Microsoft 365

OneDrive for Business(Plan 2)容量無制限の条件・仕様

2021年9月8日

この記事でわかること

  1. OneDrive「容量無制限」で使う条件
  2. OneDriveストレージ拡張の制約、注意点

2021年9月現在の情報です。

下図 Microsoft 365 公式情報の通り、OneDrive for Business (Plan 2) は無制限のクラウドストレージとして使用できます。

表記「個人用クラウドストレージ」ですが、Microsoft 365 グループのアクセス権を設定できるため、実質「クラウドのファイルサーバー」とした使い方もできます。

何て太っ腹!には変わりないのですが、無制限で使うにはいくつか条件もありますので、以下順に説明していきたいと思います。

OneDrive for Business(Plan 2)容量無制限の条件

Microsoft 365 公式の注釈です。

容量無制限の個人用クラウド ストレージを使用できるのは、対象のプランのサブスクリプション ユーザー数が 5 人以上の場合です。

初期容量としてユーザー 1 人あたり 1 TB 分の OneDrive for Business ストレージが用意され、管理者がユーザー 1 人あたり 5 TB まで増量できます。

上記「対象プランのサブスクリプション」です。

対象プランのサブスクリプション

  • Microsoft 365 Business 各種プラン
  • Microsoft 365 Enterprise 各種(E1、E3、E5)

そして、Microsoft 365管理者を巻き込めば、初期ストレージサイズ「5 TB」上限値で使用開始できます。

OneDrive for Business(Plan 2)5TB を超えたらどうなる?

5 TBまで引き上げったユーザーの OneDrive が 90 % を超えた場合、使用量を確認できるスクリーン ショットをとり、 Microsoft テクニカル サポート へ拡張依頼すると、25 TB 拡張してくれます。

また注意点ですが、OneDrive for Business を5人で 1 TB ずつ使っていて「合計が 5 TB だから増量して!」これはダメということですね。

OneDrive for Business(Plan 2)容量無制限の仕様

初期の 5 TB を超え、晴れて「容量無制限」になりました。

ここからは、増量されたストレージ領域に関する注意点です。

拡張分 25 TB は「SharePoint Online」の領域に付与される

5TB を超え拡張される 25 TB は、テナント単位「SharePoint Online」の領域に 25 TB 付与されます。

なるほど、だから SharePoint が含まれるサブスクリプションを対象に「容量無制限」なんですね、合点がいきました。

拡張した 25 TB は「SharePointサイトのURL」

5 TB の OneDrive の URL から変わり、新たにファイルやフォルダーを保存する領域は、SharePoint の URL になってしまいます。

5 TB の境界値 90 % あたりのフォルダー作成、ファイル保存には気を遣いそうですね。注意が必要です。

OneDrive for Business(Plan 2)共有クラウドストレージな使い方

OneDrive for Business(Plan2)だけを割り当てる、Microsoft 365 ユーザーをひとつ作成すればOKです。

他のサブスクリプション契約する必要はありません。

作成したユーザーは、不正ログイン防止のため Microsoft 365 管理センターで[サインインをブロック]設定してもよいでしょう。OneDriveの管理権限(サイトコレクションの管理者)だけ、管理するユーザーに割り当てましょう。

因みに、ユーザーが共有OneDriveを使用する場合、自身のOneDriveに表示される「自分のファイル」というフォルダーに共有OneDriveの”ショートカット”を作成して使うのが一般的です。

まとめ

OneDrive for Business(Plan2)容量無制限の条件です。

  • 同一テナント内で Microsoft 365 Business、Enterprise サブスクリプションが 5 契約以上
  • 初期はストレージ容量 5 TB まで拡張可能
  • 5 TB を 90% 超過で 25 TB へ拡張

拡張された OneDrive ストレージの仕様、注意点です。

  • 25 TB 以降は SharePoint 領域へ付与
  • OneDrive から URL が変わってしまう

上記を知り、OneDrive for Business 用ユーザーをひとつ作ってしまえば、容量無制限のクラウド共有ストレージ環境が実現できますよ。

追加したOneDrive ストレージを、Teams のチームタブに追加して使う方法もご紹介しています。

詳しくはコチラTeamsチームに個人OneDrive追加|共有して使う5ステップ

続きを見る

  • この記事を書いた人

どうなの

ITとITをつなぐ【ICTライフサイクル管理】15年のプロ。 企業5社を渡り歩いた知見からの『ICTでお悩み解決、生活品質&生産性アップ』なノウハウを情報発信しています。

-Microsoft 365
-,