IT&ICT

物理SIMからeSIM切り替え|iPhone画面で解説

2021年10月5日

物理的な "SIMカード" から、端末に内蔵された "eSIM(イーシム) "へ切り替えた実録、iPhone の画面を用いて解説していきます。

この記事でわかること

  1. 最近、耳にする「eSIM」を知る
  2. なぜ「eSIM」を使うのか?理由
  3. SIMカードからeSIMへ「スマートフォンの設定、実際の流れ」

まず、筆者のeSIM切り替え実績です。

10円で購入した iPhone SE(第2世代)を2台、eSIMへ切り替えました。

【2021年10月最新】秋葉原ヨドバシのiPhone SE2【一括10円セール】いつまで?3つの準備でスムーズに購入

続きを見る

その他、iPhone XRを使っている妻より「楽天モバイル障害ばっかり!繋がらない!!」クレームを受け、切り替えています。

直近1ヶ月で計3台をeSIMへ切り替えたことで、異なるiPhone機種でも切り替えの流れは同じであることを確認済みです。

eSIMへ切り替えご検討の方は、本記事を参考にしてみてください。

eSIM とは?

iPhone、Androidといった端末に、予め組み込まれているSIMのことを示します。

英語で Embedded SIM(エンベデッド シム/組み込み型SIM)というらしいですよ。

eSIMのメリット2つ

eSIMにするメリットです。

eSIM手続き「オンライン即日可能」

携帯キャリアの変更、切り替え手続きが「即日、オンライン」のみで可能です。

eSIMはSIMカード差し替え不要

端末でSIMを差し替える手間がありません。

nano SIM? micro SIM?

SIMに種類があるの?

自分のスマホで使えるSIMがよくわからん…

今後、お使いのスマホ機種に挿入できるSIMサイズを気にすることなく、携帯キャリアを乗り換えることができるようになります。

eSIMのデメリット3つ

eSIMのデメリット「3つ」挙げます。

eSIM対応機種の制限

iPhone端末でのeSIM対応機種です。※2021年10月現在

eSIM対応機種|iPhone

  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone XR

eSIM非対応機種で申し込みをしてしまわないよう、ご注意ください。

同一キャリアの変更「手数料発生」

Y!mobileを例に、SIMカードからeSIMへ変更する場合は「3,300円(税込)」掛かります。

Y!mobile - eSIM変更チャット問い合わせ
Y!mobile - チャット問い合わせ

その他の携帯キャリアも同じように、手数料は発生するようです。

eSIMの設定が複雑

ITにちょっと疎い、ニガテ意識がある方だと敷居が高いですよね。

でも大丈夫です。本以降の手順を参考にして頂けば、「eSIM切り替えの流れ」が掴めるはずです。

もしY!mobileのeSIM切り替えでOKなのであれば、後述の手順に沿えばスムーズに手続きを完了させることができますよ。

物理SIMカードからeSIMへ切り替え|iPhoneの設定手順

下記切り替え設定の流れを、iPhoneの画像つきで解説していきます。

  • 申し込み~切り替え完了までのスケジュール感
  • iPhoneのeSIM設定~切り替え手順

eSIM切り替え全体スケジュール

▼ eSIM切り替え簡単な流れ ※()内は実施日

  • docomo でMNPを発行する(9月25日)
  • Y!mobile申し込み(9月25日)
    • ーーーーー
  • iPhoneでeSIM切り替え設定(9月30日)
  • eSIMでY!mobileの開通確認、docomoのSIMを抜く(9月30日)

上記①②は本記事では扱いません。③④を解説していきます。

eSIM切り替えの事前準備

  • SIMロック解除されているかチェック
  • eSIMを使うiPhone「カメラが使えること」
  • Wi-Fi環境
  • 切り替え設定「9:00-20:30」の時間帯で行う
  • 乗り換え以外に1台、別の端末が必要

