平均年収「おかしい?」「自分と違う」と感じたら?家計見直しのすすめ

2021年9月29日、 国税庁が全国の所得平均を発表しました。そうなると「支出」の平均も知りたくなりますよね?

そこで本記事では、「2020年、全国の支出平均」を見てギャップを感じた方向け、家計改善アプローチ方法について解説します。

まず、国税庁が発表した所得平均です。

全国の平均年収「約433万円」

令和2年分民間給与実態統計調査結果について(PDF:491KB)

要約

  • 平均収入:433万円

これを手取り換算すると…

  • 手取り年収:324万円
  • 手取り月収:27万円

40歳~50歳、男女別の平均所得

40歳~50歳、平均給与は次のような結果です。

性別年収(手取り)月収(手取り)
男性600万円
(460万円)
50万円
(38万円)
女性320万円
(270万円)
27万円
(20万円)
※表記はおおよその給与額

次に、家計収支の平均お金がマイナスされる面ご覧ください。

家計支出の月収「約25万円」

総務省統計局が発表している、支出の平均です。

家計調査2020年(令和2年)平均

消費支出(総世帯)は1世帯当たり「233,568円」

消費支出(二人以上の世帯)は1世帯当たり「277,926円」

総務省統計局「家計調査 2020年(令和2年)平均」より抜粋

上記は、「ごく一般的な生活費」の前提です。

家計の実態とギャップないか?

支出25万円以上の収入であれば、毎月2万円づつ貯金ができる計算です。

額面上は「余裕のある生活ができる」はずですが、

平均の支出より収入あるのに、

なぜか家計が苦しい

このような実態ではないでしょうか?

お金の流れ、見える化できています?

なせ家計が苦しいのか?根本を探らなくてはいけませんよね。

そのためにまずやること、それは現状把握でしょう。

「何に、どれくらい支払っているのか?」傾向がわかれば、打ち手もあるというものです。

ただ今まで家計管理なんてやったことない方が、いきなり「状況を把握しろ」なんて、何をするのか?わかりませんよね。

では、どのように「見える化するのか?」としては、ツールに頼るのが一番の近道です。

お金の管理やったことがない、家計改善が初めての方でも使える家計簿アプリがあるんですね。

マネーフォワードMEは「お金の見える化」アプリ

マネーフォワードMEは、スマホのみ無料でもずっと使える家計簿・資産管理アプリです。

家計簿 - マネーフォワードME

家計簿 - マネーフォワードME

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

家計管理が初めての方でも、直感的に使いはじめることができますよ。

因みに、筆者宅(5人家族+ねこ1匹)の資産推移です。

マネーフォワードME資産の推移グラフ

マネーフォワードMEで見える化し、固定費を切り替えて削るという作戦を実行した瞬間、貯金「0円→50万円」まで回復しました。

マネーフォワードME無料の制限

無料でも使い続けられますが、次の制限があります。

無料の機能制限

  • 連携口座:4件まで
  • 過去データ表示:1年分
  • 一部グラフ表示不可:資産の内訳、推移など

無料で使い続けていると、「もっと使いたい!」このように思うときが必ずきます。

その場合、どうすればいいのか?というと…

マネーフォワードME|プレミアムプランを「無料化」する

画像元:LINEMO

無料クーポンゲット3ステップ

  1. マネーフォワードME 使いはじめる
  2. LINEMO公式サイトから申し込み
  3. メールで無料クーポンゲット!

詳しい条件は MF公式>配布方法について教えてください あたりをご確認ください。

まとめ

全国の収支平均から、ギャップがあると思った方の家計改善アプローチ方法でした。

収入を増やすのは、そう簡単にできるものではありません。

まずは支出を減らすため、スマホのみ無料でできる「家計の見える化」からスタートされては如何でしょうか。

家計簿 - マネーフォワードME

家計簿 - マネーフォワードME

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

安全な家計簿アプリ5選!
無料でも安全な家計簿アプリおすすめ5選|情報セキュリティ管理プロの選び方

続きを見る

-- PR --

スマホ代が月額990円以下

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。
ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。
デジタルの安全性&便利に使うノウハウをお届けします。

-家計改善, 家計簿アプリ
-