iPhoneストレージSafari「書類とデータ」を減らすズバり2ステップの対処法

iPhoneストレージ不足でお悩みの方向けに、Safari「書類とデータ」を減らす1分で解消する2ステップの流れズバり!解説します。

iPhoneストレージSafari「書類とデータ」容量を減らす2ステップ

手順

  • Safariの履歴を削除する
  • iPhone再起動して「整える」

詳しい手順、以下説明していきます。

Safariの履歴を削除する

iPhone[設定]>[Safari]の順にタップして、[履歴とWebサイトデータを消去]>[履歴とデータを消去]します。

「書類とデータ」の容量が大きい場合、iPhoneストレージ使用量の表示が変わらないケースもありますので、次の手順に進みます。

iPhoneを再起動して「整える」

Safariの履歴を削除しても、すぐにiPhoneストレージに反映されません。

そのため、iPhoneの再起動を行い「システムを整える」ことをおすすめします。

iPhoneを再起動する方法は機種により異なりますので、詳しくはApple公式サイトをご参照ください。

Apple公式 - iPhone を再起動する

再起動後、iPhoneストレージからSafariの「書類とデータ」サイズが減っていることを確認してみてください。

Safari「履歴とデータを消去」する注意点

Safariの「履歴とデータを消去」すると、次のようなデータが消去されます。

  • よく閲覧するサイト
  • Safariの検索履歴
  • Webサイトログイン※再ログインが必要

Safariの履歴を削除した場合、どのような支障があるのか?

例えば、頻繁に Amazon楽天市場 サイトにアクセスしている方であれば、Safari「履歴とデータを消去」実行後にあらためてのログインが必要です。

つまり、ログインIDとパスワードを準備してからSafariの履歴を削除することをおすすめします。

ブックマーク、リーディングリストは消える?

消えません。ご安心ください。

Safariに保存したパスワードは消えるの?

消えません。ご安心ください。

Safariで保存したパスワードは、iPhoneの[設定]>[パスワード]から確認できます。

まとめ

iPhoneストレージのSafari「書類とデータ」容量が大きい場合の対処法でした。

手順

  • Safariの履歴を削除する
  • iPhoneを再起動する

iPhoneを再起動する時間を加味しても、1分で解消できますね。

Safari「書類とデータ」には、Webサイト再訪問を短縮するデータが保存されています。

そのため、iPhoneでSafariを使い続ける限り、本記事ご紹介のストレージを減らす対策は知っておいた方がよいでしょう。

またSafariの履歴を削除しても、すぐにiPhoneストレージに反映されません。

iPhoneを再起動して "システムを整える" ようにしましょう。

本件に限らず、

「iOSアップデート後に動作が不安定になった」

「iPhoneの設定変えたけど、うまく反映されない」

などの問題が発生したら、まずはiPhoneを再起動して「整えてみる」ことをおすすめします。

iPhoneよくある問題&対処法

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。
ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。
デジタルの安全性&便利に使うノウハウをお届けします。

-iPhone