子供がLINEで「YouTube、TikTok」見るのを制限する方法

子供がLINEでYoutube、TikTokを見ているんだけど…

制限できないの?

iPhoneのペアレンタルコントロール機能「スクリーンタイム」標準の設定では制限できない、YouTubeやTikTokの視聴を制限する2つの方法です。

  • iPhone「コンテンツの制限」でブロック
  • アプリ「AdGuard」でブロック

以下順に説明していきます。

1. iPhone「コンテンツの制限」でブロックする

iPhoneに標準で備わっている「コンテンツの制限」機能を使います。

子供のiPhoneで[スクリーンタイム]をオンにして、次のWebサイトを[常に許可しない]設定すればOKです。

youtube.com
m.youtube.com
tiktok.com

iPhone設定の流れ

「設定」>[スクリーンタイム]>[コンテンツとプライバシーの制限:オン]>[コンテンツの制限]>[Webコンテンツ]>[成人向けWebサイトを制限:オン]>[常に許可しない]下図参考ご参考まで。

「コンテンツの制限」を使う場合の、3つの注意点です。

①Safariでもブロックされる

SafariからもYouTube、TikTokの動画を見ることができなくなります。

ただし、YouTubeやTikTokのアプリからは引き続き動画を見ることができます。

「ちょっとだけ動画を見せたい」

という方は、iPhoneにアプリをインストールして、アプリ内のペアレンタルコントロール設定で制限するようにしましょう。

②意図しないWebサイトも制限されるかも

iPhoneが自動的に判断する仕組みなので、例えば子供が普段アクセスしている学習塾サイトなど、意図せずSafariのアクセスがブロックされるケースもあります。

Webサイトを許可する場合は、前述「コンテンツの制限」参考に、[常に許可]へWebサイトを追加する必要がもあります。

③LINEのVOOMは制限できない

iPhoneのコンテンツ制限でも、LINEの動画サービス「VOOM」はブロックできません。

子供はYouTubeやTikTokを制限すると、

動画をVOOMで見るようになる。

本末転倒なことになりがちです。

LINEの設定でも非表示にできない悩みのタネのVOOMですが、「AdGuard」なら制限することができます。

2. AdGuardでLINE内の動画視聴をブロックする

AdGuard とは?

迷惑な広告やコンテンツをブロックし、子供のプライバシーを保護してくれるアプリです。

AdGuard(アドガード)

AdGuard(アドガード)

Adguard Software Limited無料posted withアプリーチ

開発元の AdGuard Software Limited は2009年に設立と、広告ブロッカー界隈では "老舗である" といえます。

AdGuardできること

  • 迷惑な広告のブロック
  • 追跡プログラムをブロック
  • 悪意あるサイトから保護
  • 不適切なコンテンツから子供を保護

【参考】AdGuardの安全性/情報セキュリティ管理者が解説

VOOM、YouTube、TikTokの制限は、AdGuardの「ブラックリスト」に次のルール追加すれば、動画の視聴を制限することができます。

||youtube.com^
||m.youtube.com^
||obs.line-scdn.net^
||search.line.me^

追加するルールの説明

追加ルール制限すること
||youtube.com^Safari、LINEからのYouTubeアクセスを制限する
||tiktok.com^Safari、LINEからのTikTokアクセスを制限する
||obs.line-scdn.net^LINE VOOMの動画視聴を制限する※個人差があります
||search.line.me^LINEの検索機能を制限する

実際、VOOMで8割くらいの視聴は制限できました。

VOOMの動画およそ8割を制限!

「なぜ、LINEの検索機能も制限するの?」

ですが、LINEの検索からYoutubeやTikTokといった動画系SNSサイトにアクセスし、動画を見ることができるからです。

LINEの検索機能は、iPhoneのスクリーンタイムではブロックできない部分もあるため、AdGuardでの制限は必須でしょう。

なお、AdGuardの「ブラックリスト」は有料版の機能です。

またVOOMの視聴制限には個人差があります。

そのため、まずは7日間の無料お試しをスタートしてみて、AdGuardで期待するような制限ができることを確認してみてください。

AdGuard無料お試しスタート手順
AdGuard無料トライアル期間は「7日間」iPhone安全かんたん4ステップ解説

続きを見る

LINE内の動画視聴を制限するAdGuard設定の流れ

あらかじめ下記のルールをコピーしておいてください。

||youtube.com^
||m.youtube.com^
||obs.line-scdn.net^
||search.line.me^

以下参考に、ブラックリストに制限ルールを追加します。

ブラックリスト一括追加の手順

AdGuardアプリを開き、盾のアイコンをタップします。

[DNS通信を保護]をタップします。

[DNSフィルタリング]をタップします。

[ブラックリスト]をタップします。

ブラックリストにルールを追加します(動画参照)。

例)LINE制限ルール一括設定

ブラックリストにルールを追加したら、SafariとLINEで動画、YouTubeとTikTokが完全に見れなくないっていること、またLINE VOOMの一部動画が見れなくなっていることを確認してみてください。

AdGuardでも「アプリ」の動画再生は制限できない

iPhone「コンテンツの制限」と同様、YouTubeやTikTokアプリの動画は制限できませんでした。

そのため、例えばダンスなどの習い事をしている子供に「ちょっとだけ動画を見せたい」場合、iPhoneにアプリをインストールすることで、AdGuardの制限とは別で動画を見せる使いわけができます。

まとめ

子供のiPhoneのSafari、LINEで動画サービスの視聴を制限する2つの方法を解説してきました。

  • iPhone「コンテンツの制限」でブロック
  • アプリ「AdGuard」でブロック

サービスやアプリの更新に伴い、ご家庭内で決めていたルールとズレが生じてしまうのは致し方ないことです。

子供のスマホの使い方は、定期的にチェックするようにしましょう。

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。
ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。
デジタルの安全性&便利に使うノウハウをお届けします。

-AdGuard, iPhone, セキュリティ
-