Microsoft Planner「タスクの検索方法」3パターン解説

Microsoft Plannerのタスクを検索する、3パターンの方法について解説していきます。

※お使いのPC、各種ブラウザーからの操作を想定しています。

Planner検索|フィルターを使う

Plannerのフィルターを使った検索方法です。

フィルター検索方法

  • 「フィルター」をクリック
  • 検索したい文字を入力
  • タスクが表示

この検索方法の特徴は、タスク名しか検索できないことです。

そのため、フィルター検索で運用したい場合は、

「検索でヒットするよう、タスク名にキーワード盛り込んで!」

このような周知が必要ですね。

Planner検索|ブラウザーの検索機能を使う

ブラウザー画面に表示される文字を検索する方法です。

ブラウザー内の検索方法

  • ブラウザーでPlannerを表示
  • CtrlFキーを入力
  • 検索ボックスにキーワード入力

検索のショートカットキーは、Microsoft Edge、Chromeなど主要ブラウザー共有の呼び出し手順ですね。

詳しくはお使いのブラウザーのヘルプをご確認ください。

▼ ブラウザー検索のデメリット

画面外のタスクまた、「完了済みタスク」で折りたたまれているタスクが検索でヒットしない点ですね。

あくまで、「ブラウザー画面に表示される文字を検索する」方法ですので、うまく検索ヒットしない場合、ブラウザーの表示サイズを縮小し、検索してみてください。

Planner検索|グループのメールボックスから検索

オンラインの該当グループメールボックスを検索する方法です。

この方法が一番正確に検索できますね。

ただ一点気をつけたいのは、タスク名を誰かが変えた場合、変更に気づかず検索ヒットしないことがあります。

「Plannerでタスク共有管理!」が目的になり、コミュニケーションがうまく取れないなんてことにならないよう、注意が必要ですね。

まとめ

Microsoft Plannerでタスクを検索する方法でした。

  • Planner「フィルタ」を使う
  • ブラウザーの検索機能を使う
  • グループメール内を検索する

Microsoft Plannerは、「Microsoft 365 Businessプラン」また「Microsoft 365 Enterpriseプラン」契約であれば、無料で使えるタスク共有管理アプリです。

SharePointやTeamsと連携させると、新規ビジネスの初動・瞬発力が格段にアップしますよ。

うまく活用していきたいですね。

-Microsoft
-