Microsoft

Windows 11 推奨PCスペックは?チェックツール公開中

2021年6月25日

Windows OSの次期バージョンである Windows 112021年10月5日にリリースされました。

Windows 10 OSから、Windows 11へ無料アップグレードできますよ。

ただし、PCスペック「最小要件を満たす」必要があります。

いまお使いのPCは、Windows 11へアップグレードできるでしょうか?

まずは「Windows 11 を使うための条件」ご紹介していきます。

Windows 11推奨PCスペック以外2つの条件

Windows 11 Home Edition のセットアップには 「Microsoftアカウント」「インターネット接続」が必要です

Windows 11 公式サイトより引用

この条件は、Windows 10 からの定番ですね。

Windows 7、Window 10 Proであれば、Microsoftアカウントが無くてもPCログオンは可能です。

そのため、現在Microsoftアカウントをお持ちでない方もいるのではないでしょうか?

Microsoftアカウントは無料ですので、まだお持ちでない方はサクッと作ってしまいましょう。

Microsoft アカウントを作成 icon

Windows 11推奨スペック|歴代OSとの比較表

black laptop computer keyboard in closeup photo

各Windows OSの推奨スペックと比較してみましょう。

 

システム

リソース名

Windows OS
Window 11Windows 10Windows 7
プロセッサ

1 GHz 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサ

または System on a Chip (SoC

1 GHz 以上のプロセッサー

またはシステム・オン・チップ(SoC)

1 GHz プロセッサ

(32または64ビット)

メモリ4 GB RAM2 GB以上1 GB システムメモリ
ストレージ64 GB 以上の記憶装置32 GB以上の記憶装置16 GB以上の記憶装置
グラフィックス カード

DirectX 12 互換のグラフィックス

WDDM 2.x

DirectX 9以上のGPU

WDDM1.0

DirectX 9対応
(Aeroインターフェイス)
ディスプレイ

9インチ以上

HD解像度 (720p)

画面解像度 800 x 600 以上画面解像度 800 x 600 以上

グラフィックスのリリース時期から鑑みる限り、2015年以降に製造されたPCであれば、Window 11アップグレードして使えそうなものです。

ですが、上記以外「トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0」がアップグレードできる明暗を分けそうですね。

Windows11推奨スペック|トラステッドプラットフォームモジュール (TPM) とは?

ハードウェア上で様々なセキュリティ機能を使うための仕組みです。

ハードディスクを物理的に暗号化するため、万が一のPC紛失・盗難から、情報漏えいを防ぐことを目的としたセキュリティ技術です。

お使いのPCデバイスは、TPMに対応しているか?

次にご紹介するチェックツールで確認することができます。

Windows 11システム要件をチェックツールで確認

ブラウザーからWindows 11にアップグレードできるかチェック

お使いのPCがWindows 11アップグレードして使えるか?

Windows 11公式サイトのチェックツールから確認できます。

Windows 11 チェックツール手順

Windows 11公式サイト にアクセス

② 画面一番下「互換性の確認」から「PC正常性チェックアプリのダウンロード」をクリック

③ ダウンロードしたプログラムを実行

④ 起動した画面「今すぐチェック」をクリック

参考まで、Windows 11リリース前に筆者の愛機 Lenovo IdeaPad シリーズ 「Flex 550」で試してみました。

Windows 11 チェックツール実行結果

「この PC は Windows 11 の要件を満たしています」と表示され、胸をなでおろしています。

Windows 11システム要件を満たさないPCのアップグレード方法

上述のチェックツールで、「このPCは現在、Windows 11システム要件を満たしていません」となってしまうPCでも、”自己責任のもと”アップグレードを行う方法があります。

  • Windows 11公式サイト「ISO」ファイルダウンロード
  • ISOファイルをマウント
  • マウントしたアイテムをCドライブにコピー
  • インストール実施

詳しくは別記事で解説しています。

【画像で解説】Windows11非対応PCを無理やりアップグレードした手順公開

続きを見る

それでもWindows 11アップグレードできない場合は?

もし今現在、最小要件を満たしていないPCをお使いであれば、PC新調するしかないでしょう。

Windows 11公式サイトで、Windows 11アップグレードできるPCがラインナップされています。

詳しくはリンク先、Microsoft 公式サイトで案内している 注目のコンピューター チェックしてみてください。

システム最小要件のおさらい

  • CPU:1GHz以上、2コア以上64ビット互換、またはSoC
  • メモリ:4GB以上
  • ストレージ:64GB以上
  • グラフィック カード:DirectX 12 互換、WDDM 2.x
  • トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0

さいごに

Windows 11と同日、「Microsoft Office 2021」も販売開始しました。

Office 2021【新機能】ざっくり知りたい方向けに一覧表で解説

続きを見る

「Microsoft はクラウドサービス事業への注力だけではない!」とでも言わんばかり、示し合わせた感は否めませんね。

「スタンドアロン」と呼称される、非オンライン型サービスにも関心を持ってもらうためでしょう。

  • この記事を書いた人

どうなの

「ITとIT」「ITと人」つなぎ【ICT】にする。 企業5社を渡り歩いたICT管理・推進役の知見、雑多なICTノウハウ情報発信中🚀

-Microsoft
-