アップデートせず様子を見る3つの理由

iOS16.4.1(a)はアップデートせず、しばらく様子を見ます。

なぜなら、下記3つの懸念があるからです。

  • iOS16.4.1の「二の舞になる」可能性
  • iOS16.4.1(a)の信頼性が不明
  • iOS16.4.1(a)アップデートによる不具合

以下順に説明していきます。

1. iOS16.4.1の「二の舞になる」可能性

iOS16.4.1と同日リリースされた「iOS15.7.5」では、iOS16.4.1(a)のような緊急のiOSアップデートは配信されていません。

iOS15.7.5とは?iOS16にアップデートできないiPhone機種、またはiOS16にしたくない方向けにリリースされている、iOSのセキュリティのみを修正するプログラムのこと。

また、iOS16.4バージョンのiPhoneにも緊急アップデートの通知がされないことを確認しています。

つまり今回、iOS16.4.1へアップデートしなけば、緊急アップデートが必要になる程のセキュリティリスクを抱えることは無かったであろう当サイトの見解です。

必ずしも新しいiOSバージョンが優れているわけではない、ということですね。

2. iOS16.4.1(a)の信頼性が不明

別記事でもご紹介していますが、iPhoneは「使いたいときに使える状態である"信頼性"が何よりも大事」です。

なぜ "信頼性" の話をするのか?昨今リリースされるiOSのシステム品質をふりかえってみれば、一目瞭然ですね。

iOS16.4以降で報告のある不具合

  • 銀行や○○Payといった決済系アプリで決済できない
  • 大量のモバイル通信が発生、通信制限を受ける
  • Wi-Fi接続がすぐ切れる、不安定になる
  • アップデート後に「ソフトウェアアップデート完了」がループする
  • 従来よりiPhoneバッテリー消費が激しい
  • LINE、TwitterなどSNSアプリの通知がこない

また、非常にあいまいなiOSリリースの情報しか公開できないのであれば、Appleはその理由をわかりやすく示すべきでしょう。

例えば、「SafariでWebサイトを閲覧するセキュリティの不具合があるが、その事実を明言することで悪用されるリスクがあるため、詳しくは言えない」などです。

以上のことから、昨今リリースされるiOSの安全性・安定性といった、iPhoneのシステム品質の信頼性が低い点を理由に、「新しいiOSバージョンへ即アップデートしない方がよい」という結論に至ります。

3. iOS16.4.1(a)アップデートによる不具合

「iPhoneの壁紙が消える」トラブル発生の情報があります。

https://twitter.com/BS_8877/status/1656577584300445698

これまでのiOSアップデートとの違いは「削除できる」ことですが、一度アップデートしたプログラムを削除することによる弊害が生じる可能性もあることを知っておいた方がよいでしょう。

さいごに

iOS16.4.1(a)は、アップデート内容がわからず、お使いのiPhoneがどのような状態になるのかもわかりません。

よって当サイトは、「アップデートせず、しばらく様子を見る」ことを推奨します。

巷では、新しくリリースされたばかりのiOSへ「緊急だからすぐアップデートした方がいいよ!」といった、無責任にアップデートを促す情報を多く見かけます。

ですが、「なぜiOSアップデートした方がよいのか?その理由は?」根拠を示さない、信用度の低い情報は参考にしない方がよいでしょう。

当サイトでは、「iPhone設定に、iOSアップデートを促す①の表示が煩わしい!」という方向けに、通知バッチを消す方法もご紹介しています。

iPhoneを"安全に&安心して"使うなら

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。
ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。
デジタルの安全性&便利に使うノウハウをお届けします。

-iOSアップデート, iPhone