iOS16.2アップデートでヤバい不具合【プライバシー侵害】が修正

iPhone向けに iOS16.2 がリリースされたことで、iOS16.2以前には35件ものセキュリティ面でヤバい不具合があることが発覚しました。

どのようなiOSの不具合なのか?

デジタル苦手な方向けに、わかりやすく解説していきます。

この記事の内容

  • iOS16.2で修正されたセキュリティの不具合わかりやすく
  • iOS16.2アップデートは見送る、様子を見たい方が気をつけること
  • iOS16.2アップデートする方が気をつけること

この記事は、Apple社の公開情報「iOS 16.2 および iPadOS 16.2 のセキュリティコンテンツについて」を参考にしています。

iOS16.2で修正されたヤバい不具合ズバり

セキュリティ上の不具合35件のうち、6件がカーネルの問題でした。

「カーネル」とは?iPhoneがアプリを使うために、iPhone内部のリソース(CPU、メモリ)を上手にやりくりしてくれるシステム。

Apple社の公開情報を読み解くと、「悪意を持った○○を実行することで、iPhoneにヤバいことが起きる可能性」を示唆しています。

わかりづらいずので、「車の運転手とカーナビ」の関係で例えると…

カーナビ(悪意ある○○)運転手(iPhone利用者)を正しく道案内せず、悪意ある○○が優位になる料金の高い有料道路を案内するさま」ですね。

iOS16.2以前のiPhoneは「プライバシー」がヤバい

今回のセキュリティ修正情報ですが、次の一文が3件あります。

App がプライバシーの環境設定を回避する可能性がある

つまり、「許可していないアプリが勝手にiPhoneのプライバシーを読みとるかも」ということです。

iOS16.2アップデートせず様子を見たい方

iOS 16.2アップデートによる、iPhoneに不具合が生じるのが怖い方向けです。

  • 信頼性の低いアプリを使わない
  • 不審なWebサイトを閲覧しない

以下、補足していきます。

1. 信頼性の低いアプリを使わない

信頼性の低いアプリとは?「開発元が不明なアプリを使わないこと」です。

見分け方の一例ですが、「App Store」の「デベロッパWebサイト」次の方法で見分けることができます。

アプリ開発元のチェック方法

例)アプリ開発元の調べ方

信頼性が低いアプリの例

  • きちんと開発元(会社情報)を掲載していない
  • 問い合わせ先メールアドレスが誰でも取得できる「Gmail」などの場合は注意!

2. Safariで不審なWebサイトを閲覧しない

iOS16.2で修正されるセキュリティ情報の中でも、「悪意のあるコンテンツ」というキーワードが散見されます。

これは、iPhoneのブラウザー「Safariで不審なWebサイトを訪問しないこと」でリスクを低減することはできます。

ですが、「怪しいWebサイトの見分け方は?」「人の目で見極めるなんて、無理でしょ?」ですよね。

そのような方には、「コンテンツブロック」アプリがおすすめです。

AdGuard(アドガード)

AdGuard(アドガード)

Adguard Software Limited無料posted withアプリーチ

危険なサイトへのアクセスを防ぐ機能は日々、自動的に研鑽されていくので、Safariによる安全なブラウジングはアプリにお任せできますね。

なお、アプリ内の迷惑な広告を防ぐこともできます。詳しくは別記事でご紹介しています。

iOS16.2アップデート前の注意点3つ

  • バックアップで不具合に備える
  • iOSダウンロードによる通信制限
  • iPhoneストレージをチェック

以下順に説明します。

1. 不具合に備えたiOSバックアップ推奨

iOSアップデートに伴い、よく遭遇する不具合です。

どれも対処が難しいものばかりですので、iOSをもとの状態に戻せるバックアップをおすすめします。

iPhoneバックアップ方法

  • iCloudでデータのバックアップ
  • Macでデータのバックアップ
  • Windowsパソコンでデータのバックアップ

\当サイトおすすめ/

2. iOSアップデートによる通信制限に注意

参考まで、iOS16.1.2バージョンのiPhone SE2では、iOS16.2のダウンロード容量「996.6MB」と、かなり大きなサイズでした。

Wi-Fi通信できない方は、iOSアップデートによる通信制限にお気をつけください。

「モバイルデータ通信を使ってダウンロードしますか?」が表示されたら?

iOSダウンロードに際し、iPhoneの通信状態を確認するメッセージが表示されます。

Wi-Fi通信の場合は「モバイルデータを使わない」を選べばOKでしょう。詳しくは別記事が参考になります。

3. iOSダウンロード中に「iPhoneストレージがいっぱいです」が表示されたら?

無理のない範囲で、iPhoneのストレージを整理する方法です。

  • 画像や動画を「共有アルバム」へ移動する
  • Safari「書類とデータ」をリフレッシュする

詳しくは別記事で解説しています。

さいごに

iOS16.2以前のiOSバージョンには「プライバシーがヤバい!」問題があります。

今回のアップデートは「iOS16.1 → iOS16.2」という、iPhoneへの影響が大きいiOSアップデートです。

アップデートによる不具合が怖いため、様子を見る・見送るという方は、「信頼性の低いアプリの使用を控える」ことで、プライバシー侵害リスクを低減することをおすすめします。

iOS16.2アップデートする方は不具合に備え、以前のiOSバージョンへ戻せる方法の「iOSまるごとバックアップ」をご検討ください。

  • この記事を書いた人

どうなの

情報セキュリティ資格を有するIT管理のプロ。
ITの「わかりにくい、ズバり知りたい」わかりやすく。
デジタルの安全性&便利に使うノウハウをお届けします。

-iPhone