上記「⑤乗り換え以外~」必要な理由です。

  • 設定中でQRコードを表示、読み込むため
  • キャリア切り替えの操作を実施するため

筆者はこのように理解し、自身が使っているiPhoneを準備しました。

それでは、実際のeSIM設定手順です。

eSIM切り替えサイトへアクセス

※QRコードを表示するので「乗り換えるiPhoneとは別の端末」で行います。

メール件名「【Y!mobileオンラインストア】eSIMご利用手続きのお知らせ」本文のURL先にアクセスします。

「必ずご確認ください」以下の2点を選択し、画面を下へ移動…

申し込んだ回線の電話番号を入力。※筆者は「登録したメールアドレスで受け取る」を選択しました。

▼ QRコードが表示されるので、eSIMを使うiPhoneの「カメラ」アプリを起動し読み込む。

※ eSIM切り替え用ページは、まだ閉じません。

eSIMをiPhoneに設定する

eSIMを使うiPhoneで行う設定です。

▼ QRを読み込む

画面上部に「タップしてこのモバイル通信プランを表示」されるのでタップする。

※上手くQRコードを読み込めない場合は、一旦iPhoneの「カメラ」アプリを閉じ、再度「カメラ」アプリを起動し、QRコードを読み込み直してみてください。

▼ 「モバイル通信プランのインストール」>[続ける]タップ

▼ [モバイル通信プランを追加]タップ

▼ 「モバイル通信プランの名称」>[続ける]タップ

▼ デフォルト回線

①[主回線]を選択 > ②[続ける]タップする。

▼ 「iMessageとFaceTime」>[続ける]タップ

画面が「カメラ」アプリに切り替われば完了、「カメラ」アプリも終了してOKです。

eSIMがiPhoneで設定できているかチェック

iPhoneの「設定」アプリから、「モバイル通信」を確認します。

下図のように、モバイル通信プランに「主回線」と「副回線」が表示されていればOKです。

注意

※「主回線」「副回線」どちらの通信プランも削除してはいけません。

Y!mobile申し込み手続きからやり直しになりますので、絶対に削除しないようにしましょう。

eSIMへ回線切り替えを行う

別端末で表示している「eSIM切り替え用サイト」で行う手順です。

▼ プロファイルのダウンロード完了

「プロファイルのダウンロードが完了した」選択し、 [次へ進んで設定を完了させる]タップ 。

▼ [回線を切り替える]をタップ

15分ほど待ち、iPhoneを再起動します。

待っている間に、件名「【Y!mobileオンラインストア】登録完了のお知らせ」というメールが届くでしょう。

キャリア設定アップデートを行う

再起動したeSIM切り替えのiPhoneで行います。

Y!mobileのサイト「ワイモバイル回線の通信設定をする」の手順です。

  1. [設定]アプリを起動
  2. [一般]→[情報]をタップ
  3. 「キャリア設定アップデート」表示
  4. [アップデート]をタップ
  5. iPhoneのアンテナが「Y!mobile」になることを確認

物理SIMカードを取り除く

iPhoneに差し込んでいる物理SIMカードを取り除きます。

SIMカードを抜くと、iPhoneに「モバイル通信プランが削除されました」表示されるので、[連絡先をすぐにアップデート]をタップします。

eSIM切り替え設定は以上です。お疲れ様でした!

注意「モバイル通信プラン変更を完了できません」が表示されたら

QRコードを読み込み、eSIM設定中で画面を閉じてしまった場合などで発生します。

焦らずに、上述の「iPhoneにeSIMが設定されているか確認する」をチェックします。

下図のように「副回線」が表示されるようであれば、eSIM設定は完了しています。回線切り替えの手順を進めてしまいましょう。

「副回線」が表示されない場合は、ワイモバイル オンラインストア事務局へ電話で問い合わせてみましょう。

まとめ

「物理SIMカード」から「eSIM」へ切り替える実際の流れでした。

2、3回切り替え設定すれば慣れますが、やはり難易度は高いですね。

設定中にエラーが発生しても、モバイル通信プランの「主回線」「副回線」削除をしないよう、気をつけましょう。

今回はY!mobileの設定手順でしたが、他キャリアも同じ要領ですので、ざっくり切り替えの流れを掴んでお帰り頂けるのであれば幸いです。

=> Y!mobile オンラインストア|ヤフー店

  • この記事を書いた人

どうなの

「ITとIT」「ITと人」つなぎ【ICT】にする。 企業5社を渡り歩いたICT管理・推進役の知見、雑多なICTノウハウ情報発信中🚀

-IT&ICT
-, ,