マネー フォワードME無料で使う3ステップ|2022年12月以降の連携数4件バージョン

家計簿アプリ「マネーフォワードME」を無料で使いたい方向け、"金融機関の連携数4件バージョンで運用する方法"について解説します。

2022年12月7日の仕様変更とは?

家計簿アプリ「マネーフォワードME」は、2022年12月7日(月)から、無料会員を対象に金融関連の連携数が「10件→4件」に仕様変更します。

無料会員の連携上限数を以下の通り変更いたします。

  • 変更前 アプリおよびWEB版での金融関連サービスの連携可能数 10件
  • 変更後 アプリおよびWEB版での金融関連サービスの連携可能数 4件
出典:マネーフォワードME
マネーフォワード「お知らせ」より引用
家計簿 -マネーフォワード ME 人気の家計簿(かけいぼ)

家計簿 -マネーフォワード ME 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

マネーフォワードME|無料の「連携数4件」で使い倒す全体像

入出金を自動で管理できる、「自動支出の流れ」については割愛します。

連携できない、自動で入出金管理できない範囲を「手動で管理する流れ」として、どのように運用するのか?以下説明していきます。

はじめに|自動連携する金融機関4件を厳選する

選ぶポイントは、「よく入出金が発生する金融機関」です。

  • 給与振込の銀行口座
  • よく使うクレジットカード
  • よく使うECサイト

まず、給与振込の銀行は必須でしょう。

なぜなら、すべての入出金の大元だからですね。

それ以外だと、よく利用するクレジットカードまた、ECサイトを選ぶことをおすすめします。

ただし、クレジットカードの連携設定には注意が必要です。

例えば、マネーフォワードMEで楽天カードを連携設定した場合、「楽天カード」と「楽天ポイント」がマネーフォワードMEの口座に追加され、”連携数は2件"となります。

この場合、楽天ポイントの連携を停止して "連携数を1件にする" ことで、連携数を減らすことはできます。

1. マネーフォワードMEに手動管理用お財布をつくる

マネーフォワードMEアプリ「口座」から、手動で管理する用のお財布を作ります。

お財布の作り方については、別記事をご参考ください。

2. 銀行からの支出発生→振替※初回のみ

メインで使っている口座からの支出が発生し、マネーフォワードMEの「入出金」に記録されたら、以下の動画を参考に "振替" します。

コメント

なおマネーフォワードMEは、一度 "振替" すれば、以降の同じ支出は "自動振替" してくれるのがメリットです。

3. お財布から手動で支出する

マネーフォワードME「入出金」から、「支出元:手動管理用お財布」を選択して支出します。

このように、「食費」や「日用品費」として手動で支出すれば、多少手間ながらもマネーフォワードMEを無料で使い続けることができます。

マネーフォワードME無料で使う場合の注意点

マネーフォワードMEを無料で使う上での、3つの注意点です。

手動の支出を忘れる

金融機関の支出がリアルタイムでないため、支出し忘れる可能性があります。

そのため、忘れないうちに手動で支出しておく、いわゆる "あと払い的な運用" がおすすめです。

この場合、手動で管理するお財布の残高がマイナスになるケースもありますが、「後の振替で残高の帳尻が合う」といった運用になるでしょう。

分析レポートは有料

支出や総資産の推移また、同世帯との支出を比較できるレポート機能は使えません。

ただ「家計簿」から、「いつ・どの費目に対し・どの程度の支出なのか?」傾向をチェックすることはできます。

アプリ内の広告「かなりウザい」

マネーフォワードMEは無料だと、かなり広告が表示されます。

広告ブロックアプリ「AdGuard」のブラックリストに、次を追加すると広告をブロックすることはできました。

||g.doubleclick.net^

AdGuardのブラックリスト設定については、別記事が参考になります。

まとめ

マネーフォワードMEを無料で使い倒す3ステップでした。

頻繁に使う銀行、クレジットカード、ECサイトが多くなければ、連携数は4件でも問題ありませんね。

「振替→手動で支出」の流れはやや手間ではありますが、手で記帳するノートや、レシート読み取りが有料の家計簿アプリよりも使い勝手は良いでしょう。

家計簿 -マネーフォワード ME 人気の家計簿(かけいぼ)

家計簿 -マネーフォワード ME 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

ただマネーフォワードMEは無料だと、レポート機能が全く使えないため、家計改善のための振り返りがやりにくいですね。

マネーフォワードMEのプレミアム会員「5ヶ月無料クーポンをゲットする方法」もありますよ。

画像元:LINEMO

無料クーポンゲット3ステップ

  1. マネーフォワードME 使いはじめる
  2. LINEMO公式サイトから申し込み
  3. メールで無料クーポンゲット!

詳しい条件は MF公式>配布方法について教えてください あたりをご確認ください。

\よく読まれています/

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。
ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。
デジタルの安全性&便利に使うノウハウをお届けします。

-マネーフォワードME, 家計改善